状況が悪化。
そんな時、不安に陥ったり、やる気が失せたり、
誰しも同じです。

しかし、そこが踏ん張りどころで、
冷静になって、目の前の状況を直視することです。
案外大したことが無いなんて、ありますよ!

今、半沢直樹の新シリーズが始まってます。
ドラマですから、大変オーバーアクションですが、
私は、痛快で、見ていて楽しいです。

悪役は、楽しんで、演技してますね、きっと。
役柄で嫌われモノは、絶対面白いはずです(笑)

半沢直樹のピンチに対する姿勢は、
私たちは、見習わねばいけません。
冷静に、事実と向き合い、逆襲のポイントを探ります。

ピンチにしかないチャンスの芽。
見抜けれるかどうかは、自身の力。
ピンチの時は、自分が試されている。
状況の悪化は、好転の兆しです。

当事者がそれをどう捉えるか。

今、新コロナの影響、政府の無策で、
正に瀕死の状態のお店や企業は、
沢山あります。
それでも尚、ウイズコロナです。

最後の最後まで、諦めない。
業転の発想は、ピンチになればなるほど、
冷静に現況を見つめないと、生まれない。
今までやって来た事をどうか信じてください。

自分ならやれる!!
必ずやれ抜けると!!