【賃貸管理会社のできごと】

北の大地、北海道で賃貸管理会社に勤めるyuzukapapaのブログ。 日々のできごとを、日記やメモ程度にUPできれば良いな・・なんて思ってます!

修繕事項

土日の場合‥

こういったアパート管理の仕事をしていて、土日祝日に連絡が来ると、多少困る事があります。

それは‥

管理課にクレーム(修繕関係)電話が来ても、直してくれる業者さんが休み‥みたいな‥

本日も、この春に引っ越してきた学生さんの親御さんから‥

「トイレの水の出が悪い。土日が休みで月曜から学校がなので、土日のうちに何とかしてほしい。」

と連絡が来ました。

こんな時はまず現地確認。
その際に
「直せれば良いのですが、直せなかった場合は業者手配になるので平日の対応になります。」

と一言伝えて、了承をいただいた上で出動します。

以外にこの一言が大切で、中には
「管理会社が来れば直る。」
と思ってる入居者さんもいて、この一言がなければ  余計な揉め事に発展する事もありますので‥

一言に了承をもらい、早速現地へ



まぁ、この状態なら、水の出が悪いのもしょうがないですね‥‥。

早速  手持ちの工具で調整  調整‥


工具があれば、これくらいの事はできます。

あとは、水漏れがないか確認して‥

対応完了!

希望通り「土日の間に何とか‥」できて、一安心のpapaでした。

それではまた




一件落着!・・・の後に・・・

こんにちは、



春から新生活を新しい部屋からはじめたみなさん。引っ越してから1ヶ月がたって、お部屋の状態はどうですか?


賃貸住宅は、住んでみてからでなければわからないことがたくさんあります。
1ヶ月くらい住んでみて、何か気になることはありませんか?



たとえば・・・



「仕事から帰って、玄関ドアを開けた瞬間・・・部屋が排水臭い・・・」とか




厄介ですよね、目に見えない系のものは・・・



もちろん、管理会社の立場としても、目に見えない系のものは、対処に困ることがあります。


臭い・・とかは個人差もありますしね・・・




ただ・・ですね、目に見えない系のお悩みも、場合によっては解決できることがあります。



今回は、解決できた案件を1つ・・



★ ★ ★ ★ ★


やはりですね、4月から新生活を始めた入居者さんからですが、まさに



「仕事から帰って、玄関ドアを開けた瞬間・・・部屋が排水臭い・・・」


という相談を受けました。その物件は、それ程古くない物件です。



依頼を受け、papaにて現地確認。


臭いの種類が、「排水臭」だと、疑うところは限定されます。


もちろん、排水口周辺です。




papaが真っ先に疑うところは・・・



洗濯機排水口です!



その日も、まず、玄関に入ってすぐ、臭いの程度を確認。


そして、洗濯機排水口がある脱衣場に一直線!


確認した瞬間に・・・  安心しました。




そのときの写真が・・・



ファイル 2016-04-22 18 52 46

これです。



基本的に、台所や浴室 洗面化粧台(シャンドレ)の排水口は、水で臭いに蓋をする構造が施されています。



その構造が無いのが洗濯機排水口。

排水管に直結していることが多く、築が浅い物件は機密性もかなり高い形となっていて、建築基準法で「24H換気」の設置が義務付けられています。


機密性の高い所で換気をしたら・・・



空気は、出す分吸わなければいけません。一番 空気を取込やすいところから空気を持ってきます。このときは室内に取り付けてある「吸気口」より、洗濯機排水口からの方が空気を取り込み易かったのでしょう。



洗濯機排水口から、「臭い」と共に空気を吸っていて、その臭いが部屋中に漂ってしまったのでしょうね・・



こんな時は・・・


こうして
ファイル 2016-04-22 18 53 02




こうしてやります!
ファイル 2016-04-22 18 53 19



★ ★ ★



BlogPaint
この部分は、この部分だけで上記で話した「水で臭いに蓋をする」という構造になっています。



まずは、これで 様子を見てもらう感じで・・・





数日後、入居者さんに経過を確認したとき・・・




入居者「臭いがなくなりました! ありがとうございます!」



と、うれしい返答が返って着ました!



これにて、一件落着! 



・・・


・・・ ・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・ ・・・



もっと言えば、退去とか入居前とかに気づくことができたかも知れませんが、それは、今後の課題・・・


・・・ということで~~~~



それでは、また

恵まれた環境・・・・

こんばんは、


本日は 2/20 天気は・・くもり時々雨です。



冬の北海道なのに雨・・・


もしかしたら、昨年より暖かい冬かもしれないです・・・




さて、本日は原状回復の話題から1つ・・・




【物件スペック】


・2007年建築(築9年)

・木造

・総戸数 4戸

・1LDK(全4室)

