ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2011年12月

紅白歌合戦を聞きながら!

2011年という大変な年が終わろうとしている。

今、紅白歌合戦を聞きながら、今年最後の日記を綴っています。
昨日まで仕事をし、今日からお正月休みとなったが、大晦日でも働いている人も沢山いる。

そんな人を思いながらも、午前中に買い物、庭掃除、車の清掃を済ませて午後から出来た時間を利用してJR大井町駅前にできたスーパー銭湯に出かけた。
IMG_8185

気になっていた1100室あると言う駅前の巨大ホテルに隣接した『おふろの王様』である。
昨日までここは温泉と思っていたが、調べてみたらスーパー銭湯で温泉ではなかった。(-_-;)
IMG_8186

館内に入って驚いたが、ものすごい混雑。日本人の風呂好きが大晦日に銭湯へ向かわせるのだろうか?

それでもかなり大きな施設の為、脱衣所、洗い場、風呂に空きスペースはあったが、イモ洗い状態とはこういう状態の事を言うのだろう!

そして気になっていた超音波を利用し?超微細な泡が生成する人工白濁湯に入浴をした。
img_push02_on

硫黄の香りは無いが、まさに白濁の湯であった。

風呂からあがると、廊下の隅で『フィッシュセラピー』と言うのをやっていた。
水槽に足を入れると、皮膚の角質を吸いついて食べるという魚が足に沢山着いていた!
IMG_8188

くすぐったいらしい!

今TVでは郷ひろみが歌いだしましたね!
今年も沢山のご訪問をありがとうございました。

来年こそ良い年であって欲しいと思います。




温泉愛好家の忘年会

23日は今年新人として加入させて戴いた、埼玉県北部を中心としたメンバーで構成する温泉愛好会の忘年会でした。

温泉オタクである老若男女が集うとても楽しい忘年会!

場所は高崎の日帰り温泉施設『さくらの湯』で、住宅と商店が連なる町の中にありました。
01入口_R

02玄関_R


http://www.sakuraonsen.jp/

お風呂は汲み上げの内湯のみですが、100%かけ流しとか!
031階浴室_R

なぜ埼玉・群馬の温泉を知り尽くした温泉オタクがこの施設を選んだか?と言うと、休憩室での料理・お酒の持ち込みが全てOK、時間制限無し、という点が最大の理由です。

また、世話好きの幹事さんが、全て手作り料理やお酒を用意持参して下さり、入館券とお酒・料理込みで一人1,000円という格安料金で楽しい忘年会が出来ました。
06宴会前_R

趣味人のオフ会同様に『温泉』というキーワードで繋がった12名(私にとっては半数が初対面)で、年の差を超えての楽しい語らいは時を忘れ、何と昼の12時から夜6時まで延々と続いたのでした。

途中で風呂に入りに行くもよし、昼寝をするも良し!

日帰り温泉の楽しみ方を知り尽くした温泉ツウの皆さんとご一緒出来た忘年会でした。



花の銀座で忘年会

もう師走も後半というのに、花の銀座で忘年会がありました。

久しぶりに夜の銀座を歩きましたが、やはり綺麗ですね。
数寄屋橋交差点はネオンで明るい!
01数寄屋橋交差点


こちらはソニービルの電飾ツリー。ソニービルにしてはチョッtト華やかさに欠けますね!
02ソニービル

並木通りに入ると、車は多いですが、人通りが少ない。
やはり不景気なのでしょうか?
03並木通り

忘年会の帰りに新橋まで歩くと、8丁目あたりはさすがに賑やか!
お客様の見送りに出てくる銀座のお姉さん達を見ると、やはり綺麗ですね。(通りすぎたでけですハイ。)(~_~;)


