ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2012年10月

ブログ再開

ブログ休止の案内を出してから2か月が経過していました。
暑かった夏も終わり、いつの間にか庭の柿が黄色くたわわに実のっていました。
IMG_0004

父の他界と家族の大病が重なり、二重の試練に襲われるという経験をしましたが、
ようやくその苦しみから脱し、家族ともども通常の生活を取り戻す事が出来ました。

まさに神に感謝の心境です。

残り少ない?自分の人生を楽しむため、逍遥を再開します!

奥利根の紅葉狩りと湯の小屋温泉『龍洞』

ブログ再開公表の1週間前、上毛高原駅からレンタカーで湯の小屋温泉を目指しました。

最初の訪問地は上毛高原駅から1時間程の『奈良俣ダム』です。
しかしみなかみは真っ青、奈良俣ダムまで登って来ても、ほんのり黄色に色づく程度で、鮮やかな紅葉は見られません。
03奈良俣ダムを下から

こちらはダム突堤の上部を歩けます。
05ダムの上道

ダムの貯水量は少ないですね。(ごらんの通りあまり紅葉していません。)
06貯水池側

今日の温泉は秘湯っぽい龍洞という宿です。
08龍洞

09玄関

まずは半露天風呂の『河童の湯』へ(すぐ隣を利根川源流が流れています。)
13河童露天

湯面に少しの紅葉が写っています。
15水面に写る紅葉

露天風呂の湯口は龍の彫刻が使われている『龍神の湯』
18竜神像

そうなんです。ここはたくさんの貸切風呂があるので有名な旅館なのです。
21露天の入口

壁に掛かる木札が残っている風呂は空いているので、自由に使って良いのです。
19空室リスト

雅という名の木製湯船の部屋。
25雅

こちらは天女という名の露天風呂ですが川に向かって開いていて、一番気持ち良い風呂でした。
27天女

宿を後にして、紅葉を求めて『照葉峡』を登っていくと、ようやく紅葉があらわれました。
35照葉郷

坤六峠手前の『奥利根水源の森』入口の紅葉です。熊出没注意の看板があります。
30水源の森

36照葉郷

『照葉峡』は利根川源流に沿った道路沿いの紅葉を見物します。
41照葉郷

十分な紅葉見物が出来たので、みなかみ迄下り、隣の上牧温泉は辰巳屋で立ち寄り入浴です。
45上牧温泉辰巳屋

辰巳屋の露天風呂
46辰巳館露天風呂

この宿を訪ねた目的は、この『はにわの湯』に浸かりながら、山下清の壁画を見る為でした。
しかし、何とこの時間は女湯として使用中で、見ることが叶いませんでした。
49壁画

48辰巳館

ともあれ、久しぶりに湯めぐりが出来て、楽しい休日を過ごす事ができました。
記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