・オール電化



こんな感じの物件でした。




退去前から「空いたら見たい」というお客様の希望があり、



退去はAM 9:30

内覧はAM 10:00



見たいな感じで予定を組んで、退去当日を迎えました。







今回 退去された方は、約3年在住して、若い男性の方 1人でご契約、そんな感じで・・・



まぁ、男性の方 1人暮らしでしたので、こういった場合、papaの経験上 2パターンに分かれる感じです。







言ってしまえば・・・







退去後の部屋が




①キレイ



②汚い



まぁ、当たり前ですよね~






退去前に事前にお部屋を確認できる訳ではないので、即時ご案内はほぼ ”賭け” です。







退去後の部屋は、清掃を入れなくても良いくらいキレイになっている場合から
(もちろん、どんなにキレイな部屋でも、退去された後は業者清掃を入れますが)






もちろん、「見ないほうが良い!」というくらいのお部屋まで様々・・・












・・・今回は、どうやら 後者を引いてしまったようです・・・・
(まぁ、特に汚くお部屋を使用していた訳ではありませんが、汚れが目立ってしまっていました。)






原状回復も少々ありました・・・







そんな事もあり、残念ながら 即時案内 → 即時ご成約 というコンボにはつながりませんでした・・・が





さて、気分を切り替え、お部屋の原状回復です!








※ ※ ※ ※ ※








上記で「汚れていた」とはご紹介していますが、当社が清掃をお願いしている清掃業者さんは腕は確かです!



汚れた部分は充分に清掃業者さんでキレイに出来る範囲。







腕の良い清掃業者さんの清掃でも落ちない部分の汚れは・・・・・








きっと ココです!





ファイル 2016-02-20 17 33 05


こちらは、玄関の写真です。




点々とした着色汚れ・・・




papaの読みでは・・・・





自転車のタイヤの跡かな・・・






なんて思って、原状回復の話を退去者にした時に聞いてみましたが、そうではないみたいでした・・





まぁ、原因はどうあれ、原状回復 原状回復・・・









ただ、papaの中には 一抹の不安が・・・・







クッションフロアを見てみると・・・






玄関だけではなく、1枚ものが敷いてあります。







玄関・脱衣場・居間・・・・







papa(これって まさか・・・  全部・・・  張替とか・・・)








なんて事が頭を巡っていましたが、とりあえず、コチラもとっても腕の良い内装業者さんへ見積を依頼。






数日後、内装業者さんより折り返し・・・








最悪の事態もその打合せの中では話がでましたが、方々 考えを巡らせて・・・








時には大家さんを説得し、時には原状回復費用の不足が出ないよう充分考えながら・・








無事、修繕完了!










その写真が・・・・



ファイル 2016-02-20 17 33 35


これです!







写真の撮り方は違いますが、間違えなく同じ場所の床の写真です。








違和感はほとんど無く、キレイに仕上がっていて、本日papaが自分で確認しに行きましたが








papa「うん! やっぱり、うちの内装屋さんは腕が良いな!」






なんて思いながら帰社しました。









後は、腕が良い清掃業者さんに清掃をお願いして修繕完了です!








とっても恵まれた業者さんに力を借りているpapaでした~






それでは また

新たな世界にチャレンジ?

こんばんは、


本日は 2/16(火) 天気は雪です。


昨日、緊急性を要する工事がありました。



事の始まりは、清掃業者さんからの一報でした。




自分が不在のときのことで、連絡を受けたのはS君




以下の会話は、S君の報告と自分の想像から・・・




業:「本日〇〇アパートの清掃をしていたのですが、共用部に気になることを発見しました。」


業:「まずは、ご一報を・・・と思いまして・・。」


S君:「どうかしたのですか?」


業:「共用部の鉄柵が、かなりグラグラしていて、危ないです。」


S君:「わかりました、現地確認してみます。」


S君:(まぁ、あの物件も新しいわけじゃないし、ちょっと劣化でグラグラしてるのかな・・・)


S君:(まず、時間を見て、現場見ておくか・・・)


そんな感じだったと思います。






そして、まもなくpapaが帰社。S君が




S君:「papaさん、清掃業者さんから カクカクシカジカ なので、ちょっと現場見てきます。」


papa:「わかったよ。道 凍ってるから気をつけてね~」





こんな感じで S君を送り出しました。







S君が現地確認に行って、おそらく 現地に到着したかな・・・くらいの時間に、



管理課で共有しているLINEに・・・




「S君が動画を投稿しました」


「S金が画像を投稿しました」




とメッセージが入る。




何となく、これは S君が助けを求めてるのかな・・・などと、めずらしく思い







動画を確認



<動画再生中>



papa「・・・・」

papa「・・・・ ・・・・」

papa「・・!!」



思わず言葉を失うような状況が!





S君が触っている鉄柵が思いっきりグラグラしてる!




ええええっ!




これヤバイ! ちょっと押せば鉄柵が大げさじゃなく落ちるぞこれ!!





