ディスカスの逍遥日誌

逍遥とは、≪そこここをぶらぶらと歩くこと.散歩. 2.心を俗世間の外に遊ばせること.悠々自適して楽しむこと.≫とあります。自分の行きたかった所、行った所を記録して、読者の皆さんが、『こんな所も有るんだ!』と感じて戴ければ幸いです。

2019年06月

スパ・リブール横浜


6月も末になると、2019年も半分過ぎる事になり、どんどん年老いて行く早さが怖いですね。

歩けなくなる前にあちこち行ってしまおうと、昨日までは箱根の強羅へ行こうと画策していましたが、雨の箱根に行っても!と思い直し、近場で未湯の日帰り温泉施設へ出かけて来ました。

01

その名は『スパ・リブール横浜』と言い、鶴見の『三ツ池公園』の近くにあります。



02

広い通りから一本折れた道路沿いに建つビル型の施設です。


02-2

『Spa Libur』と書きます。
Libur とはインドネシア語で『休日』の事だそうです。



03玄関

玄関です。



04(1)階

玄関を入ったところ!



07館内

この施設の特徴は内装をアジアンテイストに統一しているところです。



08エレベーター

エレベーターの枠まで木彫を施しています。


06ロッカールーム

2階で受付を済ませると、すぐに同じ階の脱衣所で館内着に着替え、エレベーターで4階の浴室に向かいます。


09-4階

のれんをくぐった先にも小さなロッカーがあります。


10内湯

熱帯植物が茂る浴場です。


11

基本的にお湯は300mの地下から揚水された『黒湯』ですが!



12ココナッツ温泉

変わり湯として、白濁の『ココナッツ温泉』がありました。
特殊技術により、黒湯から色素を除去し、ココナッツオイルを投入した浴槽との事でしたが、白濁原因はココナッミルクによるものかも知れません。


14露天風呂

露天風呂も黒湯です。


15岩盤浴

5階の最上階には岩盤浴もありました。







16足湯

同じく5階屋上の足湯です。

浴場はカメラ持ち込み禁止のため、全てネットから借用しています。



15休憩室

広い休憩ルームもあります。


17らせん階段

吹き抜けの階段を上から撮りました。


18レストラン

食堂の椅子もラタンを採用し、アジアンテイストを醸しています。


横浜の鶴見地区は大きな日帰り温泉施設が沢山あり、競争に勝ち残るのは大変だと思いますが、開業後10年以上経つというこの施設を私は今まで知りませんでした。

たまたま何処へ行こうか?とスマホのアプリ『温泉天国』で探していたら、近くに有った!という事で出かけました。







来月はもうお盆!


6月も月末になると、来月はすぐにお盆を迎えますが!


01

親戚の新盆を迎える仏様に贈ろうと、日曜日のデパートに岐阜提灯を見に行きました。
上のカタログの最上級品は輪島塗に蒔絵を施したもので、何と100万円のお値段が付いていました。

