こんにちは~ ゆずぽです。咲阿知賀編第2話!

実写版は、キャラクターの芯や動機が分かりやすくなっていますね。すごい。

今回は、鷺森灼と、いつも通り赤土晴絵についてぼちぼち書いていこうと思います。
全キャラにコメントするのは長野編の時に意識的にやったけど、今やもう視聴者がたくさんいて、それぞれに指摘するから良いんじゃないかなぁと思っている(うれしいなぁ)ので、マイペースに自分の好きなことだけ書いていこうと思います。
(しずもあこもくろちゃんも宥ねえも初瀬も本当みんな好きだよ。)


ちなみに2話で一番笑ったのは、女子高生晴絵の「洗濯よろしくな!」の回想から復帰した瞬間、「洗濯ありがとう!」とぶっこんで来たことです。(そんなこと言われたらオタクはネクタイを泣く泣く洗うしか無いし、ハルちゃんの使用済みネクタイをずっと保管しているヤバイあらたその路線は実写世界で暗に取り消されたの笑う。)
image
りこたそ あらたそ かわいいたそ~
【2話から思う鷺森灼像】
今回もごく個人的な感想。なので、灼とキャストさんが好きな方には不快にさせる記事かと思います、ご注意です。

個人的に、
・鷺森灼の指針がはっきりした。
から良かったです。

自分は鷺森灼ガチ勢ではなく、そこそこ好き勢です。
何度も あらたそ絵を描きました。(過去ログ参照)
でも、何回挑戦しても、どうしてもマンガや小説を書けなかった。何回構想を練っても練ってもあらたそを動かせない。理由は、自分は「鷺森灼」を解釈し切れていなかったからです。

鷺森灼は、「寡黙がち」「ズバッと言う」「服とか こだわり派」とか、外郭は浮かぶんだけど、
「どうしてその行動をとったのか」「何を考えているのか」の内側の核が私にはつかみ取ることが出来ず、未消化でいました。

その大きい理由が、ハルちゃんを「憧れる」「カッコいい」「慕う」「好き」……これらの感情が、恋愛として好きなのか、人間として好きなのか、その"比率"が私には読み取れなかったから。

アニメでも、あらたそが露骨に頬を染めるとか、そういう描写もあるんだけど、灼が恋愛として晴絵目当てで動いていると処理するには、自分的には描写が足りない。鷺森灼がどうしてそのように行動しているのかが断言できない。「あらたそって、こうだよね。」が私は言うことができなかった。


ずっとそういう燻りを持っていたので、私は灼ガチ勢にはなれずにいたし、創作も妄想も中途半端だった。(妄想に中途半端とかあるのかはさておき。)



で、実写の鷺森灼。
まず雑談から言うと、

「あらたそ おっきいやんけ ボケ、解釈違いじゃ!!!!は~~~~~~~もう無理、This is 解釈違い~~~~~~~~ブログで取り上げなかったらみんな察してぇぇぇぇぇぇ~~~~~~は~~~~~~!!!!!!(ただしキャストに罪はない。かわいい。)」

って思ってたし、実写鷺森開口10秒で「ちゃうわ」
って思ってたんだけど、
わりとすぐ、「いや、これ三次元の鷺森灼だな……」って思いました。


「愛想よくない」「キラキラ女子に迎合するタイプじゃない。」っていう中身は、なんとなく自分の鷺森灼像と一致してたからです。

二次元のあらたそは、とっても小さくて、あぐり先生の絵がキュートだから緩和されてるけど、性格でいうと結構……尖ってる……と個人的には思っているからです。以下説明。

《愛想》
漫画でも、久々に鷺森レーンに来た玄に直球で「冷やかし?」とか「メリット少ない」言っちゃうし、「わずらわし」とかもズバァっと言っちゃう。
「女子のなかよしの輪」に入るには、正直すぎて、かなり、尖ってる……ように思う……

《迎合しない》
見た目からも分かるんだけど、女子の輪に合わせたりしない。
特に服。制服について、実写を見て確信を深めたんだけど、モブキャラ含め、まわりみんながカーディガンを着てる中、あえて半袖だけをチョイスしてるの結構尖ってると思う。

なんで女子がカーデ着てるのか、よく男性に聞かれるんだけど、まず夏の実用的な理由からすると、「日焼け対策」「冷房の寒さ対策」がまずある。

それ以外には、「制服で、かわいい女子高生をエンジョイしたいから」とかがある。自分の個性を出すため、好きな色を着たり、萌え袖で媚びたり、制服アレンジはいわば自分の魅力の強化アイテム。
カーディガンっていう武器を放棄しちゃうんだあって思った。(あと、無用に半袖でいるとダサくね?暑がりか??デブかよwみたいな嘲笑すらあったわ、咲世界はそんなことないと思うけど。)


