久しぶりに砂集めに行ってきました。
いつもの場所でザクザクと表面を削っていたらポコッと凹んだところが2ヶ所出現。
そっと近寄ってブロック2~3個離れたところから覗くと、どうも深そう? 
というわけで中に潜って内側から見てみようと探ってみたら……渓谷でした(^_^;)
お城を建て始めた頃に落ちまくった思い出が脳裏に浮かびまくり;
ここはもう真っ平らに整地して閉じてしまおうかと思います。
でもその前に探索したい……(^^;)ゞ
閉じつつ入り口を作ればいいですかね(*^m^*)

お城に帰ってきて作業状況を確認していたら、ひとつ、気付いてしまいました。
鉄格子で作っていた柱が、いつの間にか針金みたいに細くなっていたのです;
金属の柱が針金に!?
これじゃ弱々しくて全然柱っぽくありません(T_T)

外に出て眺めてみたら↓こんな感じです。
なんか変、足りない;
これでは柱が有るのか無いのか分かりません。
ここはもう砂岩で繋げてしまった方がよさそうですね;

↑後ろ側は砂岩で繋げても広く空くからいいのですが、他はそうもいきません;
最初に柱を決めた時、砂岩で繋げてみたら閉塞感が半端無くてやめているのです。
他に何か無いか探してみようと、候補の柱を並べてみました。
柱探し(目と鼻の先)
砂岩の外壁があったら最高だったのですが、丸石の壁だと真っ黒ですね(^_^;)
色が一番近い樺の柱は、なんだか安っぽく見えます;
鉄は鉄筋に見えて、建材見えてますよ~的になってしまいます;;;

遠目だと↓こんな感じです。
柱探し(遠目)
やっぱり樺の柱が1番しっくり来ますね;
ここと貴婦人の館の2ヶ所だから、これでもいいかなぁorz