亡くなられた新盆の縁者にこれを贈る人は居るのだろうか?と思わずにはいられません。でも、世の中広いから、亡くなったペットに贈る飼い主さんが居るかも知れませんね。



02

私はもっと簡素なこの提灯を新盆の仏様へ贈る事にしました。


DSC_1387

今日は久しぶりにようやく晴れ間が見えました。
我が家の庭のアガパンサスが長~く花径を伸ばしています。


DSC_1388

アジサイ同様、この季節の涼しいブルーの花です。



DSC_1390

この三角の葉が茂る草花はカタバミの1種で『オキザリス』と言いますが、葉の色も珍しい紫色をしています。


DSC_1392


左の黄色い葉は『ヒューケラ』という葉の色を楽しむ草花で、寄せ植えには欠かせない植物のひとつです。

7月になり蚊が出て来る前に、花壇の手入れをしようと思っています。




かんぽの宿伊豆高原で日帰り入浴


観光ではなく、他の用事で出かけた伊豆高原。
せっかくここまで来たので、余った時間を使って日帰り温泉に立ち寄りました。


01伊豆高原駅やまも口

伊豆高原駅を出ると隣接する商業施設『やまもプラザ』があり、それが駅の出入口となっています。



02伊豆高原の湯

駅近くにあるこの施設は何度も訪問したので、今回は違う施設を選びました。



03かんぽの湯伊豆高原

『かんぽの宿伊豆高原』です。



04ロビー

玄関を入ると広いロビーがありますが、高台にあるにも関わらず、今日は曇り空で海がはっきりしていません。


05浴場は地下1階

浴室はエレベーターで地下1階まで下ります。


06脱衣所

公共の施設とは言え、さすがに広い脱衣場です。
日帰り客を積極的に受け入れている為、鍵付きロッカーが並んでいます。


07内湯

ドアを開けると内湯も広く、数人の客が入浴中でした。


08内湯

浴槽に近づくと広いガラス窓にもかかわらず、樹林が生い茂り、ここからは海が見えません。



09内湯からの眺め

外を眺めると、桜の木などが植えてあるようです。



12露天風呂

今度は少し離れた場所にある露天風呂へ向かいました。



13

円形浴槽です。


14

周りにはベンチや椅子が配置されています。


15

心地よい眺めですが、遠くに海は見えるものの、写真では地平線と雲の境がわかりにくいですね。
平日で空いていた為、ここでしばらく独湯を楽しみました。


16露天からの眺め

浴場は地下1階ですが、斜面に建っているので視界は開けています。


17湯口

湯口からお湯は出ていますが、掛け流しでは無く、循環の様です。


19ロビーの外

入浴後、ロビーから庭に出てみました。


20ロビーの外

テラスや椅子があるだけで、広い芝生広場は無い様です。


21海の方

ここからも海と雲の境が分かりづらいですね。


22伊豆高原駅桜並木口

伊豆高原駅の『桜通り口』まで戻りました。


23ミクニ伊豆高原

この駅前に東急電鉄がプロデユースする『隈研吾設計によるレストラン・ミクニ伊豆高原』がオープンする様です。



24商業施設やまもプラザ

『やまもプラザ』はなかなか素敵なスポットです。


25リゾート21キンメ電車

ホームには伊豆急行の『リゾート21きんめ電車』が停車していました。
この電車特急では無く普通列車です。もう1つ、真っ黒に塗装した『黒船電車』の編成もあります。


26踊り子号

帰路、私はこの踊り子号に乗りましたが、この185系の列車も古いため、2021年からはE257系の列車(中央線のあずさに使用されているのと同型)に変わるそうです。
それより前2020年にはスーパービュー踊り子号がE261系という新型車両に更新され、プレミアムグリーン車や個室列車が新設されるそうです。

27

JRが公表したイメージ図です。



28

個室車内はこんな感じです。

私は鉄ちゃんではありませんが、乗ってみたい気がします。
オリンピック開会式入場券の抽選が外れてしまったので、その代わりに!(笑)




御岳山ロックガーデンをハイキング


宿坊『山香荘』を後にし、参道から別れて大岳山方面へ進むと、およそ5分で『長尾平』というベンチが並んだ広場に出ます。


56長尾平

沢山のベンチが有り、この日は日当たりの良いベンチはどれも空いていました。


55

ここには茶店やトイレもあり、登山の疲れを癒すにはとても良い所です。


58

私もここで15分位、心地よい風に吹かれて休憩しました。
いや、昼食時に飲んだビールの酔いをさましたのです。(笑)


60気持ちよい

せっかく御岳山まで来たので、未踏の『ロックガーデン』を歩いてみる事にしました。
『ロックガーデン』とは御岳山の渓流沿いに造られた遊歩道の事です。

61根が出た登山道

渓流が流れる沢の方へどんどん下って行くと、こんな根が出た道も現れます。


62天狗岩

更に進むと『天狗岩』という巨岩が出現します。


63沢迄下ると

ようやく、沢まで下って来ました。


64渡り石

岩で造られた橋の上を歩いて、右に左にと何度も沢を渡り返します。

65自然ではない?

