ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2012年01月

横浜中華街で春節パレード見物

横浜中華街にランチを兼ねて春節の催しである祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)を見に行きました。

まずは善隣門から中華街大通を進みます。今日は北風が強く、ものすごく寒い日でしたが、この時期はやはり混雑しています。
IMG_8428

有名店はどこも予約で満席な為横道に入り、このお店でリーズナブルなランチ!(-_-;)
IMG_8429

パレードは2時から始まりますが、15分前にはこんなに観客が並びます!
IMG_8430

最初に行列の始まりを告げる爆竹が鳴らされます。(危険防止のため金網の箱の中で爆発されるのですね!)
IMG_8432

仮装行列?が始まりました!(何の衣装でしょうか?竹馬みたいなものに乗っています。)
IMG_8433

IMG_8435

孫悟空?
IMG_8437

IMG_8438

IMG_8439

IMG_8441

龍を舞わせた皆さんの背中には横浜中華学院校友会と書いてありました。
IMG_8442

獅子舞
IMG_8445


IMG_8452

後ろ足役の人の肩に乗って背が高くなるのですね!
IMG_8455

3時ごろには日が傾き、益々寒くなって来たので中華街を後にして家路を急ぎました。

渋川で湯めぐり!

今回の湯めぐりのテーマ!『眺望の良い露天風呂』を求めて群馬県の渋川へ出かけました。

最初に訪れたのは『北橘温泉ばんどうの湯』です。国道17号線から少し登った小高いお城のある山の上にある為、眺望が良く、特に夜景が綺麗という評判の湯です。
01ばんどうの湯

露天風呂に浸かると残念ながら塀が高くてほとんど景色が見えません!
03湯船から

露天風呂より高い脱衣所から見ると遠く『ばんどう太郎』が見えます。
04脱衣所から見下ろす

庭からは前橋方面でしょうか?雄大な景色は見えるのですが・・・・
05庭から見た利根川

こちらは庭から見た榛名山(今日はとても綺麗に見えました!)
06庭から見た榛名山

そんなお風呂でしたが、今日は土曜日と言う事もあり、大変混雑していました。
入浴料も300円と、銭湯より安いからでしょうか?

次に向かったのは対岸の榛名山の裾野にある『根古屋城温泉』です。
こちらは日本的なログハウス風建物です。
08根古屋城温泉

空いていて一人出て、貸切状態でした。
10内湯

こちらは露天風呂からの景色が雄大でした!
11露天風呂

湯船に浸かったまま、外の景色が良く見え、(遠方は赤城山)私が求めていた露天風呂でした。
12露天から下を見る

湯もぬるめで、長く浸かって居られ、最高の気分!お気に入りの温泉がまた一つ増えた感じです。

次に向かったのは反対側の赤城山の麓にある日帰り施設です。ここは温泉ツウの知人に紹介して戴いた『ルンズ・ファーム赤城ぶどう園』の中に有る『天地の湯』と言う比較的新しい施設で、露天風呂の目の前にはブドウ畑が広がり、今度は再び榛名山が見えます。
31ブドウ畑

この施設は全て木の造りで演出されていました。
22天地の湯入口

内湯も全て木製です!
23内湯

露天風呂から立ち上がれば、そのまま榛名山が見えます。
28露天から見た榛名山

湯船に浸かったままでも眼前の柵の間から山が見えるので、合格としましょう!
26柵の間から見る榛名山

源泉温度が高いので、加温も無く、全て掛け流しと言う事でした!

根古屋城温泉も、この天地の湯も空いていると言う事は経営が大変と言う事なので、何とか工夫して頑張って欲しいと思うばかりです。

今日の足は高崎で借りたレンタカーのビッツ君。雪タイヤを履いていました。(後方の畑にまだ雪が残っていました。
19今日のレンタカー

最後にまた渋川市内に戻りましたが、畑の中に忽然とUFOが着陸したような外観で出現するのが『スカイテルメ渋川』です。
34畑の中にUFO

近づくと巨大なUFOそのものです。
35近寄るとスカイテルメ渋川
上階の張り出した部分がお風呂ゾーン。1階に食堂、バーデプール等がありましたが、ここも賑わっていました。

ここの湯船もガラス張りの為、胸位までの高さの遮蔽板が張ってあり、立ち上がらなければ外の景色は見えません!(赤城山方面)
IMG_8423

こちらは展望室から見た榛名山です。
36展望室から見た榛名山


と言う訳で、1日に四湯も欲張ると1か所平均1時間ぐらいしか居られず、忙しいですね。
色々観光もしたいとなると、やはり1日3湯が限度だと感じた次第です!


新丸ビルからの眺め!

雨の日曜日!
遠出の用事も無かったので、ポイントを貯めてもらった『シェフグルメカード』を利用して、『丸ビル』にランチを目的に出かけた!

