開幕1軍へ怒とうの大ばく進−。中日の平田良介外野手(19)が23日、沖縄・北谷球場で行われた楽天との練習試合にフル出場。岩隈から2安打を放つなど、計3安打の大暴れで好調をアピールした。これで今春の対外試合は4試合連続安打の10打数6安打。驚異の“6割男”が、開幕レギュラー候補に急浮上だ。

 耐えて、考えて、努力したからこそ、バットが答えてくれる。平田のバットが“打ち出の小づち”と化してきた。ヒット、ヒット、またヒット−。勢いづいた若武者は、元最多勝右腕にさえ打ち勝った。

 「岩隈さん? あまりプロ野球は見ない方だったんで、見るのは初めてです。ビデオでもなかったです。いい投手ですよね。いい当たりが出てよかったです」

 キャンプの疲れを感じさせないほど無邪気に喜び、笑う。この日の楽天の先発は、完全復活を狙う岩隈。最速146キロを記録した右腕から、1回に142キロに少し詰まりながらも、中前へはじき返すチーム初安打を放った。続く3回には、速球を狙いすましたように右前へ。6回には元同僚・石川からは中越え二塁打をかっ飛ばし「バットの先でしたけど、しんでとらえることができました」と胸を張った。

 今春は無念の2軍読谷組スタート。第3クールまでは自分の打撃フォームを追求するだけでなく、打ち込みをしながらも状況に応じた打撃ができるよう心がけてきた。すべては開幕1軍への強い意志があればこそ。その成果を、今は実戦で証明している。

 この日、世間の話題を独占する大阪桐蔭高の後輩、日本ハム・中田翔が練習試合で1発を放った。その“ニュース”は、すぐ平田の耳に入っていた。「刺激とかじゃないです。後輩だから、打てば素直にうれしいです」。充実したキャンプを送っているからこそ、プロの先輩として面目を保て、余裕を漂わすことができる。

 大物後輩の存在も、読谷での臥薪嘗胆(がしんしょうたん)も、ここまでは奏功している。あえて突き放してきた指揮官は、平田の快進撃をほくそ笑んでいるに違いない。