ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2012年04月

連休の伊豆大島は混まないか?

ゴールデンウイークは何処へ行っても混んでいる!

しかし、待てよ!伊豆大島なら、決まった数の船と飛行機に乗れる観光客しか訪れられない?
従って混雑しないのではないか?

と云うことで、東海汽船に予約を入れたら、あっさり往復のジェット船の予約が取れてしまった。

しかし、次に必要なレンタカーが、どの会社に連絡しても空きがない!
料金がSクラスの2倍もする8人乗りワゴン車なら空いているというので、泣く泣くそれを予約した。(~_~;)

大島行きの高速ジェット船は熱海から乗ると近いが、今回は竹芝桟橋から午前8時に出航。

途中ゆれる事も無く、快適な船旅は1時間45分で無事に元町港に到着した。
02元町港に到着

広い元町港の岸壁の先には三原山の外輪山が見える。
03広い元町港

レンタカーでおよそ20分。外輪山の『三原山頂口展望台』に到着したが、先に見える三原山噴火口までは45分ほど歩かなければならない。
04山頂口展望台に戻る


歩き出すとすぐに牧場があり、『与那国馬』という日本古来の小さめの馬が飼育されていた。
05与那国馬

所々に噴火時の火山弾を避ける為のシェルターが設置されている。
07所々にシェルターが

山頂近くには三原神社がある。
12三原神社

ようやく火口展望台に到着。大きな噴火口の数カ所からわずかに噴煙が上がっている。
17火口展望台に到着

火口展望台の風景!
21火口展望台風景

3階建ての火山展望台からの眺め!
25火山展望台から

火山展望台から見た外輪山と広がるカルデラ。
26火山展望台から

再び40分歩いて出発点に戻ると、御神火茶屋があり、コーヒーが飲める。
33御神火茶屋入口

ハイキングの汗を流すため、車で10分の大島温泉ホテルの『三原山温泉』へ!
露天風呂からカルデラ越しに眺める三原山の景色が素晴らしい!
37三原山温泉
単純温泉だが、露天風呂は薄い濁りがありました。

こちら内湯も広々!
40三原山温泉

海の方へ下り、都立大島公園へ!立派な動物園もあり、全て入園無料は嬉しい!
48大島公園海側

大島公園には広大な椿園や椿資料館もあるが、この時期椿はもうは咲いていない!これからはツツジの季節となる。
49咲きだしたつつじ

大島公園を後にして、大島一周道路を波浮の港へ向かうと、途中の絶景ポイントから『筆島』が見える。
50筆島

展望台から見た波浮港の景色が美しい!
53波浮港

波浮港にある『湊屋旅館』は『踊り子の里資料館』として保存されている。
57みなとや

ここは川端康成の「伊豆の踊り子」のモデルになった大島の旅芸人一座に関する資料館で、実物大の人形が置かれている。
58伊豆踊り子再現

波浮の港を後にして、元町港へ向かう1週道路沿いに現れた地層切断面。 噴火の繰り返しにより重なった地層はまるでバームクーヘンのよう!
62地層切断面

元町港でレンタカーを返却し、向かった先は『浜の湯』温泉!

そのすぐ前に鎮座するのは、あのゴジラの石像。
64ゴジラ像

そう、ゴジラは水爆の影響で、この三原山の噴火口から出現し、大暴れした後にまた三原山に戻っているのだ!
海が見渡せる海岸淵にあるこの温泉は別名を『ゴジラ温泉』と呼ばれているらしい!
65浜の湯

水着着用の混浴で、親子連れで賑わっていました。(400円)
今日は高気圧の後面で、天気は良いものの雲が多く、伊豆半島や富士山は見えず仕舞いで残念。
67浜の湯

16時40分元町港発のジェット船で、帰路につきます。
69帰りのジェット船

レインボーブリッジをくぐれば、竹芝桟橋はすぐです。
72ブリッジを通貨

結論として、連休中の大島は船便とレンタカーが予約できれば、島内はとても空いています。
車も少なく道路は、たまにしか車とすれ違いません。駐車場も全て無料で、快適な日帰り旅ができました。

牡丹が咲きました!

今日の暖かさで、庭の牡丹が一気に開花しました。

IMG_8975

この牡丹の苗は2007年の4月下旬に館林の花山にツツジ見学に行ったとき、駐車場前で購入したものです。
すぐに地植えして、その後毎年1輪か2輪花を付けますが、今年はだいぶ幹も成長し、3輪つぼみを付け、開花を楽しみにしていました。

IMG_8974

これからも大切に育てていきたいと思っています。


長坂と言えば!


