ゆ〜にぃの野球バカ日誌

完全制覇!プロ野球での成績や野球話をちょいちょい('ー') 中日ファン的野球のみかた

開幕センターへ猛アピール5





開幕1軍へ怒とうの大ばく進−。中日の平田良介外野手(19)が23日、沖縄・北谷球場で行われた楽天との練習試合にフル出場。岩隈から2安打を放つなど、計3安打の大暴れで好調をアピールした。これで今春の対外試合は4試合連続安打の10打数6安打。驚異の“6割男”が、開幕レギュラー候補に急浮上だ。

 耐えて、考えて、努力したからこそ、バットが答えてくれる。平田のバットが“打ち出の小づち”と化してきた。ヒット、ヒット、またヒット−。勢いづいた若武者は、元最多勝右腕にさえ打ち勝った。

 「岩隈さん? あまりプロ野球は見ない方だったんで、見るのは初めてです。ビデオでもなかったです。いい投手ですよね。いい当たりが出てよかったです」

 キャンプの疲れを感じさせないほど無邪気に喜び、笑う。この日の楽天の先発は、完全復活を狙う岩隈。最速146キロを記録した右腕から、1回に142キロに少し詰まりながらも、中前へはじき返すチーム初安打を放った。続く3回には、速球を狙いすましたように右前へ。6回には元同僚・石川からは中越え二塁打をかっ飛ばし「バットの先でしたけど、しんでとらえることができました」と胸を張った。

 今春は無念の2軍読谷組スタート。第3クールまでは自分の打撃フォームを追求するだけでなく、打ち込みをしながらも状況に応じた打撃ができるよう心がけてきた。すべては開幕1軍への強い意志があればこそ。その成果を、今は実戦で証明している。

 この日、世間の話題を独占する大阪桐蔭高の後輩、日本ハム・中田翔が練習試合で1発を放った。その“ニュース”は、すぐ平田の耳に入っていた。「刺激とかじゃないです。後輩だから、打てば素直にうれしいです」。充実したキャンプを送っているからこそ、プロの先輩として面目を保て、余裕を漂わすことができる。

 大物後輩の存在も、読谷での臥薪嘗胆(がしんしょうたん)も、ここまでは奏功している。あえて突き放してきた指揮官は、平田の快進撃をほくそ笑んでいるに違いない。 

負けられん5





ど派手な活躍を見せる平田に負けられない。外野戦争の参戦者たちだって、一歩も引かない。井上、堂上剛、藤井がそれぞれ個性を光らせた。

 勝負強さはベテラン井上だ。3回2死一、三塁、岩隈から右前に先制適時打。「ゲームである以上は、先制点のチャンスで点を取ることができたのは良かった。初めてのゲームだし、収穫といえば収穫」。自身の初実戦できっちり結果を出した。

 積極性は堂上剛だ。4回、初球打ちで一塁線を破る二塁打。岩隈の内角低め速球をコンパクトにたたいた。

 「満足できるバッティングができました。岩隈さんから打てれば自信になるだろうと思って気合を入れていきました」

 走&守&技は藤井だ。二盗、送りバント、右翼守備でのスライディングキャッチ。「バッティングはノー感じでしたが、バントを決められたのはよかった」。地味ながら、しっかりと持ち味を出した。定位置をかけたアピール合戦は、まだまだこれからますます激しさを増していく。

明暗分けた左腕5

中日・久本祐一投手(28)が23日、北谷球場で行われた楽天との練習試合に先発登板。3イニングを1安打無失点と6人目の開幕ローテ入りへ猛アピールした。一方、同じ先発候補のチェン・ウェイン投手(22)は6回からの3イニングを4安打3失点。押し出し四球を含む大乱調で明暗がくっきり分かれた。

◆中日5−4楽天
 歩んできた道に間違いはなかった。まだ課題はある。ライバルも多い。ただ、先発6番目のイスがおぼろげながら見えてきたのは確かだ。久本が3イニングを1安打無失点。開幕ローテ入りへ前進だ。

