スカイ・ハイ

フィギュアスケーター、羽生結弦くんを応援するブログです。

羽生結弦

雑誌情報2014年3月~4月

羽生くんの初DVD・ブルーレイが出ます
覚醒の時 DVD・ブルーレイ 2014年5月21日発売

ワールド・フィギュアスケート 63
icon 新書館 2014年4月25日発売

Number 852号 文藝春秋 2014年4月24日発売
羽生くんのインタビューが載ります。
http://number.bunshun.jp/articles/-/815210

フィギュアスケートファン 2014 日本男子総括号
icon
コスミック出版 2014年4月15日発売
羽生くんが表紙。

フィギュアスケート日本男子応援ブック 3
icon ダイアプレス 2014年4月12日発売

Number 851号 文藝春秋 2014年4月10日発売

羽生結弦おめでとう3冠!! 世界フィギュアスケート選手権2014熱戦速報号
icon
浅田真央日本人最多3度目V 完全保存版
日刊スポーツグラフ 2014年4月5日発売
雑誌の半分が羽生くんの記事です。世界フィギュアの写真集のような感じ。日刊スポーツなので写真の質は良いです。インタビューもあります。

スポーツ男子。Vol.3 ぴあ 2014年3月28日発売

フィギュアスケートLOVE!
icon アスペクトムック 2014年3月27日発売

INTERNATIONAL FIGURE SKATING 14APR 2014年3月26日入荷予定
海外の雑誌です。ソチオリンピック特集で、羽生くんがトップ記事のようです。
http://www.mag-mart.jp/vol/01583201402

ワールド・フィギュアスケート別冊 ソチ・オリンピック総特集
icon 新書館 2014年3月26日発売

ソチオリンピック日本代表選手団日本オリンピック委員会公式写真集2014 日本文化出版 2014年3月20日発売
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4890842217/ref=as_li_ss_sm_fb_jp_asin_tl?ie=UTF8&camp=1207&creative=13631&creativeASIN=4890842217&linkCode=shr&tag=blog061-22&=books&qid=1394668741&sr=1-4&keywords=%E3%82%BD%E3%83%81

フィギュアスケート フォトコレクション Rhapsody 2004-2014
icon晋遊舎 2014年3月14日発売
色んな選手の、懐かしい時代から現在までの写真集のような本です。

Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」 (Number PLUS 92号)
icon文藝春秋 2014年3月6日発売
全体的に丁寧な作りです。インタビューあり。得点表ものってます。

フィギュアスケート日本男子応援ブック2 感動をありがとう! ダイアプレス 2014年3月5日発売
雑誌の半分は羽生くんの写真で一杯です。
icon
icon

ソチオリンピック日本代表選手 完全速報 2014年4月号 八重洲出版 2014年3月4日発売
羽生くんのページは6ページあります。

Honya Club.com

Get Sports

2014年4月13日、深夜のゲットスポーツです。見られない地域の方が多いようなのでアドレス載せておきます。
私は録画してるけど、まだ見てなーい
https://www.youtube.com/watch?v=x47-avfkBVc

All About COCOMO

新聞の記事から

ここ最近の朝日新聞の記事です。

2014年3月20日夕刊
006

2014年3月27日
005

2014年3月29日の一面とスポーツ面
003

004

2014年3月29日夕刊
002

2014年4月11日。ウェブ記事では動画もあります。
001

http://www.asahi.com/articles/ASG4B5K3MG4BUTQP029.html

アメリカンイーグル

世界フィギュア2014 男子フリーの感想

かなり遅ればせながら世界フィギュア2014、男子フリーを見に行ったときのレポです。

 28日(金)は、夫が定時に帰ってこられる、とのことで子供を留守番させて出かけました。長時間の留守番はできないので、アイスダンスショートはあきらめ、夜5時からの男子フリーのみ、見ることにしました。
 友達は朝から観戦。席に案内してもらって、一緒に男子を観戦しました。

 第1グループは、まずまずの演技。ショートのときも思ったけれど、点数は厳しめに出ていたようです。まあ、仕方ないですね。
 第2グループはフィリピンのカルーザ君から。何と渾身のノーミス演技。スタオベきました!カルーザ君もやったーな表情。でもやっぱり点数は低めかな。もう少し評価上がって欲しいな。
 あと、ナム君もノーミスのいい演技でした。彼は世界ジュニアから日数もあまり無いのに、ジュニア用→シニア用に切り替えたプログラムで滑ったわけですよね。よくぞ滑りきってくれたと思います。彼もスタオベ。クリケット組は本当に優秀。

