ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2011年07月

『 ヒーリングビラ印西 』へ!

先週に続き、今週は千葉の『ヒーリングビラ印西』と言う日帰り温泉
施設に出かけた。

京成の高砂駅から北総線で三十数分という立地なのだが、成田空港の

手前なので遠くまで来たなと感じる!

『印西牧の原駅』で降りると南北両側共巨大なモールが連なっていて
、住宅はほとんど見えない。


その北側にある『牧の原MONO』と言うモールのいちばん駅寄りにお目当
ての施設はあり、なかなか高級な印象を受けた。
IMG_7043_R

全体がアジアンテイストで統一され、露天風呂の廻りはシュロやバナナの木
などが配され、館内着もタイ風?で異国情緒たっぷり!

窓が広く明るい内湯
IMG_7045_R

アジアンテイストの露天風呂
IMG_7048_R

良くある一人用のカメ風呂(入ると水がドッと溢れ気持ちが良い!)
IMG_7046_R


沢山の露天風呂や、巨大なサウナ(階段状に座るのではなく、大広間に
寝て過ごすというタイプ)、その他足湯まである。

夏に有りがたいのは、小さいながらも泳げる屋外温水プールもあり、
色々楽しめました。
IMG_7054_R


日曜日なので沢山の来場者がいましたが館内が広い為か、それほどの
混雑感も無く、ゆったりとくつろぐ事ができます。

ビュッフェレストランも畳ではなく、椅子式はありがたい。

その他エステや睡眠室ももちろんありました。

城南住まいの私から見るとちょっと遠いですが、一味違った雰囲気が味わえ、
お勧めなスパと思いました。

外へ出ると駅の反対側には大きな観覧車があるモールが続いていて買い物も楽しめます。
IMG_7058_R






瀬田温泉『山河の湯』へ!

暑い日曜日、涼しい所はデパートか図書館!
家内は玉川高島屋のバーゲンへ!

そんな所に付き合わされてはたまらないので、午後から車で一緒に
出る事は出たが家内を二子玉川で下ろして、私は瀬田温泉『山河の湯』
へ行く事にする。


ここは、昔は国道246号に面した会員制スポーツジムであったが、
途中から温泉を掘って、日帰り温泉施設も併設しているのだ!

ここに決めた理由は、裸ゾーンとは別に屋外のケヤキ林に囲まれた
水着ゾーンがあり、木陰での涼みに期待したからだ。


まずは裸ゾーン!茶褐色の塩分を含んだ湯だ!

IMG_7041_R

IMG_7040_R

 

木製デッキに囲まれたプールのような水着ゾーンはケヤキ林が日陰を作り、
座っていても汗をかかない!

IMG_7028_R

木陰の休憩ゾーンもあり、樹林を抜ける風が心地よい。
IMG_7036_R

見上げると、青い空とケヤキの緑が美しい!
IMG_7038_R


少し離れた南側の斜面際にも風呂があり、そこへ向かう為の木製
の小径は風の通り道となっていて一番涼しいスポットだった。
IMG_7035_R_R


斜面の際にある日光浴ゾーン!川崎方面や、高島屋の看板も見える。
IMG_7031_R

IMG_7032_R

最後に併設されたレストランでかき氷をいただき、お腹を冷やす!
IMG_7042_R

車だと湯あがりビールが飲めないのが悲しいが、仕方無い!




 

平塚七夕とヒルトン小田原!

梅雨明けの翌10日、平塚の七夕祭り見物に出かけた。

暑いので、七夕見物前にプールで泳げる良い場所は無いか?

