こんにちはゆずぽです。吉野探訪や阿知賀にまつわる真面目気味な記事はその1の記事をご覧ください。この記事は絵もないです。


【3、くろむとの女子ゆる吉野・奈良旅】

ここからはただの日記だよ。

10月22日 朝7時くらい。前日入りしてた「くろむちゃん」と名古屋駅で待ち合わせ。相変わらず本名も知らないし携帯番号も知らない。
ゆるゆると近鉄で吉野へ向けて出発。雑談していると、くろむちゃん、長野にある温泉「りんご風呂」をえらく気に入る。数十個ものりんごが風呂にプカプカしているというシロモノ。さすが前回の熱海旅で温泉に巨大滑り台がある旅館を提案した際に即賛同してくれただけある。
りんご(物理)風呂。次は長野行きたいね。

10時くらい。吉野につく。吉野駅は小走パイセンの聖地。ロープウェイなど、そろそろ多くのスポットが見えてくる。ロープェイでは晴絵が居たあたりに座りたかったがゲットできなかった。
吉野ロープウェイ乗り場降り場は写真スポット。巡回バスがありうまく写真を撮れず、バスが移動してくれるまでうろうろする。オタク丸出しなのでは???お店の店員さんに「咲ちゃん?」と話しかけられるくろむ氏。オタバレしとる…うける♡

望晴の聖地、黒門を通る。
私「はーぁ。あたしも望が車で送ってくんないかな。」くろむ「www」
私「晴絵はロングコートにブーツの帰省スタイルだけど、望はサラっとダウンジャケットにジーンズの地元スタイルなんだよなぁ……いい……」くろむ「わかる…」

銅の鳥居。ここ来ると吉野だなあって思う。これ「かねのとりい」って読むんだって。知ってた?私初めて知った。
その後松実館。荷物預けて散策スタート。ちなみに、元従業員であった兎来栄寿さんのご厚意で宿泊予約した。
これも兎来さん本人、また、先人の咲ファンの積み重ねてきた信頼によるもの。この信頼は、次にまた聖地へ来る新規探訪者へバトンタッチしなくてはなりません。旅館でも聖地でもマナー良くね。


くろむ「ここ、のどちゃんが出てくるところだ!」(写真パシャ)
おっ。すごい。本当だ。私は「またそのうち来るし」と、基本的に晴絵と望の聖地しか把握していない。4度目の吉野マンとしては頼りなさすぎである。がんばれくろむ。
金峯山寺をちらり見る。私「ここOPで手振る~からの阿知賀メンが走るとこ。だからここ実質ハルエスポット。」ちょいちょいゆずぽ氏による実質ハルエスポット案内が展開される。(実質ハルエとは???)
そして憧ちゃん神社へ。どの季節も、一目千本スポットからの眺めは綺麗だね。絵馬を買う。尚、明日には痛絵馬になる模様。

食事は静 亭さんへ。前回は改装中だったため行けなかったけれど、ここの食事は大変おいしいので是非行きたいお店。柚子味噌は本当に好みなので、桜の無い季節の吉野の楽しみのうちのひとつである。
ファンが作った探訪ファイルを見る。便利。作ったのは ひでさんのようだ。またしてもお世話になっています…。(今回も、以前絵馬奉納イベントでいただいた地図を持参している。)
コメントを残しておいた。


image


12時30分くらい。花矢倉展望台を目指してしまった。なんと徒歩で。運行バス全然ない。坂 坂 坂。親切にもすべてがアスファルトで舗装されてるが、やっていることは登山である。閑散期なので自販機が販売していない。水分やばい。ぜんぜんゆるふわしてない。


私「あーあ。望みたいな美人がたまたま通りすがって、『乗ってく??』って言ってくれないかな。そしたらあたし、『はい♡お願いしますぅ♡』って即言う~。で、『え~♡どちらから来られたんですかぁ~♡』とか超会話する…」と、
"美人ドライバーのヒッチハイクに成功した俺"という三文芝居に耽り、坂から逃避する私。爆笑するくろむ。頑張れゆずぽ!花矢倉展望台はすぐそこだぞ。

…全然すぐそこじゃなかったよね~。
あの坂を越えたら!?みたいな坂をいくつも越えた挙句、見上げると
  [ガードレール(裏面)]  [ガードレール(表面)] ←何回つづら折りされてんねん!!!!!!
みたいな坂がそびえ立つ。絶対に許さない。

そいえば、ちょっと休むか、ってしてたところに謎の法螺貝の音と、口上が聞こえて来た。その一行は10名は超えているようだ。
くろむちゃん「近づいてきた。怖い!」←wwww
おそらく修験道体験コース的な皆さまだと思われる。くろむちゃんのビビり具合がたいそうかわいらしかったので記録に残しておく。

