【賃貸管理会社のできごと】

北の大地、北海道で賃貸管理会社に勤めるyuzukapapaのブログ。 日々のできごとを、日記やメモ程度にUPできれば良いな・・なんて思ってます!

督促・滞納者

割と忙しい日だった・・・

こんにちは、


本日 5/15(金) 天気は 雨です。


本日は、S君が休み。上司Kさんと業務に当たっていましたが・・・



とても、ハードな感じの1日でした。



内容をまとめると・・・




・保険事故の鑑定人との現場確認。

・退去立会(内容ハードめ)

・滞納者への督促


文章にしてしまえば、この3行程ですが、まぁ~苦労しました・・・



特に 滞納者への督促 です




本日、入居者さんからお預かりした家賃を、大家様にお届けする予定日でした。



これは、家賃管理部門の担当者さんの感想ですが、



「毎年 5月 は滞納者が多い・・・」っと



まぁ、新年度の始まりや連休の絡みもあるかも知れませんが、なかなか骨が折れます・・・




今日、一番苦労し滞納者は・・・





M市にある管理物件。木造2階建 2DK 全4戸、築45年くらい・・・


まぁ、古い建物ではありますが、大家様が入居前にリフォームの相談に乗ってくれて、入居前にはキレイにしています。

入居者さんは、生活保護受給者さんで、最近、入金の予定日が遅くなって来ていたので、滞納者候補として、マークしていた方です。



電話にてこれまで何度も催促。現場確認にも数度行っていますが、全くの音信普通の方です。


保証人さんにも連絡が付かず、仕方ないので保証人さんの職場に連絡しましたが、保証人さんは職場を退職済み・・・


ありとあらゆる連絡方法で連絡し続けました。


生活保護需給者さんでしたので、市役所の保護課にも連絡をしてみましたが・・・


なんと、現在は生活保護を受けていない! ・・という悪い新たな事実が判明・・・


上司Kさん と 一緒に頭を抱えていました・・・




とりあえず、やれるところまでやって、家主さんに現状を報告しました。





papa「カクカク、シカジカ 現在このような状況です。」


家主「う~ん 心配な案件だね・・・」


papa「はい、最近 家賃の入金が遅く、要注意していた人ではあったのですが・・」


papa「引き続き、対応いたします。」


家主「お願いします。」



こんな感じで大家さんとお話していました。



ただ、他の予定がありましたので、他の物件にも対応せねば管理課はいけません・・・



他の予定を消化していたら・・・







上司Kさんより連絡が!



上司Kさん「〇〇さん(上記案件滞納者)入金になったよ!」



papa「 ・・・・!」


言葉にならない喜びがこみ上げてきた感じがしました・・・





その後、papaは出先だったため、事務所に戻り、入金の旨を大家さんに伝えて、ひとまず安心・・・



ただ、滞納者〇〇さんは、連絡事態はまだ、繋がっていません。


そうです!なんの連絡も無く、お金だけが入金される形でした・・・



これは、許せん! papaは思いました! 今後、何としても連絡をつけよう!と心に強く思いました。




しばらくして・・・・ 何と、滞納者〇〇さんから事務所に連絡が!



〇〇「今日、なんか連絡がきてた 〇〇ですが!」

電話を取ったのはpapaでしたが、接客の合間に電話に出てしまったので、上司Kさんに電話をpass!



どうやら、上司Kさんも papaと気持ちは同じで、お怒りの様子で、みっちり〇〇さんは怒られてました。


だって、papaが最初に電話に出たときですが、今にも文句を言ってきそうな、迷惑そうな第一声だったので、接客がおわり、上司Kさん と 〇〇さんの話を聞きながら・・心の中でpapaは(そりゃ そうなるわな・・)なんて思っていました!