 「内容はよくも悪くもなく、といった感じです。収穫も課題もありました。ただ、この時期に3イニングを投げられたのはよかったと思っています」

 相手は若手主体のメンバー。それでも、0を並べたことに意味がある。さらに収穫はドミニカ共和国のウインターリーグで習得したチェンジアップだ。唯一の安打(鉄平の中越え二塁打)を許した直後の1回2死二塁。カウント2−2から4番・山崎隆に投げ込むとタイミングを外して捕邪飛。ドミニカ仕込みの新球がウイニングショットとして通用することを証明した。

 「課題は2回の2死からの四球です。もったいなかった。中継ぎの感覚だとどうしても慎重にいってしまう。どんどん攻めないと」。球数は45球。3イニングとしては多いことを反省したが、この日のMAXは142キロで直球は常時、130キロ台後半をマークしていた。直球にも力があって変化球も切れる。同じ先発候補のチェンが乱調だっただけに、久本の投球内容が際立っていた。

 昨年末、最後にブルペン入りしたのが12月30日で、今年最初のブルペン入りが1月6日。異例の荒行は“ドミニカ流”だった。

 「大リーグにいるドミニカの選手はウインターリーグで1月までプレーしてそのままキャンプに入る。オフがないんです。だから2月の状態はいい。影響を受けました」。肩の状態を維持してのキャンプインは現時点では功を奏している。

 「次もチャンスがあれば結果を残したいですね」。6番目の先発候補のライバルは山本昌、吉見、川井と多い。ドミニカでの武者修行の成果を出せば、必ず道は開ける。 

◆チェンDOWN 最速143キロも制球に不安…
 右肩上がりの勢いが急に止まった。左腕の先発争いに名乗りを上げているチェンが3番手で6回から登板。3イニングを3失点と散々だった。

 登板した6回はバント安打、死球、四球でいきなり無死満塁。山崎隆への押し出し四球で1点失った。「最初はタイミングが合わずにコントロールできなかった」

 7、8回は無四球と制球は安定。「1イニング目は上半身だけで投げていた。2イニング目から下半身をしっかり使って投げるようにした」。MAXも143キロと上々だったが、8回には鉄平に2ランを浴びた。

ドラ1の実力5

ロッテの大学・社会人ドラフト1巡目、服部泰卓投手(25)=トヨタ自動車=が22日、対外試合で初先発する練習試合・日本ハム戦(23日、名護)の“完全アウェー化”を歓迎した。

 即戦力左腕がクールに言い切った。「明日は完全アウェーですよね。でも人がいないより、いる方が集中できるので」怪物・中田フィーバーに沸く名護。23日は土曜日とあって3000人以上の観衆が見込まれるが、視線を自分のエネルギーに変えるつもりだ。

 社会人時代から観客が多いほど、球速がアップする感覚があった。初めてのプロのキャンプでも変わらない。「周りがガヤガヤしていると、マウンドは孤独な感じになる。その空間が好きなんです」と打ち明けた。

 中田斬りは二の次だ。「どうせなら名前のある人とやりたい」と日本ハムのベスト布陣との激突を熱望。肝っ玉ルーキーがリーグ連覇の王者を試し切りして、先発ローテ入りを狙う。

 ◆2軍戦先発 唐川デビュー ○…高校生1巡目右腕、唐川(成田)も、23日の対外試合デビューが決まった。新日本石油ENEOSとの2軍練習試合(鹿児島・薩摩川内)に先発する。試合で投げるのは、昨年7月25日に全国高校野球選手権千葉大会5回戦で東海大浦安に延長14回、0―1で敗れて以来。最速148キロ右腕は「アピールとかあまり意識せずに、しっかり、あわてず自分の投球をすることを心がけたい」と抱負を語った。

