知り合いの事業承継者の方とお話。

一ヶ月ぶり。

 

現状の課題は、未だ解決していないけれど、

それが最大の課題でもあるので、仕方が有りません。

機会を狙っているとか。

 

業績は、少しずつ上向きになりつつ、

キーパーソンが6月で退職したので、

その補充に奔走中らしい。

ガンバレ!!

 

夏のボーナスは既に支給済み。

 

スタッフもベテランと若手で、中堅がいない状態が続く。

事業承継が、スムースに年内に進めば、

先の最大の課題も、スタッフの補充もそれ程難題ではない。

 

高齢の創業オーナー。

彼の考え方では、現状も今後も劇的な変革は不可能である。

人よりモノへの投資志向。

その方が楽なのである。

人は投資に見合った成果を出すには時間がかかる。

モノは買えば、形式上揃う。

自己満足的経営の象徴的スタンス。

 

中小企業にとって、今後も、

人の採用と育成が最大のテーマである。

事業承継のタイミングがずれる分だけ、

現事業承継者のリスクは高くなる。

 

月1回ではあるが、彼とのお話は続く。