ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2014年12月

宮前平温泉『湯けむりの庄』


大晦日を温泉で過ごそうと思い、家の仕事を午前中でかたずけ(と言っても無理に切り上げて!)午後から大井町線、田園都市線と乗り換えて、『宮前平駅』に降り立ちました。
01


02
駅前の銀行の脇から高級そうなマンションが立ち並ぶ急な坂道を上がって行きます。
田園都市線の沿線はどこもハイソな雰囲気だが、坂がきつく老人にはつらい街だと思います!

03
最初の交差点を右折すると、マンションの裏に立派な建物と看板が見えてくる。

04
その向こうにも浴室棟があり、かなり大きい立派な建物です。

05
駅から徒歩6分程で『宮前平温泉湯けむりの庄』に到着です
ここは2012年のnifty温泉の口コミで1位にランクされた日帰り温泉施設です。

06
玄関は簡素ですが、内部は凝った造りになっています。
しかし、今日は大晦日の為大混雑で、ロッカーが足りなくなり、ロッカー待ち30分も有ったようです。私は時間が少しずれていたので、待ち時間なく入浴が出来ました。

そんな混雑からお風呂や館内の写真は撮れませんでした。

07黒湯の露天風呂
しかし、幸い2012年の訪問時に撮りおいた写真がありました。
ご覧のとおり、お湯は1500mから汲み上げた黒湯です。色が濃く10cm下は全く視認できません。この時は無人でしたが、今日はこの湯船に10人は入浴していました。

08露天風呂の塔
露天風呂エリアは近隣のマンションから見えないよう高めの塀で囲まれていて眺望はありません。
食堂は20分待ちの混雑でした。

09
施設を出て、駐車場の端から外の景色を眺めると、高台にある事が判ります。

10
帰路の途中、二子玉川駅で下車し、RISEモールを見物しようとしたら、ここにもスケートリンクが出来ていました。
しかし、床は氷ではなく、白いプラスチック?ボードの上をエッジの付いたアイススケートシューズで滑っていました。
滑りが悪く、氷の半分位しか進みませんが、沢山の子供たちが楽しんでいました。




今年1年の湯めぐりを振り返る


今年も多くの温泉巡りをしましたが、その1部をふり返ってみました。
1月河鹿の湯
1月:伊豆湯ヶ島に湧く共同浴場『河鹿の湯』。掛け流しの新鮮な湯が気持ち良いです。

1月霊泉寺公共浴場
1月:信州上田市の郊外に湧く『霊泉寺温泉の共同浴場』を訪問。 ここも湯船に源泉が掛け流されています。雪が積もった朝一番、大きな湯船の独り占めに大満足!

2月湯西川露天風呂
2月:鬼怒川の奥にあり、平家の落人部落だったという『湯西川温泉』で雪見風呂を楽しむ。

3月川岸露天
3月:塩原温泉の名湯、明賀屋本館で、あこがれの『川岸露天風呂』入浴。


3月草津露天風呂
3月:草津温泉を堪能!

5月地獄谷
5月:信州志賀高原近くの『地獄谷温泉』で野猿を見ながら入浴!

6月別府泥湯露天風呂
6月:別府へ飛び、『泥湯温泉』を体験!

7月法師の湯
7月:群馬の名湯『法師温泉』で日帰入浴!

9月駒の湯渓流露天風呂(混浴)
9月:越後駒ケ岳の麓に湧く『駒の湯山荘』に宿泊!大量掛け流しが有名です。

10月沼尻湯貯まり
10月:福島は安達太良山から流れ出る川が白濁温泉となった『沼尻元湯』を初訪問。

11月伊香保
11月:紅葉見物に伊香保へ!ホテルの展望露天風呂は気持ち良い!

12月箱根
12月:箱根の隠れ家露天風呂でまったり!