そんな動画でした。





動画の貼りかたは解らないので、写真で説明します。


ファイル 2016-02-16 18 30 13

この物件の・・・

BlogPaint


この鉄柵が、押す または 風の力でも落ちそうな程、支えが劣化している画像でした。



これは、かなり緊急性がある!と判断。時間は 16:00 を過ぎていましたが、



何とかこの時間から動いてくれる業者さんを探して、対応に当たってもらいました。



この鉄柵劣化事件には、かなり管理課一同は動揺をかくせないほどバタバタしてました・・・




そんな工事が無事終了。






先程、工事をしてくれた業者さんが来店されて、詳しく状況を説明してくれました。



感謝しています。







※ ※ ※ ※ ※





そんな、昨夜の工事の説明の最中に・・・



papa「冬の内はなかなか外観細かいところまで点検は出来ないが・・・」



papa「雪が溶けたら 鉄柵や階段も点検したいと思ってます。」



papa「何かあったら また お願いいたします。」



・・・というお話に、





業者「でしたら、是非、鉄柵もそうですが、共用部を支える鉄柱にも注目して確認してみてください。」



業者「一番危ないのが、四角い鉄柱の根元とかが ふくらみ持ってしまっている場合は危ないです。」



業者「今期の冬もかなり鉄柱の取替え交換をしています。」



業者「一般の方は、なかなか解らないかもしれませんが、鉄柱が膨らむ・・・と言う事は」



業者「鉄柱のどこかに穴があいてて、そこから雨水等が入り、内部が錆てもろくなっていますので。」





なんて事を教えてもらいました。






このお話は、管理に約7年間携わってきたpapaも初耳で、正直勉強不足でした・・・







・・・


・・・ ・・・


・・・ ・・・ ・・・






・・・というか、先程の鉄柱の膨張腐食について、こころ当たりがある物件が身近にあります・・





その話をきいてしまったからには、もう、その事が頭の中からはなれません・・





一度、業者さんはお帰りになりましたが、再度確認のために電話が来ました。





業者さんが帰ってから電話が再度来るまで、そんなに時間は無かったのですが、





先程 聞いた話が頭から離れません。





確認の電話が来たときに、「身近にある心当たりがある物件」の現場確認を依頼しました!








おそらく、現地確認 → 見積 → 修繕 の流れになるかと思いますが、





この修繕工事はpapaは初体験。







・・・・・そして、これからにも繋がる予感がたっぷりあります!






今回の件を参考に、しっかり勉強します!





それでは また

水元栓の修繕立会い・・・

こんにちは、  本日は 11/17(火)天気は曇り時々雨



久しぶりの更新です!





相変わらず、現場等を中心に仕事をしているpapaですが、最近こんなことがありました。




その物件は、古い戸建物件で、それほど間を空けずに退去→入居となりました。



退去から新入居まで、約1.5ヶ月 修繕もほぼ終わり、どうしても部品が間に合わなかった部分は、入居後の修繕と言う形になり、最近、新入居者さんに鍵の引渡を行いました・・・



荷物運び当日、「台所の水元栓が動かなくて、水が出せない!」と連絡が来ました。




もちろん、入居前に点検は行っていて、水が出るのを確認しています。清掃の時も、問題なく水が出ていた・・・っということを確認しています。



では、なぜ 水が出ないのか・・・



これはとても不思議でした。



当社の管理部件を引き渡す際は、点検後、水の元栓を閉めた状態で、新入居者さんに引き渡します。



連絡が来て、現場を確認したのはpapaでした。


20151116_090520

こんな感じの元栓で特別古い感覚は受けませんでしたが・・・




どうやっても出水の方にレバーが動かない・・・



水道業者さんにも連絡をして、なんか良い方法が無いか・・・とか 力任せにレバーを動かしてみて良いのかどうか・・・などをいろいろ聞き、かなり力任せにレバーを動かしてみましたが・・


物が「水の元栓」なので、万が一漏水事故なんかが起きたら・・・ などが頭をよぎり、ギブアップ・・


明日、業者さんに見てもらう段取りをつけました。



そして、翌日・・・



20151116_090915

業者さんに現地にきていただき、水元栓を分解して見てもらいました。



上の写真は元栓をバラしたときの部品の一部です。写真には写りきりませんでしたが、

BlogPaint

この、棒状の部分、実は凄く長くて、papaは初めてみましたが、思わず・・・



「棒・・ 長ッ!」



と声が出てしまうぐらい長かったです。






その長い棒の先端が・・・

20151116_091516


こんな様な形になっていて、今回は、その部分の オーリングパッキン の交換で復旧しました。




この部品が悪くて部品自体を交換しなければいけない場合は、結構 修繕費が高くなる・・・と業者さんが教えてくれました。




(なんか、部品があれば壊れても交換できそうだな・・・)なんて思い・・・






papa「あまり見ない部品ですが、これは、ホームセンターとかで売ってますか?」





なんて、軽く聞いてみましたが、さすがにホームセンター等では売っていない様子です・・・






今回はパッキンのみの交換でしたので、修繕費はそれ程かからない様子でしたので、内心 ホッ・・ っとしながら修繕工程を見学させていただきました。





やっぱり、業者さんの修繕は見ていて楽しいし勉強になるな~ なんて改めて思った出来事でした。





それでは また

ギャラリー
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • マンション漏水原因探しの旅 完結編?