優勝狙う開幕ローテ5





楽天は、23日から沖縄本島で練習試合4連戦。野村監督は岩隈、田中、長谷部、朝井の先発4本柱で臨む意向で、この顔ぶれが3月20日からの公式戦開幕ローテになる可能性が高い。「先発は順番通りに並べていく。“みんなで勝つ”意識を持たないといけない」と紀藤投手コーチ。チーム休日のこの日は“プレ開幕”4連戦を前に岩隈、田中らが宿舎近くのグラウンドで汗を流した。


★マー君24日先発「公式戦と同じ感覚で」

 田中は24日の日本ハム戦で先発。5回を投げる予定で、「公式戦と同じ感覚でできるかどうか」をテーマに掲げた。対戦が予想される中田(日本ハム)、大型右腕の由規(ヤクルト)ら注目のルーキーは調子を落としている。1年前を振り返り「ボクもそうだったけど、この時期に疲れてくるのは当たり前。そこでどれだけ自分を見失わないでできるかだと思う」とアドバイスを送った。

怪物改造5





“中田改造プロジェクト”が始動する。日本ハム首脳陣は22日、高校生ドラフト1巡目新人・中田翔内野手(18)=大阪桐蔭高=の打撃にメスを入れることを決めた。最近3試合で9打数無安打と不振の“怪物”も、帽子に『全力プレー』と書き込むなど気合十分。首脳陣の本格的指導開始で“怪物覚醒(かくせい)”へ全力を注ぐ。
  ◇  ◇
 梨田監督が1つの決断を下した。「今日、打撃フォームについても、コーチからちょっとずつ言っていこうと(首脳陣の間で)話をした」。これまでは中田の打撃を放任していたが今後は、コーチ陣がアドバイスすることが決まったのだ。
 指揮官を動かしたのは、中田の心境の変化だ。最近3試合は9打数無安打。覇気もなくなり、前日は韓国・SKの金監督から「打席で戦う姿勢が見られない」と酷評された。この屈辱の日々が“怪物”の反骨心をよみがえらせた。「全力が欠けていると思った。高校1年の時は他校の2、3年生の先輩と差を感じなかった。『オレよりスゴイヤツおるんか』と。あの時はガッツと勢いがあった」。この日の朝、中田は帽子のつばの裏に『全力プレー』と『野球人』という言葉を書き込んだ。「大阪桐蔭はレベルが高かったので、負けず嫌いの気持ちが出た。高校時代と同じ気持ちでやらないといけない。全力しかないと思った」と決意表明した。
 思いは伝わった。課題の守備でも軽快な動きを見せ「急に目覚めるという感じかな。だいぶ落ち着いてきた」と梨田監督。このタイミングが効果的と-首脳陣は本格的な打撃指導を決めた。
 課題は多い。平野打撃コーチは「体が突っ込んで上体だけで打っている。軸足でボールを押し出すように打たないと。構えを変えているが、直すところを間違っている」と現状を分析した。
 だが希望も見えた。梨田監督は「(24日の楽天戦で)田中と中田は対戦させてやりたい」と“新旧怪物対決”実現を示唆。「目標は開幕スタメンと新人王」と中田。去年の新人王を粉砕し、“怪物伝説”の幕を開けられるか。

ローテの確約はない。もぎ取れ200勝5





中日の山本昌広投手(42)が22日、北谷球場の1軍キャンプに合流。ブルペンで100球を投げ込み、順調な調整ぶりをアピールした。首脳陣から25日のシート打撃登板を告げられると「ここからです。結果が出るように頑張ります」。ダメなら、その時点でジ・エンドも…。先発ローテ入りを確約されていない大ベテランが、“第1関門”突破を誓った。

 生きるか、死ぬか。開幕ローテか、引退か。一歩踏み外せば谷底…。こんな環境に身を置くのは何年ぶりだろう。山本昌の1軍サバイバルロード。自らの手で勝ち取らなければならない開幕ローテ入りに向けて用意された“第1関門”は、シート打撃登板だった。

 「オープン戦? つぎのシート(打撃登板)次第でしょう。ここからです。結果が出るように頑張ります」。表情も、調整方法も、昨年までとは明らかに違う。若手と同じように結果次第で次のステップに進める。それが分かっているから緊迫感が漂う。合流初日のブルペン投球も、表情はこわばったままだった。