今年もたくさんのご訪問をありがとうございました。
来年も頑張りますので、よろしくお願い致します。

築地場外市場から佃島ウオーキング


天皇誕生日の休日。TVで良く見てはいるが、まだ実際に足を踏み入れた事のない『築地場外市場』に出かけてみました。

01
ちょうどお昼時と重なり、場外市場は一般客でかなり混雑していました。


002
ここは場外市場内の『波除通り』という名前が付いています。

03
この玉子焼屋さんはあのテリー伊藤の実家らしいです。皿に盛った焼きたて玉子1切れを皆さん頬ばっていました。

05
こちらでは生カキの蒸し焼きが食べられます。

06
こちらはサキイカ屋さん!

07
もちろん鮮魚やマグロも売って居ます。

009
市場内にたくさんある寿司屋さんはどこの店も行列していますが、この店は少しの待ち時間で食べられました。

016
表通りには立ち食い寿司もあります。

018
食後は『築地本願寺』を参拝です。

020
浄土真宗本願寺派の直轄寺院だそうですが、古代インド仏教様式の建物は昭和9年の落成だそうです。

021
寺院内に入るのは初めてですが、ご本尊は阿弥陀如来です。右側には宗祖親鸞聖人の御影が祭られています。

024
本願寺を出て、晴海通りをかちどき橋方面へ進むと、ビジネスホテルの壁に大きな鯛の絵が!さすがに築地です。

025
こちらのお店は昔大勢で格安フグを食べに来た事があります。その後、フグ料理は関西から安いお店が次々出店しましたが、当時はその走りでした。

032
墨田川べりに到着です。

033
晴海通りで隅田川を超えるのは『勝鬨橋』です。

034
大昔はここにも渡し船が有ったようです。

035
勝鬨橋の中間点。昔はこの場所で橋が割れて左右に上がり、大きな船が通れたのです。

036
それがこの写真。
橋の上を通っていた都電が手前で停車し、橋が上がる様子を子供の頃見物に来た記憶があります。

037
現在の勝鬨橋の上から隅田川上流を望みます。

038
勝鬨橋を渡った後、晴海通りを左折して『月島西仲通り』を進みます。

039

040
通りの両側には『もんじゃ焼き』の店がずらりと並びます。

041
月島を過ぎると佃島に到着です。

042
佃島には『浪除稲荷大明神』が祭られていました。大昔から漁師達は大波を恐れてこの稲荷神社を祭ったのでしょう!

044
佃島名物の『佃煮』のお土産をこの店で購入しました。

江戸時代には月島、佃島、石川島は別々の島だった様ですが、今は埋め立てられて陸続きになって、どこが境だったか判りません。
045

高層マンションと船泊りに朱塗りの橋など、現代と江戸時代が混在した町を楽しむ事が出来ました。












湯楽の里日立店(茨城)


伊豆を除くと、関東で海が見渡せる露天風呂がある日帰り温泉施設はそう多くはありません。

その中で以前から気になっていた日帰り施設で、日立市にある『湯楽の里日立店』は抜群の景色がHPに載っている為、これは行かねばなるまいと、好天を見越して出かけました。

01フレッシュひたち
上野駅発の常磐線特急はほとんど乗車経験が無く新鮮です。

02行先
今日の行く先は水戸を超えた日立市です。

03黒い内装
黒を基調としたシートも新鮮です。シート幅は4列なので新幹線より広いみたいです。

04下車駅
上野からおよそ1時間半初訪問の『常陸多賀駅』で下車します。

05看板
駅から徒歩20分でようやく大きな看板が見えて来ました。

07湯楽の里
施設の駐車場側からは全く海は見えません。

08建物
和風の門をくぐると大きな平屋の施設でした。

10テラス
まずはロビーを越してレストランの外にあるデッキから海の景色を眺めます。
東京では晴れていたのに、茨城に入ると完全に曇ってしまい、眼に入った景色は冬の寒々とした海の色で大変残念です。