 第3グループからはテレビのオンエアが始まりました。トップ選手の出番で会場の雰囲気も変わります。
 でも日本人選手がまだなので、私たちはまだリラックス気分でした。その気分を盛り上げてくれたのがアボットさん。演技前「彼は転ばなければいい演技できるのにねー」と話していたことを反省。
 アボットさんが立ち位置につくと、客席から「ゴー!アレキサンダー」という男性の掛け声が。彼のお父さんの声だそうです。私はmixiの書き込みで知りましたが、客席の皆さんもご存知だったらしく、その掛け声の後に拍手が。
 美しい音楽に合わせた滑らかな演技で、とっても魅力的でした。会場にはアボットさんのファンが多くいたようで、この瞬間を待っていた!という雰囲気。スタオベしながら泣いている人もちらほら見かけました。
 どんな高得点が出るかと思ったら、あまり伸びなかったですね。4回転が1回だけだと、この辺が上限なのかな。

 グループ最終はコフトン君。4Sが抜けてしまいましたが、まずまずの演技。気になるのが、彼は4回転を多用する割にはフリップとループをプログラムに入れてないんですよね。苦手なのかな?で、3Aを2回跳ぶけど最後のジャンプが2A。んー、もっと色んな種類のジャンプを跳ぶ方がいいような。

 いよいよ最終グループ。ドキドキ。あっという間に終わる6分間練習。羽生くんは確か、4T失敗したけど4Sを成功してたような(うろ覚え)。
 トマシュ君。ショートが良かったせいか、フリーは気負いすぎて失敗した印象。でも、誰でも体験することですよね。会場からは残念な雰囲気。期待していた人は多かった様子。人気ある選手なんですね。

 町田くんも、ショートで良かっただけにフリーはどうなるかと思ってました。そしたら、ジャンプは多少ぐらつくも、ほぼノーミスの演技。当然会場は大騒ぎでスタオベ。私たちも立って拍手してましたが。
友達「素直に喜べないんだけど…」
私「…ショートの方が良かったかな(^_^;)」
 うん、友達の気持ちも分かります。いい演技をした選手を賞賛したいけれど、ライバル選手が良演技しちゃったら羽生くんの優勝が危うくなるもんね。だからって、座ったままで拍手すらしないなんてこと出来ないし。
 私は、町田くんの点数を見てざっと計算し、羽生くんは192点なら勝てそう、と考えてました。福岡ファイナルで193点を出したから、きっと出来るはず。

 続いてハンヤン君。アクセル転倒が痛そうでした。彼はすごいスピードでジャンプを跳びにいくから、ダイナミックだけどコントロールが難しそう。痛みをこらえた感じの演技でした。

 そして羽生くんの出番。うう、きたぞ。
 4S成功、4T成功、3Fいつもの着氷。会場のボルテージ上がります。3A3Tは何とか成功、3A2Tはきれいに着氷。だんだん盛り上がっていく客席。最後のルッツも成功。すごいすごい。最後のスピンでは待ちきれずに大拍手。拍手のまま終わる演技を羽生くんで見られた、嬉し過ぎます
 客席がわーっと盛り上がる中、リンクに突っ伏した羽生くん。長い時間のように思えたけれど、後でテレビを見たら一瞬だったんですね。
 ところで、ショートでの掛け声で色んな報道されたから、客席の皆さんは気をつけている様子でした。でもお陰でマナーは良かったと思います。キスクラで点数を待つとき、点数を期待する拍手が起きました。すると羽生くんはジェスチャーで「抑えて抑えて、ハビがリンクにいるから」。すると拍手がピタッと止んだのです。日本のお客さん、すばらしか。
 点数が出ると191点台。えっ、192点以上じゃない(゜д゜)。勝てたの?でも会場の人達が喜んでいる。ええっ。あ、よく見たら1位になっている。僅差で勝てたんだ…。
 どっと疲れました

 疲れてたので、次のハビ君の演技、よく覚えてません。ごめんハビ君
 小塚くんは、出場が決まってから練習するのが大変だったんだろうな、な演技でした。会場には小塚くんファンも大勢いた様子。こちらもよく頑張ったね、なスタオベ。

 羽生くんファンにとっては、ほっとした中での表彰式。面白かったのはハビ君。羽生くんと町田くんが一緒に写真を撮っている間、彼は壁際で座り込んでいたんです。その様子がイジけているように見えて笑いをさそってました。するといつの間にかスペイン国旗を持って出てきたんです。いつの間に用意していたのか。

 全体的に、いい試合だったと思います。良演技した選手を惜しみなく讃える雰囲気がありました。日本人はジャパンコールなんかしないしね!