 ブルペンに足を踏み入れると、背後に落合監督がやってきた。昨年までなら、気にする必要はなかっただろう。ちなみに昨年のシート打撃登板はキャンプ最終日に志願して実現。そのときの言葉は「ボクの場合は開幕までがキャンプみたいなもの」だった。シート打撃やオープン戦は調整の場で、結果は問われない−。そんな“特権”はもはやなくなった。1球、1球、背後の存在に問いかけるように、丁寧に慎重に投げ続けた。この日はカーブ、シュートなど変化球を交えてジャスト100球。「シートから逆算して投げたよ」。すべては実戦で結果を残すためだ。

 「何とか投げることができたかな。変化球がまだばらつくけど、そんなことは言っていられない。打撃投手も2回やったし、やることはやった。あとは結果待ちだよ」

 もちろん、今クールから1軍に合流したように、完全に若手と同じ扱いではない。ただ今後、力が落ちたと判断され、ほかの先発候補の台頭があれば、即『引退』が近づいてくるのは事実だ。それほど、1度の実戦登板が大きな意味を持つ。

 開幕ローテ入りへ残されたイスは1つ。十数年前と同じように自らチャンスをつかみ取れるか。42歳の左腕がもう1度、輝きを取り戻したとき、あと7勝と迫っている200勝への道も切り開けてくる。  


◆緊張感ひしひし…右打者への内角球戻れば
 驚いた。ブルペンでのピッチング練習なのに、山本昌さんから緊張しているさまが手に取るように感じられたのだ。初めて見る光景だった。

 置かれた立場を考えれば、そうならざるを得ないかもしれない。先発ローテーションの5人目までが確定的で、残る枠は1つ。その座をチェン、吉見、久本ら既にキャンプ当初からいいアピールをしている連中と争う。生半可な気持ちでは生き残れない。マサさん自身が、敏感に肌で感じているからこそ。おまけにブルペンには落合監督の姿も。それが視界に入り、“重圧”となったのかもしれない。

 緊張の中にも、さすが−という球があった。右打者の外角に絶妙にコントロールされたものだ。ただし、トータルでいうなら、ボール自体はよくなかった。特に右打者に対する内角球だ。これに切れがあってこそ、ピッチングの組み立てができる投手。戦いに勝ち抜くには欠かすことのできない生命線。でも、これは時間とともに、ごく普通に取り戻してくると思う。

 いうまでもなく、誰も追い越せないものを大ベテランは持っている。過酷なピンチを何度となく切り抜けて積み重ねた実績だ。これは大きな武器。つまり、若いライバルがオープン戦などの実戦で「結果」を求められるのに対し、マサさんは結果ではなく、「内容」で首脳陣が評価してくれるはずである。

 もっとも、マサさんにそんな甘えはないと思う。だからこその緊張。さながら25年目のオールドルーキーの熱き戦い。個人的な心情を挟んではいけないかもしれないが、頑張ってほしいし、何が何でも200勝突破を願っている。

開幕へ万全!5





中日の北谷キャンプは22日から最終の第4クールが始まった。シート打撃に川上憲伸投手(32)、岩瀬仁紀投手(33)が登板。順調な調整を見せる両輪から、井上一樹外野手(36)が2安打、堂上剛裕外野手(22)が右越え二塁打を放った。

 左手首骨折の森野将彦外野手(29)は開幕微妙な情勢で、中堅争奪戦が開戦。中堅が本職ではない2人ではあるが、オレを忘れるな! とばかりに猛アピールだ。

 絶対的な自信があるからこその“真っ向勝負”だ。打たれようが、打たれまいが、川上は打者に対して速球を投げ込んでいった。その投球に、元パ・リーグの強打者さえが思わずうなる。変化球カットボールはわずか数球。初のシート打撃登板は、本格派エースらしく展開された。

