お客さまの幹部スタッフさんからの定期電話連絡。

日々の取り組みの中で、

課題などの報告を受ける。

 

社内で良くない事例。

作業指示を不明確にしてしまうこと。

例えば、指示する際に、部下の力量を判断し、

適切に業務を振り分けることは、必須。

出来もしない作業は、与える方に責任がある。

 

このやり取りの際、

部下が自らやりたくないと言った場合、

その理由を聞くことは大事だが、

そもそも「やりたくない」と言わせる、

言ってもいい空気で、

もう上下関係の崩壊を意味している。

そうなれば、上司は、部下をリードはできない。

 

故に、上司も部下も互いにスキルアップしない結果となる。

 

報告を聞きながら、修正点を話す。

当然、当方が次回訪問時にも、

個別面談、全体ミーティングでもお話する旨を伝える。

 

上司たるもの、いつも毅然としておくべき。

しかし、厳しいだけでも関係性は改善しないから、

部下に嫌われても、やるべき事は話し、

自身も誠意を持って、自身の業務を果たすこと。

 

「○○さんは、嫌だけど、

 言ってる事、やっている事は正しい」

部下からそう評価されることは、まずは最低ライン。


人気ブログランキング