滞納者〇〇さんは「金も払ったし、文句言われる筋合いは無い!」なんて、心のどこかで思って電話してきたと思いますが、「契約」はそう言うものではない!・・・っと言う事が 上司Kさんの ”指導” で〇〇さんは少しはわかってくれた・・・と思います。




写真を撮影できる場面が、本日は無かったので、本日はこんな感じで・・

それでは、また










奇跡のできごと・・・

こんにちは




本日は 9/14(日曜日) 連休中日。天気は晴れ! 本日の予定は、お昼から管理物件の退去が2件ほど。後は特に決まった予定が無く、本日 上司Kさん はお休みです。



今日は 引継ぎの難しさを実感・・・  で、築古の屋上がある物件の恐ろしさを痛感しましたので、築古の物件を中心に、屋上の確認できれば良いな・・・ なんて思ってます。



さて、今回のブログは、昨日あった奇跡のできごと・・・をご紹介。



※ ※ ※ ※



この仕事「賃貸物件管理」の仕事をしていると、絶対と言って良いほど避けられない仕事・・・




それは・・・



「滞納家賃の督促」です



こちらの地方の家賃制度は、翌月分を末日までお支払いいただく、「前家賃」制度を使用しています。



これは、多くの仲介物件も同じ制度で契約書を作成していますが、「仲介物件」と「管理物件」の大きな差は、家賃の支払い窓口。



仲介物件はそのまま大家さんの銀行口座に振り込まれますが、管理物件の場合、大部分は当社の家賃口座に振り込んでいただくように契約書を作成しています。



ですから、 入居者管理家賃窓口大家さん というように、入居者さんからの家賃は流れていきます。




当社の家賃窓口に、入居者さんは家賃を末日(本来は 毎月27日に設定していますが・・)に振り込んでいただき、内容の確認と滞納者への督促を行い、毎月15日に大家さんの指定口座に当社から振り込む・・・という形式が大多数です。




なので、ここ2~3日が滞納者へのタイムリミット。それほど、悪質な滞納者は幸運な事に当社管理物件には少ない(全く居ないとは言いません)ので、ごく一部の滞納常連者への対応。



もちろん、これまでに電話連絡(入居者・保証人)や訪問をかなり行っていますが、なかなか、お話できない事が続いてました・・・




そんな中、最後に残った滞納者のお部屋を訪問・・・



※ ※ ※ ※


滞納者Aさんのスペック

・男性の1人暮らし。
・入居時は生活保護を受けていた。
・最近、仕事を始めたようで、生活保護担当者に確認しているが、現在保護が一時停止している。
・保護を受けている時は、まじめに家賃を払っていた。
・携帯電話の番号が、賃貸契約時から変更されていて、当社に変更後の番号を伝えていない。






【滞納者Aさん】への対応


いままでは、何度訪問しても、会う事ができなく、行くたびに 訪問カードを差し入れる対応しかできませんでした。


ただ、訪問日は昨日 9/13(土曜日) 3連休初日と言うことで・・・ 上司Kさん と 訪問




上司Kさん (ドアチャイムを押す「カチャ・・カチャ・・」どうやら、ベルの電池切れか、壊れてる様子・・)


papa  (ドン・・・ ドン・・・ ドン)ドアをノックしたりベルを押してみたり・・・




上司Kさん 「居ないのかな・・・ ベル壊れてるかも知れないね・・・。」


papa 「ですね、残念ながら成果無しか・・・。」


上司Kさん 「出直しますか・・・。」


なんてやり取りを、しながら様子を見て、諦めかけたとき・・・・


室内から物音が!!



上司Kさん「今、物音したよね。」

papa「はい。自分も聞きました!」


これは、居留守と断定。ドアをたたく!




滞納者Aさは、ついに断念したのか、開かずの扉を開けて、出てきました!



