こんにちは。ゆずぽです。コミケお疲れさまでした。すごく寒かったですね!体調を崩された方、お大事にしてください!


相変わらず「きみにワルツ」をリピートして聴いてるんですけど、「どんな高級な道より 君と歩く砂利道」………わたしも、ふかふかなお姫様椅子よりも、みんなに会えるコミケのパイプ椅子のほうが大好きです♡

コミケって地方民からしたら安い出費じゃないですよね。でも、友達に会ったり、嬉しそうな人・楽しそうな人を見てるだけで幸せになれるから、つい来たくなります。ぜひまた遊んでください!


一日経って、今日は自宅で戦利品を読んでのんびりしていました。どれも素晴らしい出来に、唸るばかりです。執筆者の皆様ありがとうございました。

個人的に、アンチヘリックスさんのコピー本(しのちゃんとゆえちゃんが表紙のやつ!)で読ませて貰った「曖奈ちゃんのバリタチ レズの可能性」に、新しいレズのレシピをいただいた気分で、悶えています……!


自分の中のバリタチさんは、

☆イケメン(ex.加治木先輩?、ガイトさん)
☆男にモテる普通に可愛いタイプだけどガチレズ バリタチ(石戸家、慕ちゃん)
☆自分の女性的な魅力も遠慮なくレズにステータスを振る(佐藤アナ!!!!!!!!)

あとは、☆母性本能をくすぐるタイプ♡(良子、穏乃)とか、☆最強のコミュ強 殿堂入り熊倉トシ!を考えがちなんですけど、

タレ目で色っぽい唇で、ひょっとして「ぽっちゃりかも?」な雰囲気すらある曖奈ちゃん……が…タチ…。なるほど…!なるほど……!!!(とてもアリですね顔)
距離の詰め方が、すごい レズでゾクゾクしました。



話しは変わって。
昨日今日と、いろんな事を通して思ったんですけど、「何かを生み出す」人に、きちんと敬意を払いたいなって思いました。
私の周りは同人誌やSS、イラストなど、「何かを生み出す」友達が多いです。みんな優しいし、仲良くしてくれるからつい疎かになってしまうけど、何かを生み出すって本当にすごいことですよね……。私にはとてもできません。多分、「完遂する情熱」が足りないんです。(その代わり、あらゆる妄想があれこれ止まらないのが取り柄かな♡)


作品や情報、意見を発信する人がいたら、私はそれを「すごい!」って受け止めて楽しんで、できれば「見せてくれてありがとう!」を投げ返せたら良いなぁって思いました。

実際にそれを全員に行うのは困難なんだけどw、何かを発信している人に対して、「すごい!」「ありがとう!」「良かった!」って感謝とエールの気持ちが、せめて、届いたら良いなぁ……

自分とは好みが違う作品があったとして、私は買わなかったとして、でも、その作品と、その作品を作った人を否定したくないなって思っています。
いろんな作品や解釈があったほうが、咲の世界が多様性と可能性に溢れてるって証拠だと思うから、出会えると「なるほど、こんな作品が!」嬉しくなります。いろんな色やバリエーションがあったほうが、キラキラしてると思う。(←何様だよ〜〜 って感じだけど、わたし個人の意見なので許して…… ><)


あと、友達と実写咲の話も沢山しました。前回のブログで「実写咲の受け止め方」(☆実写咲☆オリジナル要素の受け止め方☆ : ユズポニッキ http://blog.livedoor.jp/yuzuponikki/archives/1063408781.html)について書いた結果、友達に会った瞬間

「ブログ読んだ!自分はハッキリ言って実写咲について…(伏せ)…だけど、ブログ読んで納得してスッキリした!ゆずぽとは〝良いケンカ〟が出来そう!」

って言ってくれてすごく嬉しかった!!

わたしは平和主義だからケンカしたくないけどw、
ただ〝感情論で闇雲にケンカ〟するのではなくて、〝意見や好みの違いを冷静に話せる〟ってすごく大切なことだよね。それに「苦手なものは苦手」ってちゃんと言ってくれるって案外嬉しいことなんだな〜って思いました。ちゃんと友達になれた気がするじゃん!笑


好みが全部一致なんてありえない。
そのズレが、楽しい。
だから、あなたの「自分はこれが好き!!」をたくさん、 見せて 聞かせて もらいたいです。

そんなかんじでー!皆様今年もお世話になりました♡来年もよろしくお願いします!良いお年を〜!


可愛い十曽ちゃんと明星ちゃんいっぱい見れて嬉しかった。実写4話の感想もいずれ♡
ゆずぽ☆2016.12.31
image