 「きょうはまっすぐ中心で、打者と対戦するイメージを取り戻したかったんです。自分では今イチかなって球で抑えられたり、抑えられると思った球が打たれたり。ブルペンとは違うことが確認できてよかったです」

 結果だけ見れば、延べ21人と対戦して被安打7。相手も速球主体とわかっているから当然、狙い打ちは覚悟の上だ。和田との対戦は(カウント1−1から始めて)最初が四球。2度目は最後こそカットボールで遊飛に打ち取ったが、和田は追い込まれるまでの過程に脱帽した。「外角のまっすぐは、やっぱりいいな」と感心しきりだった。

 受けた捕手の前田章も言う。「まっすぐだけでも、皆けっこう詰まってましたね。ヒットは、高めの球ばかり。今の段階であれだけ投げられれば、ぼくとしては十分だと思っています」

 最速142キロを記録した直球勝負は、調整が順調に進んでいる何よりの証拠。「これからは制球と切れ、あと変化球をレベルアップしていきたい」と川上。オープン戦の登場は、ナゴヤドーム今季第1戦となる3月4日の西武戦が濃厚。

 速球への自信を確信に変えたエースが、開幕に向けて臨戦態勢を整えていく。 

空いた枠へ猛アピール5






エースとクローザーからの「H」マークなら、首脳陣にこれ以上のアピール材料はない。井上は川上と岩瀬からそれぞれ左前打。堂上剛は川上の速球を引っ張って右越え二塁打。この2人の共通項は? そう。「外野手」だ。

 森野が欠け、チャンス到来。目の前にスタメンの“エサ”がぶら下がっているのは中堅が本職の3人(英智、藤井、平田)だろうが、指をくわえて見過ごすほどお人よしでもないだろう。たとえば右翼・李炳圭を中堅にずらす。空いた右翼に入る。現時点で首脳陣にこの構想はないだろうが、そんな決断を迫るのも自らのバットしだい。打つ、見せる、奪う。それが競争原理というものだ。

 「地味ながら着実にここまできたという感じです。去年までと違って、1軍にあぐらをかいていられる立場ではない。それはわかっています」

 危機感と充実感。この2つをバランスよく抱いているのが今季の井上だ。5年目に勝負をかけている堂上剛は、自分の積極性に丸印をつけた。

 「1球目から思い切って振っていけたのがよかったと思います。(練習なので)川上さんは真っすぐかカットだけかなと。カーブが来たら仕方ない、でいきました」

 現時点で21人の野手が1軍(北谷)にいる。開幕までに最低でも5人がカットされる現実。ここから先の実戦こそが、ふるい落としの場所となる。きょう23日の楽天との練習試合(北谷)には、井上はDH、堂上剛は外野で先発出場する予定。相手はかつてのエース岩隈の登板が予定されており、アピールには絶好機だ。3・28開幕ベンチ。譲れない戦いが本格化する。 

痛っ!森野骨折。開幕ギリか?1





中日・森野将彦外野手(29)の今季開幕出場が微妙になった。左手首を痛めている同選手は20日、キャンプ地・沖縄を離れ、名古屋に戻り、同市内の病院で精密検査を受けたが、亀裂骨折していることが判明した。これにより沖縄キャンプ再合流は断念。今後は名古屋にとどまり、下半身強化などリハビリ中心のメニューで調整することになる。

 森野が左手首に異常を訴えたのは、第2クール初日の8日の練習中だった。翌9日からは別メニュー調整を続けてきたが、19日にはゴロながら捕球を再開していた。が、その一方で「痛み? あります」と、状態が良化していかないことへの焦りもあった。不安を取り除く意味もあって、沖縄キャンプでの練習を休み、名古屋に戻ってまでして受けた精密検査だったが、診断結果はまさかの骨折だった。

 左手首の骨折した細かい個所、全治期間などは不明。だが、本来キャンプでやるべき練習メニューがほぼ停止することを考えれば、約5週間後に迫った開幕戦(3月28日の広島戦・ナゴヤドーム)の出場は微妙といえる。