13露天風呂
まずは露天風呂へ! 海と一体になれる露天風呂の先には水平線がどこまでも続いています。(雨で無くて良かったと思いました。)

14
露天風呂は海岸からは10mほど高い位置にあり、肩まで沈めばお湯は海と一体になります。

15
実は身を乗り出すと、眼下には海水浴場の駐車場が見えるのです。


HP写真

私がこの施設のHPで見たのはこの景色でした。晴れていればこのような景色が見られたのに残念です。しかし天気だけはどうにもなりませんね。
また、この施設は湯楽の里グループとしては珍しく、沸かし湯で非温泉なのが残念です。

18
レストランも海を見ながら食事が楽しめます。

17
海と言えばヤシの木でしょうか!


20
施設を出て、海岸へ降りてみました。

22


21
砂浜は以前はもっと広かったそうですが、震災時に砂が海に引きずられて狭くなってしまったと聞きました。

23
振り返ると露天風呂の縁から海を見ている入浴者が見えます。

24
比較的波も高く、サーファーも数人見えます。

25
波消しブロックの先には大型船が航行していくのが見えました。

今度はぜひ晴れた日に再訪したいと思います。


花の銀座で忘年会!


今日はあるグループの忘年会!
昨年同様に場所は花の銀座です。

001
新橋で地下鉄銀座線に乗り換えようとすると、西口広場前の蒸気機関車がイルミネーションされていたので、寄り道をして写真を撮りました。

002
ビル建て替えの為、来年は見られない4丁目交差点近くの『ミキモト』のツリーを皆さん撮影しています。
城南の田舎で暮らしていると昼間は来ても、夜の銀座を訪れるチャンスは年に数回あるかないか?
自分も田舎から出てきた人の様に一緒に写真を撮りました。(笑)

003
去年、ビルを赤いネオンのリボンで包んでいた『カルティエ』のビルも既に取り壊されて工事囲いだけになっていました。

004
その為、その裏側にある壁面が歪んでいる『デビアスビル』が中央通りから丸見えです。

005
反対側は毎年おなじみの『ブルガリ』の空飛ぶ蛇?

006
近づけば、ダイヤを散りばめた様な繊細な造りになっています。


007
宴会も終わり外へ出ると既に午後9時半を回っており、来たときにはあれほど賑わっていた中央通りもさすがに人が少なくなっていました。


天然温泉『花咲の湯』 上尾市

雑誌ぴあの首都圏人気温泉ランキングで3位と言う『花咲の湯』へ出かけました。

同じ名前の日帰り温泉は群馬県の川場村にもありますが、こちらは埼玉県の上尾市にあります。

まずは恵比寿駅から埼京線で大宮へ出ます。

01大宮
大宮駅からは『ニューシャトル』に乗りますが、数年前に鉄道博物館に行った際にも利用しました。


02ニューシャトル
背の低い6両編成の電車ですが、パンタグラフは無く、車両のサイドから電気を取ります。
またレールは無く、タイヤで走る為、走行中は振動が少し多い気がしました。


03
軌道は高架で、上越新幹線の線路の両脇(外側)にあります。

04
目的の温泉は大宮から約15分、原市駅にて下車します。

05
広い駐車場もありますが、入浴後のビールが飲みたいので車は使えません。(^_^;)

06
通りに面した施設は和風ではなく、アジアンテイストが売りだそうです。

07
入口も竹で装飾されています。

08
入口を入った処。

09
早速露天風呂へ!しかし、日曜日とあって客が多く、撮れた写真はこの1枚だけ。

10
ホームページからお借りしました露天風呂の風景!
こう見ても、それほどのアジアは感じません。千葉県の『ヒーリングビラ印西』の方がアジアンテイストは勝っていますね、

お風呂は建物の2階部分にあり、男性用だけでも露天・内湯ともにそれぞれ4つの湯船で異なった湯を楽しめます。
11
ここの売りは38度の非加熱源泉を投入した掛け流しの湯船ですが・・・・
さすがにこの時期は加温をしているようでした。

