こんにちは



本日、11/27(木) 天気は曇り 気温8℃くらいです。



本日お休みは S君 明日はpapaがお休みです。



本日も、「空室の水落し」してました。もう少し水落しが必要な物件が残っていますので、しばらく続くかと思います。



さて、昨日 時間が無くて写真のみでブログUPした物件の詳細について今回はUPします。




※ ※ ※ ※ ※ ※




まずは、写真から・・・
20141126_153849

これ、アパートの床下です・・・ この写真を良く見てください。異変に気付きましたか?





写真の撮り方が悪く、背景の管と一体化してるようにも見えますが・・・
BlogPaint


配管から水が・・・ かなりの勢いで ダダ漏れになっています!



※ ※ ※ ※ ※



これは、「水落し無双(未遂)」の帰り道、上司Kさんから緊急連絡が入り、現場確認したときの写真で、現在入居中のお部屋で起きた不思議な出来事です。



上司Kさんのお話によると、入居者さんより・・・




「床下に水溜りができていて、不安だから見に来てほしい。」




という連絡があり、上記の緊急連絡に繋がっています。






あまり、こういった場面に立会ったことが無い方なら、プチパニックになってしまうかも知れませんが、アパート管理をしているpapaから見れば、漏水事故としては序の口。


しかも現場は1階なので、正直多少漏水していても、他のお部屋には被害は及んでいません。



そう言った意味では、2階より1階の方が管理しやすいのかな・・・なんて思ったりしますが、はてさて、どうなんでしょうね・・・



それは、さて置き、いくら他の部屋に影響が無い・・・っと言っても、このままにする訳にはいきません。



これは、papaのバイブル クマさんのブログ「賃貸クレーム日記」にもいつか記載されていましたが、





漏水の原因はいくつかの分類に区分けされます。





①給水管のトラブル。

②配水管のトラブル。

③雨漏れ等の外部的要因

④上階の水こぼし。


などが考えられます。





今回はどれに当てはまるのでしょうか?




現場の状況を確認すると・・・ ① 又は ② に該当します。





①と②の大きな違いは・・




①給水系のトラブル → 継続的に漏水している。

②排水系のトラブル → 排水時のみ漏水する。



まぁ、現場写真を見てもわかるかと思いますが、今回の場合は①でしょうね・・・




では、確認する為にはどうしたら良いでしょう・・・





ズバリ





「元栓を閉めて見る!」




です。





元栓を閉めたら、やはり漏水は止まりました。




ここで、給水系のトラブルと確定。念のため、外にある水道メーターを確認。


20141126_155241





注目すべきは・・・
BlogPaint
です、はっきりくっきり「漏水マーク」が出ちゃってました・・・





さっそく、大家さんに連絡。大家さんの業者さんにて迅速に対応していただき、復旧しました。





原因は、今回修繕していただいた水道業者さんに確認中ではありますが、まずは復旧が出来て一安心しています。






さて、これから少し現場業務が残っていますので、そっちを行う予定ですので今日はこの辺で・・・・。






それでは また