おはようございます、天霧オメガことまがとろです!

今日は僕が所属している音ゲーサークル「B4UT」内のイベント『B4UT Advent Calendar 2016(https://www51.atwiki.jp/beat4ut/sp/pages/150.html)』のための記事を書きます!なので少しだけ頑張った記事を書きます(とはいえこれがこのブログ初めての活動になるが)

今回のテーマはズバリ「スコアタに参加してみよう!」これに決まりです。

スコアタにはたくさんのメリット・デメリットがあるということに最近気づきました。なのでそれぞれのメリット・デメリットを少しあげてみようかと。メリット・デメリットを把握してスコアタに少しでも参加してみようかな?となればこっちのもんです。
僕のスコアタに限らず、ほかの素晴らしい方が開催しているスコアタ(もちろんB4UTのIRも含むよ!)にも大きく関わると思うので、ぜひ最後までお付き合い下さい!
デメリットについては僕なりの対処というか考えも書いてみるので、少しでも参考になると嬉しいです!
また、主観10割の記事ですので見苦しい表現が割と多いかと思いますが、その点はご了承ください…


そういえばスコアアタックのことを「スコアタ」とか「IR(Internet Ranking)」とかってよく呼ばれてますが、多分正確な意味の違いはないと思います。一応指摘(前にIRってなぁに?って質問されたことあるので補足)


メリット!

○自分のレベルがわかる
最大のメリットだと思います!参加者が多いスコアタであるほどそれだけたくさんのレベルの人が集います。そういうスコアタに参加することで自分のレベルが(おおまかではあるが)客観的にわかります!特に負けず嫌いな人ならより効果はあると思います!

○スコアタを通じて交流の幅が広がる
スコアタの結果を見て「この人めっちゃうめー!」とか「この人すごい地力近いぞ!」って人を見つけるとその人にコンタクトをとることで新たな目標が見つかることでしょう。実際僕のスコアタでスコアタから関係繋がった方々も見かけるので、これは大きなメリットであると考えました!

○地力向上
課題曲を納得がいくまでプレーすることは地力向上に繋がります!特に自分が限界であろうと思っていたスコアを抜かした時が一番地力向上に繋がっていると思います!たくさんの譜面を触ることも地力向上の手段の一つですが、一つの曲を思う存分詰めることでその譜面に詰まったたくさんの要素を吸収することが出来るため地力を伸ばすことにも繋がります!


デメリット…

○時間がかかる
課題曲を詰める分、それだけ課題曲に時間を奪われてしまいます。こればっかりは避けようがない。特に自己ベストを超えられなかったりなど満足ができないスコアしか出なかったときは辛いですよね…
僕的にはプラスに捉えて「今伸びなかったけど真面目に詰めたぶんだけ他に還元されるはず!」とか「今ダメだったけど今度やれば変わるかもしれない!」って考えるといい感じになると思います。気の持ちよう?

○癖がつく
基本スコアタの課題って1~2曲だと思います。スコアタの課題を詰めるぞ!ってなると課題曲を連奏することになりそうです。しかし連奏すると 癖 がついてしまうことも…
対策としては、ボルテとかjubeatのようなゲームは「癖かも?」と思ったところは譜面を動画なり譜面サイトなりで確認する、弐寺のようなゲームはオプションを変えたりするだけでも変わると思います!これが上手く行けば癖だと思ったところが逆に得意になる…なんてこともよくあります!

ぱっと思いつくメリット・デメリットだけでもこんくらいあります、ここにあげた中でも自分のレベルが客観的にわかるってのは本当に大きいメリットだと思います!


スコアタって参加するのがすごくハードル高いと思うんです。でもそういう方にこそスコアタへ積極的に参加してもらいたいなあって僕は考えます。単曲を詰めることの楽しさを知れるはずだし、自分のレベルがわかるとこれからやらなきゃいけないこともみえてくるので地力も上がります!さらに仲いい人や地力近い人と一緒に同じスコアタに参加すればなおさら張合いが出て楽しいスコアタになります!


ここまで読んでいただき本当にありがとうございます、少しでも「おっ、スコアタやってみよーかなー!」なんて気持ちができたのなら僕の記事は大成功です!よければ感想なんかもブログのコメント、Twitterのリプライでも受け取るのでお気軽に!

個人的な話になりますが、現在スコアタを僕の方でも開いているので、是非是非参加お待ちしてます!