12
風呂から上がってロビーのTVを見ていたら、この人が写っていました。
日テレの『今日は会社休みます』の再放送みたいです。


13
帰路にホームで電車を待っていたら、新幹線が隣りを通過して行きました。



横須賀温泉湯楽の里

東京から近くて露天風呂から海が眺められる数少ない天然温泉に『横須賀温泉湯楽の里』があります。
京浜急行に乗ると我が家からは1時間ちょっとで到着します。
PC060003
横須賀の先、久しぶりに馬堀海岸駅に降り立ちました。

PC060005
駅から歩いて15分程で国道16号の海岸線に出ます。

PC060007
国道を渡って海岸へ出ると、沖には無人島『猿島』が見えます。
猿島へは横須賀から観光船が出ています。

PC060009
国道の海側は護岸工事がされていて、ジョギングや散歩コースになっています。
この空間は以前海沿いの住宅が高潮の被害を受けた為、地元の小泉首相が作らせたそうです。

PC060010
街路樹はフェニックスが植えられて南国ムードいっぱいです。

PC060011
そんな国道沿いに『湯楽の里』があります。今回は3年ぶりに2回目の訪問です。

PC060012
建物の裏には駐車場があり、更にその裏にある山までの平地には住宅が広がっています。

PC060015
早速、露天風呂へ急行し、海を眺めながらのんびり入浴です。

PC060016
今日は視程もよく、遠くランドマークタワーが見えました。
『段差に注意』と書かれている理由は、お湯が茶色く濁って居る為、湯船の底の段差が視認できない為なのです。源泉は地下から汲み上げた44.9度のナトリウム-塩化物強塩泉です。
又見える景色の解説板も設置されていて、スカイツリーと書かれていましたが、私の視力では確認が出来ません。

PC060019
リクライニングシートが並ぶ『お休み処』からも海が見えます。

PC060022
海を見ながら食事が出来るレストランも気持ち良いですね。

PC060021
沖を貨物船や軍艦が通過して行きます。次々と色々な船が通過するので見ていて飽きません。又上空には羽田へ向かう旅客機が高度を下げながら次々と通過して行きます。
景色が良く、気分爽快になる、お勧めの温泉です。

3回目の『夜会』


今日は夜の赤坂へ出かけました。

01_R
TBSの赤坂サカスです。

02イルミ_R
トヨタとコラボしたTOYOTOWNのクリスマスデコレーションが綺麗です。

03_R
その後ろにはニューヨークのロックフェラーセンターを真似てアイススケートリンクがあります。

04スケート_R
平日の夜なので、勤めを終えたサラリーマン達が滑っています。

05アクトシアター_R
私はその隣にある『赤坂ACTシアター』に向かいます。

06_R
入口のサインしか撮れません。場内のカメラ規制が厳しいからです。

07
今日のお目当ての公演は中島みゆきの『夜会』です。
題名の通り遅めの20時開演で、劇と歌がコラボされたショーですが、ミュージカルとは違います。

10ポスター_R
題名は『橋の下のアルカディア』で、毎年この時期に開催されます。
『夜会』は劇の内容が難解で、観た後に解説を読んで、なるほどと納得し、感激度が増すような演出になっています。従って同じ公演を2回観るファンが多いみたいです。
今回の主な共演者は中島中と石田匠です。

11_R
中島みゆきと言えば、今NHK朝の連続ドラマ『マッサン』の主題歌『麦の歌』を歌っていて、今年の紅白にも出場するみたいで、今から楽しみです。

13みゆき_R
ネットで見つけた写真です。

15赤坂BIZタウンのイルミ_R
公演が終わったのは22時を大幅に超えた時間でしたが、赤坂BIZタワー前広場のイルミネーションが綺麗でした。




記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