丸ビルは地下で東京駅と繋がっている為、雨でも濡れないからと思ったからだが、東京駅に着いた頃には雨は上がっていた。しかし、丸ビルに着くと、『本日電気設備の法定点検の為全館休業』の張り紙が・・・・・・(-_-;)

仕方なく、隣の『新丸ビル』に移動したが、丸ビルが休業の為か?かなり混雑している。飲食店も20店舗以上有るようだが、どれも混雑!目当てのイタリアンは『本日予約で満席』の張り紙の為、イタリアンがインド料理になってしまった。
original

それでもランチなのでサラダ、カレー2種類、サフランライス、ナン、飲み物が付いて1500円と安い!

食後6階に上がると、展望デッキが有るので外へ出てみた。
こちらは皇居方面。国会議事堂が低く見える。
IMG_8355

南東側の展望で右の高い建物はベールを脱いだ新東京中央郵便局だ。
高層棟は貸しビルになるらしい。
IMG_8356

旧建物の景観を残す、残さないですったもんだした解体前の写真(後方はTOKIAビル)
250px-Tokyo_Chuo_Post_Office01s5s3200[1]

比べると確かに旧ビルの丸みを帯びた白い外観を残している。
左側の東京駅も改修中だが、丸いドーム屋根が姿を現していた。
IMG_8357

東京駅の改修完了後はどうなるのか?楽しみだ。
あと、渋谷のヒカリエも開業が近づいている等、都心は今年も目が離せない!




百観音温泉と鉄道博物館

埼北温泉愛好会のメンバーから、埼玉で源泉が濃いのは西の『白寿』東の『百観音』と教えてもらった。
白寿の湯は先日経験したので、次は『百観音温泉』に行かねば!と思い湘南新宿ラインを利用して出かけた。

最寄駅は宇都宮線で久喜の一つ先の東鷺宮と言う駅だ。
02東鷲宮駅

駅から近い道路沿いに百観音温泉は有ったが、スーパー銭湯のような建物であった。
04百観音温泉

近づくと、確かにすぐ隣に立派な観音堂が建っていた。
09入口にある百観音

やはり地元では有名なのであろう、入浴客が多くとても湯船の写真は撮れないので、館内に掲示してあった写真を撮った。
07風呂の写真

お湯は茶褐色で塩辛い『ナトリウムー塩化物強塩泉』という泉質で、1kg中の溶存物質合計が18.5gと非常に濃い源泉である。

今日も豪華?な昼食を戴いたが、埼玉と言う土地柄か?とてもリーズナブルなお値段でした。
08今日の昼食

温泉で温まった後は大宮で下車し、ニューシャトルでひと駅の鉄道博物館を訪問した。

ニューシャトルは上越新幹線の脇をパンタグラフ無しで走る小型電車である。
10大宮からニューシャトル

線路は無く、タイヤで走っている。(右上が新幹線の軌道)
11ニューシャトルはタイヤで走る

鉄道博物館駅まで一駅です。
12鉄道博物館入口

日本に最初に入った蒸気機関車1号機
13-1号機関車

新橋駅の表示が面白い!
16新橋駅表示

こちらは有名な弁慶号
17弁慶号

レトロな木製の背もたれ!長時間乗ると背中が痛かった事を思い出します。
18昔の客車

木製の内装も懐かしい!
19昔の電車

その他初期の新幹線まで色々展示されている他、予約をすれば電車の運転経験も出来るようです。
21-2階から見る

ジオラマの広さは国内最大級と言う。
23ジオラマパーク

鉄道博物館は入館料が1,000円掛かりますが、大部分が広~い室内展示の為暖かく、真冬の寒い時期の見学にも向いていて大人も子供も結構楽しめるお勧めの施設でした。

上諏訪温泉&観光!

今まで冬の温泉探訪は那須塩原・日光鬼怒川方面が多かったので、今回は上諏訪温泉を目的に出かけました。

特急あずさを上諏訪駅を降りると、ホームには足湯があります。(以前は露天風呂だったのですが、数年前に足湯に変更されたそうです。露天風呂なら入浴したかも?)
01上諏訪駅ホームにある足湯

最初に向かったのは片倉館。生糸で財をなした片倉財閥が地域住民の為に福利と社交の場として昭和3年に建築したという当時としてはモダンで重厚な建物で、温泉施設があります。
04片倉館

千人風呂と名付けられた広い長方形の浴槽は深さのある立ち湯で、底には玉砂利が敷き詰められています。
朝10時過ぎと言うのに大勢の人が入浴していました。
10浴場内部

続いて歩いて20分ほどの『高島城』に向かいました。諏訪は高島藩の城下町で天守閣がありましたが、明治の廃藩置県で解体されてしまったものを、昭和45年に再建したそうです。お濠も残って居て、凍ったお堀越しに見る天守閣はムードがあります。
20高島城

諏訪を訪れたなら諏訪大社へ行かねばと思い、上社本宮へ向かいました。
(諏訪大社は4つのお宮が離れてあるので、一度に全部は廻りきれません。)
25諏訪大社上社本宮

鳥居をくぐると拝殿への階段の手前に御柱祭で曳かれて来た御柱が立って居ます。
御柱は7年毎に立て替えられるそうです。
27御柱29御柱を見上げる_R

お正月ですので、まだまだ初詣客は多く、参拝には行列が出来ていました。
30参拝者の列

上諏訪に戻り、諏訪湖畔の遊歩道を散策しました。この日は寒さが少し緩む気候でしたが、それでも諏訪湖は湖岸から100m位まで凍結していました。
43凍る湖畔

諏訪湖には間欠泉がありますが、何故か噴出が止まってしまい、今は圧搾空気を送って人工的に噴出させているそうです。 写真は間欠泉センター噴出を待つ観光客。
45噴出を待つ観光客