上司Kさんが、すかさず話しかける・・・





上司Kさん「家賃の件ですが・・・」


Aさん「すいません。状況がいろいろ変わってしまって・・・まだ、振り込んでいません。」


上司KさんがAさんの現況を聞く・・・


上司Kさん「Aさんの現況はわかりました。でも、今まで何回も電話しています。なぜ、電話に出なかったのですか?」



Aさんが自分の携帯電話を持ってきて・・・



Aさん「この番号ですか?」


上司Kさん「そうです。今日も何回も電話していますよね・・・。」


Aさん「・・・・・。」





そこで、すかさず、良いところを持って行こうとpapaが・・・




papa「Aさん。今日訪問して、会うことができてAさんの現況を知る事ができました。」

papa「自分たちが、一番困る事は、お話ができないことですよ。」

papa「連絡が付かなければ、余計な心配も出てくるし、話ができれば、解決策も考える事ができるってもんですよ。」



などなど、いろいろお話しました。






結局 その場で、集金にはなりませんでしたが、家賃の支払日を明確にしていただき、それについて一筆いただく形になりました。


かなり厳しいお灸を添えましたので、このまま経過を追って行きます。







そして、勢いに乗ってもう1件行きたいところです。


※ ※ ※ ※

【滞納者B】さんへの対応



滞納者Bさんのスペック

・男性1人暮らし
・有職者
・電話は鳴るがでない。
・保証人は非協力的



Aさんの訪問の後に、上司Kさんとそのまま移動・・・


現地到着。



ピンポーン・・・ ピンポーン・・・ ピンポーン

ドン・・ ドン・・ ドン・・・


無反応・・・ 



だが、今日のpapa上司Kさんは諦めません!



駐車場には、Bさんの車があり、生活感もかなりあり、そして、今日は、一件成果が上がってます!



上司Kさん 「ちょっと待ちますか。」

papa 「そうですね。待ちますか・・・。」



玄関前はさすがに長時間いれませんので、建物近くに車を駐車し待機・・・




最近は、昔と違って時間を潰すのは楽になっています「スマホ」のおかげで。監視しながら、待つ事約3時間・・・



上司Kさん 「う~ん。今日は居ないのかな・・・。」

papa 「もしくは熟睡しているか・・・。」


車内に「あきらめムード」が思いっきり立ち込めてきています。




上司Kさん 「日を改めますか・・・。」

papa 「ですね・・・。」




本日、管理物件の工場点検を予定していました。滞納者Bさんの物件からもそれ程遠い距離ではありません。



上司Kさん 「S君を呼んで、合流して工場点検いきますか?」

papa 「ですね・・・。」



今まで、話が出てきていない S君 でしたが、実は事務所で待機中。早速 S君に連絡。事務所からpapaが居る場所まで、約20分程度・・・


S君の到着を待つ 上司Kさん と papa・・・




その時!



1台のワゴン車が、車道に停まり、誰かが降りてきた?!




・・・が、ここからは良く見えない!




注意を払いながら、注目はせず状況を観察・・・・・




なんと、滞納者Bさんでした!




玄関から部屋に入った事を確認後、すかさず 車を降りBさんのお部屋へ。



待ちくたびれていたのか、上司Kさんから、戸惑いの言葉が・・・



上司Kさん 「何て話そうかなぁ?」



その言葉を聞き、ファーストアタックはpapaが行く事を決意・・・





ピンポーン・・  ピンポーーン・・・



ガチャ・・・  玄関ドアが開く!!!




papa「Bさん今月分の家賃の確認で来ました。」

papa「どうなっていますか?」


Bさん「昨日、振り込みました。」



papaはその言葉にちょっと戸惑いましたが、すかさず・・・



papa「昨日、何時ごろ振込みました?」

Bさん「18時頃です。」

papa「・・・そうですか、銀行が休みなので、休み明け入金の確認できますよね。」

Bさん「多分 大丈夫です。」


papa「まぁ、入金は休み明け確認するとして・・・ Bさん、家賃の振込み日って知ってます?」

Bさん「・・・・。」

Bさん「月末・・・。」

papa「ですよね。でも、今日は13日。毎月このくらいになってるかと思いますが、何か事情があってですか?」

Bさん「特にはありません。」


このBさん、悪びれが無くこんな事を言うので、「家賃がまだ・・。」と確定してわかってれば、もっとお灸を添える事ができますが・・・・。ちょっと厄介です。


その後、Bさんの給料日等を確認して・・・


papa「来月はなるべく期日まで入金してくださいね。」



なんて感じで終わりました。






そんな話し合いが終わって、車に戻る頃、S君が到着。


S君の到着がもう少し早かったら、Bさんとお話することができませんでした。




まさに、努力が報われた奇跡のできごと・・・。家賃督促とかはあまりやりたくない仕事の部類に入りますが、こんな事があれば、少しは前向きに仕事できますよね~



その後、工場点検に行きましたが、心の引っ掛かり少し軽くなったのか、上司Kさんは少し嬉そうでした。





さてさて、ちょっと長くなりましたが、昨日は、こんな感じの1日でした。



それでは また


ギャラリー
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • 損害賠償請求より効果がある?‥‥といいなぁ‥
  • マンション漏水原因探しの旅 完結編?