目的はカレッタ汐留B2のイルミネーションです。
BLUE   FOREST と銘打った広場での電飾です。
04汐留

05汐留

カメラを構えていたら、前にいたカップルがいきなりブシュ!(~_~;)
撮ろうと思って撮ったのではなく、勝手に撮れてしまった感じ!
06汐留

ほぼ30分おきにト高嶋ちさ子さんのバイオリン演奏に乗ってイルミネーションが華麗な点滅・色変をし、最後には雪が降ってきます。
07汐留

今年初めて見た本格的イルミネーションでした。

那須・塩原ゆめぐり旅

毎年恒例となった那須・塩原へ今年も行ってきました。

冬将軍の到来により那須では小雪がパラつく中、2度目の北温泉を訪ねました。
01北温泉分岐_R

前回の2009年12月より雪は少ないです。
07玄関前_R

宿の前に有る温泉プール!手を入れたら温かく入れそうでしたが、さすがに止めておきました。
06建物前のプール_R

最初に向かったのは『天狗の湯』。
大量に源泉が掛け流されていて最高に気持ち良く、何度も訪れたくなります。
08天狗の湯_R

しかし、何処か変! 天狗の迫力が感じられません。2009年の写真(下)と比べたら天狗の面が小さくなっていました。大量の湯気で天狗も傷むのでしょうね!
天狗2009年

次に向かった露天風呂では何と男風呂が清掃中! 誰も居ないので女湯に入って良いと従業員に言われて、女性用の露天風呂を使用させて戴きました。(^_^;) 渓流沿いにあり、雪見風呂が楽しめました。
13露天風呂_R

こちらはプール脇にある内湯の湯小屋。秘湯ムードが漂います。
18プール前の湯小屋_R

玄関に有る薪ストーブ前はネコちゃんの特等席!
21薪ストーブ前のネコ_R

それもそのはず、外気温度はマイナス1度でした。
23外気温は-1度_R

那須湯本まで下って、昼食は青木屋さんの『蕎麦がゆ付き手打ちせいろ』を戴きました。
29蕎麦粒かゆ付きセイロ_R

小1時間程車を走らせ、向かった先は塩原元湯にある『えびすや』です。ここには塩原最古の湯として知られる『梶原の湯』があるからです。小さめの内湯にには硫黄泉が溢れていましたが、人気の湯ゆえに数人の同好者が居たため写真は撮れませんでした。
30塩原元湯のえびすや_R

新湯へ向け再び山道を登ります。雪道ドライブは楽しい!
32新湯へ登る_R

やって来たのは日本秘湯を守る会の宿『渓雲閣』
35渓雲閣_R

上階の展望風呂(濁り湯)から、雪景色が見えます。
36渓雲閣の展望風呂_R

最後に『塩原温泉湯めぐり手形』を使用して訪れたのは巨大ホテル『ニュー塩原』です。
箒川を挟んで両側のホテルを結ぶ『虹の架け橋』を渡ります。
38虹の架け橋_R

虹の架け橋から見た塩原温泉街の眺め!
39架け橋からの眺め_R


内湯の湯泉峡(男湯)からは対岸にある同じホテルの客室が丸見えです。グリーンの橋が虹の架け橋!
37ホテルニュー塩原_R

全長60メートル日本一長い足湯は円形。湯っ歩の里! 200円なのに何故か入る気がしませんでした。

44湯つ歩の里60m_R

最後に立ち寄った『天皇の間記念公園』。塩原にあった御用邸の建物を移築したそうです。
45天皇の間記念公園_R

夕方5時過ぎ、真っ暗になった那須塩原駅でレンタカーを返し、今日の湯めぐり旅は終了しました。

源氏物語 千年の謎

久しぶりに映画を見てきました。

『源氏物語千年の謎』です。

解説には遥かなる時を超え、今、『源氏物語』誕生の秘密が解き明かされる!
とあるように、源氏物語が作られた背景が物語の最初に出てきます。

源氏物語には本来作者の紫式部自身は登場しないはずですが、ここでは紫式部本人が登場します。(中谷美紀)
002


すなわち、藤原道長(東山紀之)は自分の地位向上の為、自分の娘が帝の寵愛を受けてその子供を産ませる為に、娘の女房役である紫式部に宮中で誰もが夢中になるような物語を書くよう命じると言うのです。

源氏物語の誕生のきっかけはそうだったのか!といかにも思わせる内容ですが、真実は不明です。まあ映画だから良い事にしましょう!