思案の挙句、未訪問の『ヒルトン小田原スパ&リゾート』にバーデと
プール施設がある事が判明した。

東海道線の小田原から2つ目『根府川駅』は無人だが、到着すると既
に無料の送迎バスが来ていて、ここから山道を5分ほど登った高台に
ヒルトン小田原はあった。
01根府川駅


平成バブルの頃に労働省の外郭団体が建てたが赤字続きで売却を余儀なく
され、小田原市が安価で購入!ヒルトンに運営を委託している施設だという。
02大きなホテル

海を見下ろす前庭にはガラス張りのチャペルがある。
03チャペル

立派なロビー
05ロビー


前置きはともかく、素晴らしいロケーションに紺碧の空!外は暑いが日陰
に入れば、海風が涼しい。

バーデ施設は3つの大きな歩行浴槽と25mプールその他色々ある。
06バーデ

しかも、そのガラス張りの建物は大きく、リクライニングのプールサイド
シートに寝ながら、遠く箱根の外輪山を眺められる癒しのスポットであった。

ホテル本館に移動すれば、高級ホテルのビュッフェランチが食べられる。

バーデ施設の日帰り利用は、今回特別にビュッフェランチが付いて3500円??
と非常にお得なお値段でありました!

ビュッフェランチだけ食べに来れば、休日は3,850円なのに何故?
理由は聞かなかったが、得した気分に!

夕方までプールサイドで涼んで、平塚へ移動し七夕見物へ!

帰りの根府川駅ホーム。ホームの向こうは相模湾で伊豆大島も望める。
07駅の向こうは海



日曜日と重なり、平塚駅周辺は大混雑なるも、メイン通りは歩行者天国の左側
通行で整然と流れていた。

震災復興と書かれた巨大な竹飾りが多かったが、節電の為19時終了で、いつも
の電飾は無いらしい。
08平塚七夕祭り

09七夕飾り

10七夕飾り



混雑を逃れ、タクシーで大磯へ移動し夕食。

地元の友人に、住宅地にある隠れ家レストランを紹介して戴いたが、
メニューも豊富で、価格が東京では考えられない程のリーズナブルさ!

住宅街にポツリと建つ『ビストロノーブル』
13ビストロノーブル


ほろ酔い加減で大磯駅から東海道線東京行きに乗りこんだ!






バンドデビュー



いつかはデビューしてみたいね!と言いながら、2年近く練習を続けていた
私の参加するオヤジバンドがようやくデビューを果たしました。


会場は都内にある有料老人ホーム。


『老人ホームは演奏を聞いている人が少ないし、拍手も声援も無いから初デビュー
でも比較的気楽にできるよ。』と聞いて選んだのだが、経験豊富なバンドの先生から
『初デビューは上がるよ!』『頭の中が真っ白になるよ!』と脅かされた。


『歌詞を飛ばしたら!途中でつかえたらどうしよう!』とずいぶん心配もした。


そしていよいよ当日を迎えた。


楽器、マイク、アンプ、スピーカー、譜面台を運び込み、会場にセットする手順は
初回とは思えないほどうまく行った。

 

続々と集まる観客である入居者の皆さんはおよそ50人。結構お元気なお年寄りも
多そうだ。

IMG_6858


そしてついに施設長さんの紹介で、初舞台がスタート。


我々のバンドはハワイアンとカントリーウエスタンの両方のジャンルを歌う変な
バンドなのだ。


歌は『アロハ~!』の掛け声と共にハワイアンの『小さな竹の橋の下』から
スタートした。


フラガールが最前列で踊りだすと、入居者の皆さんが身を乗り出して見ているのが判る。

IMG_6877

今回訪問の施設は比較的新しいため、我々のようなバンドの慰問は始めてで、
入居者の皆さんにも新鮮に思われた事が我々にとってもラッキーだった。


観客の反応は少ないよと言われていたのに、1曲終わる毎に盛大な拍手を戴いた!


カントリーウエスタンのナンバーに移り、フラガールはカントリーダンスに
変わっていく。

IMG_6958

最後の『ユア・マイ・サンシャイン』では観客全員の手拍子で会場が一体化
すると言う予想外の事態に!

IMG_6960

最後の曲が終了すると施設長さんからアンコールのお声を戴き、
『聖者の行進』を演奏!


全て無事終了!と思ったら、興奮ぎみの男性入居者さんから
『ユア・マイ・サンシャインをもう一度聞きたい!』とお声が
掛り、再演奏して幕を閉じた。

 

最後にご高齢の入居者の皆様から花束まで戴き、こちらも感激!

IMG_7002


大きな失敗も無く、バンドの一同皆満足感を抱いて施設を後にした。




記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