そして、「古い制服をゲットして着てる」人は、結構な確率で「レアだから」「制服のアレンジが効くから」「仲良しの先輩にコネがあるってイケてるっしょ」みたいな、「自分の魅力を上げるための」感覚で着てるイメージ。(高校時の体験による偏見)

実写の松実玄が発言してるんだけど、「灼ちゃんはいつもそのスタイルなんだよねぇ。」


なんとなく、灼の場合、キラキラしてる女子の目的とは違う気がする。たぶん、実写の世界の鷺森灼も、「自分を魅せるために着てる」んじゃなくて、「自分が着たいから着てる」タイプの人間。(旧式制服はハルエリスペクトなのかは分からないけれど…)私服も個性的だし。
好きなことは譲らないけど、そうでないことに時間や愛想を振りまくのは生き様に反する。そんな感じの人物に推測できた。

(古い制服については、かなり捏造と妄想と偏見が入ってる。)


いずれにせよ、たぶん、鷺森は、多感な年ごろの女子の輪の中では……浮きやすい……のではないかな。だから、玄もクラスメイトだろうがなんとなく疎遠になったのではないかなと推測。


自分の中の鷺森灼像は、「自分の決めたこと、好きなことには、意固地でまっすぐ。」(裏を返せばそれ以外は省エネ?)なキャラクター。
晴絵の新情報に驚き思わず「あの」阿知賀女子麻雀部に名前だけ貸した。貸してしまった以上全く顔を出さないわけじゃないけど、必要以上に卓で練習したくはない。
実写を受けて、灼のイメージが浮かんでくる。(あくまで私の考えです。)


そういうのがじわじわ伝わってくるなかでの、晴絵とのシーン。まず漫画版から。
image


実写版のセリフがこちら。
「ハルちゃんの"麻雀"が、大好きです。本当に本当にカッコよかったです。ずっとずっと、応援しています。」


麻雀、が足されていたことで、「灼は恋愛として晴絵に憧れている」印象が小さくなった。「麻雀」柄があしらわれた「ハルちゃんばこ」を「ずっと」大切にしていることからも、「ずっと」応援していたい気持ちが本当にあったんだと思う。子どもと慣れ合って麻雀をする姿ならば見なくないほどに。(ちょっと頑固かもしれないけど、それだけガチなんだと思う。)

image

(カタツムリ!ちなみにハルエの誕生日は6月で、吉野山にはたくさんのアジサイが咲いている。カタツムリもいっぱいいると思われる。)


その後、阿知賀の教室で再開を果たしてからの、

晴絵「わたしも連れてってくれないかな…インターハイ。」
灼「……なんで今更インターハイなんですか。それよりも自分自身で打ってほしいです!」

のくだり。このあたりは一切台詞の変更がなく、相変わらずあらたそは結構言葉が鋭い。しかも口調が強くてキツイ。でもこれまでの実写版省エネあらたそを見てきたからこそ、これこそが本心で言っているんだって分かる。


あぁ。あらたそは、「麻雀をする晴絵」「強くて凛とした晴絵」が本当に好きなんだ。って思った。


灼「その根拠のない希望のために(インターハイ行きたいんだ)」 に応じる、実写ハルちゃんも良かった。

晴絵「うん。」

即答。

もしこれが、晴絵の単なる再就職先探しなら、真剣な灼を前に、思わず言い淀んだっておかしくなかった。

でも晴絵は即答した。
それは、赤土晴絵が、10年に渡って「あの時の記憶」を抱えている上、「麻雀と向き合えていない自分」についても考えていて、どうしたらよいのか道が見つからないまま暗闇の中を歩いていたところ、こうしてこの阿知賀で穏乃や灼達に出会い、自分で決めたこと。


この即答良かった……。
あの時の記憶から逃げるのではなくて、もう一度向かい合う。
晴絵自身が、「この選択は、(一見寄り道に見えるかもしれないけど、)麻雀ともう一度向かい合うためには、必要なんじゃないか。」って思ったのではないか。


灼も、「コーチや監督としての晴絵」は、自分が幼い頃から大好きだった「麻雀をする晴絵」ではないけれど、もう一度その姿が見れるなら、その手助けができるなら。

灼「なら私も行く。インターハイへ。」
灼「ハルちゃんをインハイへ連れていく。」



う~ん……すっきりした……。

灼は、こだわりが強く、意思も強く、実行するためには周りがどう言おうが気にしない強さを持っている。
レジェンドガチ勢、オタクの鑑こと鷺森灼………。

なるほどね……。そんなあらたそもアリよね……。相変わらず捏造を重ねたそんな視点から、私ももう一度 阿知賀編に向かい合おうと思いました。




玄がずっと掃除していた教室へ穏乃たちが入室した時、晴絵が加入した時、みんなの阿知賀の時間がもう一度進みだすときに、教室の時計の音が「カチッ コチッ」と響くのが本当に大好き。

OPのイントロでも時計の音が鳴り響く。
ここから、はじまる。あたらしい ストーリー。

ゆずぽ☆2017.12.14