あとは光源氏(生田斗真)のまるで強姦のように次々と女性と関係するシーンが続きますが、短い時間で物語を完成させる為には仕方なかったのでしょう!\(^o^)/
006

本当は一目ぼれして好きになり、何度も手紙や歌のやり取りの後、相思相愛で結ばれると言うのが本来多かったと思ったのですが・・・・・

全編にわたり恋愛には付き物の嫉妬とか怨念とかで物語を面白くしています。



横須賀の日帰り温泉

今日は西高東低の気圧配置で関東は晴天!

視界が良い事を見越して京浜急行に乗って横須賀温泉『湯楽の里』へ行ってきました。

横須賀に温泉とは意外ですが、海の目の前にあるんです。

スタートは馬堀海岸駅から歩き始めます。
01馬掘海岸駅_R

海まで歩き国道16号線に突き当ったら右折するとすぐ右側です。ここまで15分。
02国道16号線沿いにある_R

日帰り温泉施設お決まりの和風の門をくぐります。
04入口_R



2階にある露天風呂はすぐ下を国道が通っているのですが、目隠しの高さをちょうど良く調整してあり、道路は全く見えず、入浴しながら東京湾が丸見えのとても気持ち良い施設です。
06露天風呂_R


1800mも掘ったという天然温泉が注がれる湯船は茶褐色の湯が溢れ、いかにも温泉という雰囲気が楽しめます。
08横須賀方面_R

1階のレストランからも海を眺めながら食事ができます。
10レストランからも海が見える_R


休日でも入館料1200円+飲食代で1日遊べる、リーズナブルなレジャーの王様といった処でしょうか?

ついでに近くの観音崎灯台に寄りました。
11観音崎灯台へ向かう_R

こちらは園地にある『28サンチりゅう弾砲』の模型です。
12渚公演の砲台_R

観音崎灯台は上まで登れます。
13観音崎灯台_R

灯台から浦賀水道を行き交う船を眺めてきました。
15浦賀水道_R

ここから今日はスカイツリーも見えましたヨ。

帰路は浦賀駅から京急の赤い電車で東京へ向かいました!
18浦賀駅の京急電車_R

横須賀温泉は私があちこち行った中で、お勧め出来る日帰り温泉の一つでした。

初めての『夜会』

一度は見てみたいと思っていた中島みゆきの『夜会』に行ってきました。

今まで16回も公演されていたのに、見なかったのはチケットが取りにくかった事と、料金がバカ高いと思っていたからだ!

しかし、さすがに最近はチケットも売れ残り、当日売りも出ているようだし、定価より安くネットオークションで入手可能の場合もあるようだ。


ストーリーはここでは語らないが、いわゆるドラマ仕立てでみゆきの歌が聞ける舞台である。

メトロの赤坂駅に付くと、『赤坂サカス』正面には大イルミネーション。

IMG_8024

その後ろにはニューヨークのロックフェラーセンターを真似て野外アイススケートリンクが出現し、若者が楽しんでいた!

IMG_8025

そのすぐ右側奥に本日の会場『赤坂ACTシアター』が有る。
IMG_8027

会場に入る時、カバンチェックでデジカメは取り上げられてしまうので、出るまで映像はありません。
IMG_8029

観客の年代層はやはり40代以降が中心で、60代も多いので一安心!

公演は休憩を含んで2時間半。
夜会ポスター

これはCDのジャケット
IMG_0001


途中少し中だるみはあるが、ラストに響くみゆきの歌声は感動を覚え、さすがだと思う。

皆さん高い料金を払うだけの価値を認めるから『夜会』は長続きするのだと思う。

メトロの駅に向かう帰路もイルミネーションが光っていた。
IMG_8033



記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