グーグルマップで、「あと少し」を確認し、気を強く持ちながら頑張る私たち。相変わらずの坂。地図の距離と坂は別物ということを学ぶ。
そういえば昨日までママチャリ吉野旅してた全一さんも「グーグルマップで地理表示にすると山が明らかになる」とかなんとか言ってたわ。
なるほどね~~~(坂坂坂)


そしてついに…ついに!!!到着したぞ花矢倉!!!!
image


……金峯山寺遠すぎて見えないwwwwwwwwwあっ、奥のあれか…。随分登山したな私たち。
ちょうどしとしとと小雨が降り始めたので、静かに雨宿り。この静けさよ。とても気持ちが良い。

花矢倉といえば、義経千本桜の最後の舞台。ハマりたての歌舞伎動画を再生しニヤニヤする。
義経の家来、佐藤忠信ごっこをする。
佐藤ゆず信「兄の仇を討たんと、勝負の場所は花矢倉!春爛漫の花吹雪!一目千金とは小さい喩え!一目万両!!まんん~~~りょおおおおお!!!!」
   \ ゆずぽ屋! /   \ ゆずぽ屋!/


…とある民家のガラスの引き戸に張り紙がある。「犬がとび出しますのでけっして開けないでください。」
ガラス越しに柴犬がすっごい見てくる。爆笑。これ、開けたらマジでとび出てくるやつだ…。かわいすぎ。写真でお見せできないのが本当残念。

花矢倉を越えて、その奥の吉野水分神社まで行く。ようやく自販機とかいう給水ポイントがあった。途端に元気になる私。やっぱりカフェラテで登山は無謀だった。

帰りもあの行者のみなさんとすれ違いながら下山。露子さんの石碑を見たり、視界が開けたところから金峯山寺を眺めたりした。
憧ちゃんが予告で言っていた、「奥、崖道だよ~(奥駆道だよ~~)」みたいな高尚すぎるギャグはまじで一体どなたが考えたんだろう。

やっといつもの慣れた通りへ降りてきたので、カフェで豆乳ソフトとか食べちゃう♡♡♡これだよ。これこれ。ゆるふわ感戻ってきた♡おいしいぞ♡
金峯山寺の拝観時間がぎりぎりなので慌てて向かう。境内右手に見えますのはシノハユ小5ハルちゃんのシーンで見ることができますシャンシャンですね。
で、拝観しに入ったところ、先ほどの巡礼ご一行?が「修行お疲れさまでした」みたいな行事を執り行っていた。なるほどね。

松実館へ帰宅する。ただい松実館♡
2016-10-22-16-28-47

広い♡贅沢♡
ごはん前にお風呂に行く。めっちゃ歩いたからお風呂気持ちよすぎる。
私「なんかさ、アニメ絵で阿知賀っ子とハルエが風呂入ってる絵あったじゃん。」
くろむ「あ~」
私「ここへんにハルエ座ってた?……????とりあえず全部座っておけば??????」

ハルちゃんがどこに座ったのかわからないので、とりあえず全部座っておくレジェキチの鑑。
今思えばたぶん別の合宿所だな。ニワカである。でもほら、小5ハルちゃんやロリあらたそがここのお風呂借りててもおかしくないし。

その後はごはん。めっちゃ松茸。贅沢の極み~~~~♡ごちそうさまでした!
部屋に戻ってからは個室露天付いてたから二人で足湯した。夜はやっぱ冷えるね。2016-10-23-17-31-59

その後は絵馬製作に取り掛かる。とりあえず阿知賀編のキャラソンを流す。

ところで阿知賀っこはみんな標準語だが、いざ吉野に来ると、吉野のみなさんはみんな関西の言葉を話す。
そんなわけで関西弁のハルちゃんが恋しすぎて絵馬が手につかない。(絵を描くのに飽きただけ)

ハルちゃんの声優さんをご存知ですか?めちゃくちゃ関西弁がお上手なんですよ。弱ぺダの御堂筋君ママとか。そして……

  舞-HiME-のガチ病んレズ藤乃静留

静留さん!!!!!!あーーーー好き!!!!!!!!!!!
思わずキャラソン「片恋艶花」を再生する私!!!!!!!!!
歌!!!!!!上手すぎ!!!!!!!!!

なぜ阿知賀編で晴絵のキャラソンが出なかったのか…。くろむちゃんに無理矢理聞かせながら静留さんのビブラートに打ち震える私。
そして、静なつの布教に成功する。
静留さんの完全なる狂気闇レズの圧倒的演技の前に私は毎度号泣する。静留さん強キャラ過ぎ……本当最高………。
どうやったら晴絵ちゃんは歌ってくれるんですか!!!ハルちゃん、そしてCV進藤さんに貢ぐ手段をなにか!!!!!なにか!!!!!