現在の噴出が最高潮の時。以前は15m位噴出したそうです。
48最高潮

今日の日帰り入浴2湯目は老舗高級旅館『鷺の湯』です。
35ホテル鷺の湯

諏訪では珍しい、紅茶色の自家源泉の露天風呂を一人占めできました。
36鷺の湯露天風呂

諏訪で芸術と言えば北沢コレクションを展示した北沢美術館です。
52北沢美術館

ガレのランプや花瓶等が展示されています。
53ガレ

2階には私の好きな日本画の有名作者の作品が多数展示されていました。

時間が余ったのでこれも160年の伝統が有ると言う老舗旅館『ぬのはん』で立ち寄り入浴です。

57ぬのはん露天

高級旅館にふさわしく、落ち着いた日本庭園が眺められます。
58庭園_R

旅の最後に湖畔へ出たら、傾きかけた陽に凍った湖面が輝いていました。
54きらめく陽光


旅の最後の楽しみは車内で食べる駅弁&BEERです。今回はおぎのやの釜飯を購入しましたが、残念ながら写真を撮り忘れた~!


初詣!

初詣とはお正月の何日までの参拝を初詣と言うのかわかりませんが、神社仏閣巡りはわずかなお賽銭と交通費だけでお休みを過ごせるので嬉しいですね!

と言う事で、今年も2日に家から徒歩で行ける池上本門寺にお参りに行きました。

本堂は70段あまりの階段を登った山の上にあります。
IMG_8193

山上の境内は混雑していましたが、2日なので参拝で並ぶほどではありませんでした。
IMG_8208

山上の広場では今年も獅子舞や猿回しの出し物がありました。
IMG_8194

IMG_8200

五重塔の後ろの方には力道山のお墓があります。
IMG_8210

本堂の横の階段を下った『大坊』と言う寺には、日蓮上人ご入滅の部屋と言う建物もあります。
IMG_8214


4日の今日は少し離れて鎌倉にお参りに向かいました。
八幡宮は混むのが判っているので、西口へ出て銭洗弁天へ向かいます。
銭洗弁天

001


岩屋の中に湧く水でお金を洗うと2倍になって帰ってくる?と言う事で皆さん真剣にお札を洗っています。
もちろん私も洗いました!\(^o^)/
003

続いて隣の佐助稲荷神社も参拝です。
009

お正月なので、おキツネさんもおめかししていました。
013

と言う事で今年は4か所もお参りしたので、きっとご利益は有るでしょう!

まあ、これが普通の日本人の感覚だと思いますが、実は私はあまり信仰心がありません。
初詣はレジャーの一環?自分の心の安心を得る為の参拝?なのかも知れません。
神社、仏閣、はたまたキリスト教までお参りする訳ですから!

宗教を信じないと言いながら、万一自分が乗った船が遭難し、もう助からないと言う場面に遭遇したら、たぶん
『神様お助けください!』と祈るだろうと思います。
その場合の『神様』は何(天照大神宮?キリスト?)なんだろうと思ってしまいます。
日本人にとっては便利な『八百万の神』なのでしょうか?


2012年の元旦!

あけましておめでとうございます。

本年も『ディスカスの逍遥日誌』をよろしくお願い致します。

新年を迎え、今年から自分の意見、考えをもう少し加えてみようかな!と思っております。

さて、新年最初の我が家の朝食写真を公開しちゃいましょう!
家内が気を入れて用意してくれましたが、料理の内容はほぼ毎年同じものが並びます。\(^o^)/
IMG_8191

もちろん最後はお雑煮をいただきます。

朝食後は実家にあいさつに行きますが、私の両親は父が満99歳、母が93歳で介護が必要なものの、何とか命だけはながらえています。お正月はそこに私の兄妹とその子供たちが年1回集まる恒例行事です。

そして、毎年家族が増えるのが普通でしょうが、我が一族は何故かず~っと変わりませんね!(-_-;)

一族の集まりが一通り終わると初詣に出かけますが、これも何十年と変わらず杉並の妙法寺さんへ行きます。
DSCN2756

ここは日蓮宗の古刹です。
しかし、古刹に似つかないジョサイア・コンドルの設計による明治時代に作られた鉄門がある事でも知られています。
DSCN2754

我が家の近くには日蓮宗の本門寺がありますが、大昔から杉並まで行くのは本門寺は近すぎるからでしょうか?そういえば、杉並の方の方は逆に川崎大師にお参りに出かける方が多いと聞きますね!

今年も参拝者の長い列ができていました。
DSCN2752

我が家同様にお正月の行事は何処のお宅も毎年同じ事が繰り返されると思いますが、去年の震災の事を思うと、この同じ事を繰り返す事が出来る事こそ平和なあかしなのだとつくずく感じた今年の元旦でした。

記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