せっかく長坂まで来たので、これを食べずに帰ることはないと思うのは『翁の蕎麦』ですね!
36翁蕎麦

私は初めての訪問ですが、何と清春芸術村』のすぐそばにありました。

翁蕎麦は、あるお寺の知り合いのご住職のご好意で、東京まで出張してもらい、何度か戴いた事がある蕎麦で、その美味しさは既に体験済みです。

その建物はクヌギ林の中にあります。
現在は創業者高橋さんのお弟子さんの手打ち蕎麦となります。
37翁蕎麦建物

ユニークな入口。外には行列の為のベンチが並んでいます。
38翁蕎麦入口

窓が大きく、店内からも自然の雑木林が眺められます。

メニューは何とこれだけ!
39翁蕎麦メニュー

ざるそばです。通常は1枚では足りないので2枚は食べてしまいます!
40ざるそば

だから、とても高級なお蕎麦なのです!

蕎麦に合う飲み物は日本酒ですが、車なので全く飲めません。しかしそれでもなお、旧甲州街道は『台ケ原宿』にある酒蔵『七賢』さんを訪ねました。重厚な造りで店の奥も深いです。
42酒蔵七賢

こちらは道路の反対側にある和菓子屋の『金精軒』で、生信玄餅が有名です。
44信玄餅の金精軒

次の本当の目的地は白州でした。
ここにあるサントリーのウイスキー工場』を訪ね、予約なしの無料で見学することができました。
46サントリー白州見学


麦汁に酵母を加える大きな仕込み樽が並びます。
47ウイスキー仕込み樽

アルコールが加わった麦汁を2回蒸留してアルコール度を上げていくのだそうです。
48蒸留釜

蒸留した透明なウイスキーをオーク樽に詰めて熟成させると、あの独特な色と香りが付くそうです。
49熟成樽

白州工場最古の熟成樽は1973年製です。
51白州最古の樽

もちろん最後にハイボールや水割りの試飲ができます。

が、私は胸からこんなものをぶら下げて居るので全く飲めません!(~_~;)
でも、ソフトドリンクは戴けます。
IMG_8971


今回はウイスキー工場を見学しましたがここでは『天然水工場』も見学できます。

http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/

今回は日帰りのため、残念ながら温泉入浴は無しでした。(~_~;)


清春芸術村(山梨)へ


桜が満開と言う事で山梨県北杜市長坂町にある清春(きよはる)芸術村に行ってきました。


車で中央道を走ると、大月まで今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、笹子トンネルを超えた途端に、うそのような晴天!

甲府盆地へと坂を降ると周りはピンクの絨毯が敷き詰められた景色が出現!

急遽予定を変更して一宮御坂で高速を降り、桃源郷を見物しました。

01一宮桃源郷

再び高速に乗り、長坂を下りて10分ほどで芸術村に到着です・
04芸術村入口

1983年(昭和58年) に清春芸術村の施設として建設された清春白樺美術館は、武者小路実篤、志賀直哉など『白樺』の同人が建設しようとしてその夢を果たせなかった”幻の美術館”を、武者小路、志賀の両氏をを敬愛し、個人的にも親交のあった画廊のオーナー吉井長三が実現したそうです。


円形の建物は『ラ・リューシュ』と名付けられたアトリエ(貸出用)だそうです。
06ラ・リュージュ

こちらは安藤忠雄の設計した光の美術館で昨年建てられた。
07光の美術館

エッフェル塔に使われていた内部の螺旋階段!交換時に頂いたそうです。
09エッフェル像

ルオー礼拝堂
13ルオー礼拝堂

清春白樺美術館。ジョルジュ・ルオー、梅原龍三郎、岸田劉生等、有名な画家の作品や『白樺』の全編等が展示されていました。現在はヴェルナーレ・カトランの回顧展も開催されています。
17清春白樺美術館

廃校となった小学校の跡地に建てられたそうで、周りは桜が満開でした。
27園内

遠く、鳳凰三山が雲の上に白い頭をだしていました。
25鳳凰三山を望遠で

こちらは『徹』と名付けられた木の上の茶室だそうです。どうやって登るのかな?
29茶室(徹)

このように、バラエティに富んだ施設が点在し、観光客もそれほど多くなく、のんびりと過ごせました。

http://www.kiyoharu-art.com/



Home Comming Day

今日は自分が卒業した大学のHome Comming Day すなわち卒業生のお祭りの日である。

自分が在籍していたクラブ活動のOBとして、今も現役大学生と関わっている為、大学に行事があれば良く訪れている!

今日は昨日と変わって晴天となり、キャンパスには大勢のOB・OG・現役生が押し寄せた。
01たくさんの来訪者

緑多いキャンバス
02緑多いキャンパス

こちらは利き酒会!
03利き酒会

お子様向けイベント『どぜうつかみ』
04どじょうすくい

こちらは学生さんのジャズバンド!
05ジャズバンド

おさかな君?
06おさかな君?