絵馬は完成すること無く寝た。書く文字がうかばなかったから。
アイフォンの万歩計見たら、12.8キロ歩き、55階階段を上ったらしい。うける。めっちゃぐっすり眠った。


☆翌日☆

朝起きるとくろむちゃんは朝風呂へ。私は絵馬の続きを書いてのんびりした。一人静かに窓からの朝靄のかかる山々を眺める。
無言の一人の時間はとても大事。

せっかくの山の風景なので、絵馬を奉納しに早速散歩へ。なんと憧ちゃん神社は9時からしか開いていなかった…。ので散策に切り替え。
金峯山寺から漏れ聞こえるお勤めの声を聴きながら、雲海的なものを眺める。とある僧とすれ違い、ご挨拶と今日一日の何かをお声がけいただいた。有り難い。朝はとても好きな時間。

旅館に戻り、朝ごはん。くろむちゃんめっちゃ幸せそうな顔してる。ふふ。来てよかったね。私もちゃちゃっと朝風呂へ。私一人だった。露天風呂では地酒やたがらすが飲み放題。少しだけ汲んで、日本酒の香りを楽しんだ。静かな吉野の朝。贅沢の極み。

化粧をし終えてチェックアウト。とはいえ絵馬を奉納したいので、重い荷物は置かせてもらう。いわゆる咲部屋。
どうやらお子さんや友達が遊んで行ったようで、手前の子供エリアと奥の咲エリアが混ざっていた。
エトペンはおもちゃに紛れているし、おもちゃのおうちの前には穏憧フィギュアが並んでいて、間違いなく咲グッズで遊んだ形跡がある。 笑

とってもかわいらしい。おかみさんは「咲ちゃんのほうはあかんて何度も言ってるのに~~」と怒ったり慌てたりして直していたけれど、子供とはそんなものではないかなぁとあったかい気持ちになった。
そもそも、松実姉妹もあらたそも、幼い日に麻雀卓を囲んでいたのだから、咲部屋が子供たちの部屋というのはまさしくリアル松実館なんじゃないかなぁと思ったりして。
歴史ある……少し懐かしさを感じる部屋はとても松実館らしくて、露子さんと幼いハルちゃんに思いを馳せるのでした。

さようなら吉野山。



さて奈良観光へ。まずはずっと行きたかった、六田駅のラペッシュへ。
洋菓子屋さんです。いつの間にか食べログの点数もえぐいことになっている。念のため、開店を確認したく電話するのに全然つながらない。キャリーを引いての移動は結構しんどい。
無事開店しているものの行列もえぐい。どおりで電話繋がらないよね。でも念願のモンブランをゲットした…!あとタルトとパンも買った。満足。
こうしてやれやれと電車に乗ると、例の阿知賀「いがみ権太の墓」を発見するくだりとなるのであった。
奈良公園まで乗車時間があるので、くろむちゃんには義経千本桜について話を聞いてもらった。オタクだもんで、好きなものには饒舌になるよ。ごめんね。

こうしてついた奈良公園。
「鹿 どこ」とか検索してたら普通に道路を横切っていく鹿がいた。そしてなんと中央分離帯の草をもぐもぐしている。大物だ。
鹿を眺めながらモンブラン食べた。すごい。めちゃくちゃおいしい。レベル高い。パンもタルトもめちゃくちゃおいしい。

そのあとは鹿パイセンを愛でる旅に。きゃわゆうい!

image


柴犬みたいな触り心地。若い子ほど柔らかい。


鹿せんべいをゲットして鹿パイセンに差し上げる。
ポケモンGOでいうところのルアーモジュールなので、使いどころを間違えると10匹を超す鹿に取り囲まれるので注意が必要。やたら1匹がついてきた。
くろむ「ゆずぽ氏、鹿を従えてるwww」
お供ポケモンかな?
尚自分は何度も突進されたりズリズリされたのでコートによだれ??がついて汚れた。ウェットティッシュを道で配っており助かった。
尚、帰宅した後、母に言ったら「護神鹿(ごしんろく)さんのだねぇ~ふふふ」と全然気にしていない様子だった。なるほど。尊いよだれだったか。許した。

奈良公園はとても楽しかった。良い頃合いなので帰宅することに。京都へ出て新幹線で帰るのが早いみたい。
京都駅では辻利でほうじ茶ソフトを食べる。ふんわり香ばしい……

私は途中下車し、さようなら!こうして吉野、奈良旅は終了。とっても楽しかったね。
くろむちゃんいつもありがとう☆お読みいただいた方もどうもありがとう!

 
 2016.10.22~2016.10.23 ☆ゆずぽ☆