 「(野手の)ポジションは8つ埋まっている」と話していた落合監督の構想も、これにより再検討を迫られる。中堅手には英智、藤井ら守備力に優れた選手と、成長株の平田がいるが、主砲ウッズの前を打つ「3番打者」は…。いまのところ中村紀、西武からフリーエージェント(FA)移籍した和田が4番・ウッズの前後を打つことになるだろうが、この3人の打者は全員、右打者。左打ちの森野は貴重。

 しかも、昨シーズンは打率2割9分4厘(530打数156安打)と3割の大台はあと一歩で逃したものの、自己最多の97打点をマーク。18本塁打のうち3ランが8本を数えた“ミスター3ラン”。勝負強い打撃が売り物である森野の早期回復がベストだが、計算が立たないのは事実。過去4年間、主力の離脱を乗り越えてきた落合監督の手腕に注目が集まる。


左手首を骨折した中日・森野将彦内野手(29)について高代延博野手総合チーフコーチ(53)が21日、沖縄県恩納村内の選手宿舎で開幕には間に合う見通しを明かした。「詳しい症状は聞いていないが、開幕には間に合うと(トレーナーが)言っていた」と説明した。

 同内野手は8日の練習で左手首を痛めて別メニュー調整を開始。以降はキャンプ地の北谷でリハビリを続けていたが、回復が遅く、20日に名古屋市内の病院で精密検査をした結果、骨折と診断された。今後は名古屋で3月28日の開幕・広島戦(ナゴヤドーム)に向けて、リハビリをすることになるが、同時に首脳陣は間に合わなかった場合の準備もすることになる


左手首を骨折し、20日に沖縄から帰名していた森野は22日、ナゴヤ球場に隣接する屋内練習場でリハビリを再開した。

 左手首から甲にかけ、白いギプスで患部を固定した痛々しい姿で球場に現れた森野は、屋内練習場内のトレーニングルームにこもり、午前11時から約1時間のリハビリを行った。故障者情報を開示しない球団の方針で、森野は「やれることをしっかりやるだけ、後は何も話せませんよ」とメニュー内容など一切を語ろうとはしなかった。しかし、ウオーミングアップのランニングは行わず、患部を刺激しない程度に下半身強化中心のトレーニングを行ったようだ。

 報道陣がケガの詳細、今後の調整法、復帰時期などについて食い下がると、「一週間はほっといてください」と語気を強める場面も。昨シーズンは打撃面すべてで自己記録を更新する活躍で日本一に貢献。さらなる飛躍を期して臨んだ今季だっただけに、大幅な遅れを余儀なくされた状況に、やり場のないいらだちを抑えきれなかったようだ。帰りの車に乗り込む際には、ギプスで固定された患部を衣服で覆い隠すなど、今までには見せなかったナーバスな一面ものぞかせた。 
皆様のおかげです
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数




Profile

ゆ〜にぃ

タグふれ
大橋卓弥『♪はじまりの歌』


livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
国盗りカウンタ
blogランキング参戦中
blog pet
くる花

QRコード
QRコード
コメント有難う^^
トラバ有難う^^
【若槻千夏】大迷惑!!流出した動画の中身とは? (【若槻千夏】大迷惑!!流出した動画の中身とは?)
FA獲得の代償は功労者
堀北真希が高校時代の彼氏と完全にやらかしていました!!ハメ撮り映像完全公開☆ (堀北真希が高校時代の彼氏と完全にやらかしていました!!ハメ撮り映像完全公開☆)
新たな時代へ
ベッキーなんと昔の彼氏とハメ撮りしていた!?チョー貴重映像大公開!! (ベッキーなんと昔の彼氏とハメ撮りしていた!?チョー貴重映像大公開!!)
新たな時代へ
若槻千夏、芸能界引退!?その理由はなんと過去のハメ撮りが原因だった!!お宝衝撃映像配信中☆ (若槻千夏、芸能界引退!?その理由はなんと過去のハメ撮りが原因だった!!お宝衝撃映像配信中☆)
新たな時代へ
あし@
  • ライブドアブログ