 良かった、良かった、と言いながら家路についたのでした。

世界フィギュア2014 男子ショートの感想

 遅ればせながら、世界フィギュア2014男子ショートの観戦日記です。

 平日の試合で子供が春休み、ということで、子連れ観戦しました。子供は9歳男子。フィギュアを生で見るのは初めてで、別に好きでも嫌いでもない様子。後半になると退屈そうにしてましたが、何とか最後まで持ちました
 でも、会場に入ると広さにびっくりしてました。テレビと実際は違うんだね、と言ってました。
 子連れで長時間観戦は無理そうなので、ペアショートとオープニングはパス。男子ショートのみ観てきました。
 世界大会だから外国人のお客さんがいるかな、と思っていたけど圧倒的に日本人女性が殆どでしたね。日本は物価が高いし、チケットも高いもんなー。

 ナム君は2番滑走。滑り出していきなり転倒しました。その後は持ち直してまずまずの出来。点数は高め。ジュニアで優勝しているから評価もいいのでしょう。
 フィリピンのカルーザ君は体の動きが美しかったです。他の選手と全然違いました。スパイラルを美しく滑れる男子ってあまりいないですよね。ブラウン君といい勝負になりそう。ただ、点数はイマイチ。最終的にフィリピンは1枠になったのかな?次回はマルティネス君と二人で出られたらいいんだけど。
 
 トイレに行って戻ってきたら、子供が「マリオを滑る人がいるよ」と。6分間練習のアナウンスで紹介されていたようです。モナコのキム・ルシーヌ選手でした。マリオは、子供がWiiで散々プレイしとります。楽しみにしていたら、ホントに聞き覚えのあるマリオの音楽が。なかなか面白いプログラムで、会場から笑いがあったしスタオベしている人もいました。
 ランク下の選手だからショート落ちしましたけどね。まさかエキシに出場するとは、夢にも思わず。
 ミーシャ君はフリーでは髪の色を変える予定、とアナウンスされていました。楽しみにしていたけれど、彼もショート落ち(T_T)。

 20番までの選手は、転倒が多く、点数も低めだった感じです。

 第5グループになると、客席はいきなり興奮気味。声援がたくさん。人気あったのはアボットさんと日本人かな。
 小塚くん頑張ってました。声援も多かった。だけど練習不足だったんだろうな、という滑りでした。仕方ないよね。
 一番すごかったのは町田くんですねー。全く文句のつけようのない、パーフェクト演技でした!こういう演技を見ると、会場に足を運んで良かったと思います。完璧演技を見たときの、客席のわーっという盛り上がりは、現地でしか味わえないです。

 すぐに第6グループの6分間練習。羽生くん出てきました!4回転は一度パンク。二度目でキレイに成功。

 第6グループは、ベルネル君が完璧演技。客席も大喜び。不調の時代が長かっただけに、待っていた人が多かったのでしょう。
 で、羽生くん。
 客席からのキャーがアイドルコンサートのようで…というのは、他で散々語り尽くされたと思うので、あまり書きません…。が、演技直前の「ゆづ愛してるー」は、かなり大きな声ですっごく目立ったんですよ。あれ言った人、フィギュア観戦が初めてだったんですかね?私だったら初めてで言えないなあ。
 4回転はすこーんと転倒。終盤のステップもいつもより元気が無かったように見えました。
 彼のショートは、最終兵器を再び出すのかどうかが注目、と思っていたけれど、私の席からは見えない位置でしたヽ(;▽;)ノ。後でテレビをみたら、最終兵器出しまくっていたんですねー。さすがだ!4回転をがっつり減点された割に点数が出たのは、そのせいだったのか、と納得(ホントに?)。

 ハビ君も良演技で高得点。ラスボスハンヤン君もまずまずの演技。
 羽生くんが3位で残念ではありましたが、なぜか安心した気持ちもありました。ずっとノーミス演技を続けられるほど、完璧な人間なんていないよね。彼はむしろショートの出来が悪い方が、フリーで巻き返すのが得意ですから。フリーはきっといい勝負になる、と期待が持てたのでした。
 
DHCオンラインショップ