【中4―2巨】中日は先発の一角を狙う吉見が5回無失点。7安打を許しながらも要所を締めた。打線では井端、李炳圭がともにオープン戦初安打を含む2安打を放った。巨人は高橋尚が3回1失点。打線は11安打したが、適時打が出なかった。

 ≪「毎日が勝負」と吉見≫打たれても、打たれても向かっていった。「がむしゃらにいくことだけを考えていた」。先発した3年目の吉見が、巨人打線を相手に5回まで毎回の7安打を浴びながら、無失点で切り抜けた。

 フォークは高めに抜け、甘い球もあったが、生命線となったのは右打者の内角に食い込むシュート。1回2死三塁ではラミレスのバットをへし折って投ゴロに仕留め、先頭打者を出した4回にも小田嶋を同じ球で併殺に打ち取った。

 開幕に向けて、とにかく結果を残し続けるしかない。「毎日毎日が勝負」と口元を引き締め、気合を入れた。



中日情報・野球情報をもっとみたい!!

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Blog Ranking