OBのカントリーウエスタンバンド!
07ウエスタンバンド

お茶席もあります。
08お茶会

キャンパスには古い建物も残っています。
09古い建物

女子大生のジャスダンス
10ジャズダンス


と言う事で1日では全ては見きれない程のイベント数でしたが、休日を楽しんできました。

自宅で花見!

自宅の狭い庭で建物に寄りそっている『枝垂れサクラ』が満開を迎えた。
IMG_8843_R

多摩川まで出かけなくても、自宅でお花見が出来るね!と言われそうだが、いかにもロケーションが悪すぎる。
ご覧の通り、二つの建物に挟まれている為、桜の根元は真っ暗!お花見が出来るスペースが無い!

25年前に植えた若木だが、植えた土地が狭い為に大きくならないよう何度も切り戻しをしているが、今年はその狭間で去年切らなかった為に見事な枝ぶりである。
IMG_8846_R

それでもご近所の家のベランダからは良く見えるらしく、この時期は良く感謝されるので、まんざらではない。

杉戸天然温泉『雅楽の湯』

4月11日に新規オープンした埼玉県杉戸町にある『雅楽(うた)の湯』に行ってきました。


ここは昨年の10月に温泉の掘削に成功したとき、臨時の湯船に浸かって来たところです。
浦和の黒田さん

半年後に立派な日帰り温泉施設が完成したので、温泉マニアの方々と一緒に初湯を楽しんできました。
01入口

源泉は地下1300m以上から汲み上げたナトリウム-塩化物泉で塩辛い茶色の湯です。
04源泉熱湯

広い施設内には源泉かけ流しの壺湯が3つもありました。
05源泉壺湯

こちらは超気泡で人工的に作ったの白濁湯!
07シルキー湯

ここで私が最も気に入ったのは、このお休み処です。マットに寝ると足元の低い窓から田圃が見え、その向こうにはには田園風景が広がります!稲穂が実る頃に訪れたら最高だと思います。
13お休み処

ここの特徴は田んぼに囲まれた農家を屋敷林と共にそのまま敷地に取り込んで、日帰り温泉に仕立てた事です。
そのため大きく茂った樹林を見ながら源泉かけ流しの露天風呂を楽しむ事が出来る他、岩盤浴も楽しめるお勧めの施設です。

多摩川でお花見

今年も多摩川のガス橋(大田区)のたもとでお花見をしました。

今回の参加者は5人!
人数分の低いテーブルとミニ椅子そして食器等をまとめると結構な荷物になってしまった。
IMG_8837

それをキャリーに縛って徒歩で会場に向かった!
車で行けば簡単だが、お酒を飲む都合で車の運転はできない。

好天の中、風もなく絶好のお花見日和。もちろん桜も満開でした。

平日なのに、多摩川土手は結構な人出でしたが、若い主婦仲間や老人グループが多かったようです。
10(s)

準備は大変ですが、この低いテーブルにミニ椅子スタイルは直接ブルーシートに座るよりずっと楽で、参加者にも好評でしたので、お勧めです。

埼玉の桜の名所

埼玉にも桜の名所はたくさんあるが、今日は埼玉県東部の幸手市にある『権現堂提』の桜まつりに行ってきました。

日曜日なので、国道4号線の渋滞を抜けて会場に着くと、すごい人出です。

ここの特徴は桜提の内側に『広い菜の花の絨毯』があることです。
IMG_8818

土手の上を歩きます!桜は7分咲き位!
IMG_8820

土手を外側に降りると、数え切れないほどの屋台が並んでいます。
IMG_8826

夕方行った為、桜が逆光のため映えて撮れなかったのが残念です。
権現堂桜提



新宿で1,000円昼食会


台風級の大風が来る前のお昼に、西新宿の超高層ビルに到着した。

IMG_8776

そうここは新宿三井ビル。

IMG_8778

中へ入ると、広〜いロビー

IMG_8780

エレベーターで54階まで上がると新宿三井クラブがある!

IMG_8782

今日はここで開かれる大学クラブOB会の先輩方々の千円昼食会にお招きを頂きました。


晴れていれば、もっと素晴らしい眺望かも!
IMG_8783

会員とそのゲストは、このロケーションで1,000円で昼食が楽しめるというのだから羨ましい限りだ。


私はもう100円奮発して、ハンバーグ定食を頂いたが、スープ、サラダ、コーヒーが付いてこのお値段!ますます羨ましくなりました。



残念ながら、夕方から風雨が強まり帰宅困難者になると困ると言う事で、早めのお開きとなりましたが、おかげで今日一日、楽しいひと時を過ごすことができました。

、 

記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