この遊歩道の歴史は古く、昭和10年には造られたそうです。


66苔むした流れ

苔むした岩の間を渓流が流れる様は、東京の奥入瀬と言われるらしいです!!



67岩石園に到着


途中の『岩石園』という休憩広場に、この遊歩道整備の歴史が記されていました。


68広場

『岩石園』の風景



69岩が迫ると

岩石園を過ぎると、急に谷が狭くなります。


70綾広の滝

すると鳥居が現れ、その先に大きな滝が見えてきます。
『綾広の滝』という名前が付いています。


71岩も迫る

何やらパワースポットの様です。


72神代杉

その先で登山道と合流して20分ほど歩いて神社の参道まで戻れば、朝方通った神代ケヤキに到着です。
ここまでおよそ1時間半の道のりで、軽く汗をかくハイキングでした。


73古い宿坊が多い

茅葺屋根の宿坊を眺めながら、ケーブルカー乗り場まで戻ります。


74一日中好天に恵まれた

今日は一日中晴天と好展望が続き、にわか雨の心配もなさそうです。


75行列

下りのケーブルカー乗り場に付くと行列が出来た居ましたが、全員乗り切れました。


76帰りは赤

下りは赤い電車でした。


77バス

ケーブルカーを降りると、路線バスが待っています。


78御嶽駅

まだ日が高いうちに御嶽駅に到着しました。


79観光案内(山に行かなくても)

駅の看板には付近の観光名所が記されています。


80電車を待つ

気持ち良い梅雨の合間の晴れ間を、一日有効に過ごすことが出来ました。

(おわり)

御岳山の宿坊で入浴とランチ



私はこの御岳山で、何年も前から気になっていた看板があります。


35山香荘看板

それがこれ、宿坊でのランチを誘う看板です。
この参道を通るたびにこの看板を見て、『おや?立ち寄ってみようかな!』と思っていたのですが、今まで時間が合わなかったのです。
今回ようやく昼時間に、この店を訪問する事が出来ました。



36山香荘看板

お蕎麦中心のメニューみたいですが、ご入浴セットもあります。


37

又、浅田次郎といえば、高倉健主演で映画化された『鉄道員』(ぽっぽや)の原作者ですね。



33宿坊

その宿坊の名前は『山香荘』です。


38アプローチ

参道の入り口からは20m位奥まって玄関がある為、どんな宿なのか?ドキドキしながら進みます。



40

ようやく玄関が見えると、モダン和風の構えや提灯が現れ一安心です。


41玄関

赤い番傘と右には営業中の看板!


42

民芸の宿らしき装飾が素敵です。


43出迎え

玄関では不思議な人形たちがお出迎え!



44ロビー正面

ロビー正面から素敵な照明の下、色々な装飾品が並んでいます。

普通、宿坊と聞くとお寺の玄関を入る様な無機質なロビーなどを想像しますが、全然違いました。



45ロビー右

ロビー右側は喫茶コーナーの様です。
大きな窓から緑の光が差し込み、何と素敵な空間だと思いませんか?


46ロビー

武者人形やアンティークな箪笥とテーブルそして大きな壺など何処を見ても申し分ないインテリアです。



食事の前に日帰り入浴をお願いしました。

47内湯

お風呂はシンプルな桧浴槽に循環湯+ジャグジーという構成です。


48

洗い場も綺麗でカランが4つ!


49人工温泉

肝心のお湯は温泉では無く、ラジウム鉱砂泉という人工温泉です。
水を上流の沢から引いている山の上の宿ですから、無理は言えません。



50浴槽からの眺め

広い窓の下の方をスモークしている為、お湯に浸かったまま景色を眺めることは出来ません。
外を覗くと、めったに人が通る場所ではないので、スモークしなくても良いのでは?と思いますが、保健所が細かく指導するのでしょうか?


51食事所

風呂上がりに戴く食堂は、どっしりとした無垢のテーブルが置かれた広い和室でした。




52入浴セットのランチ

お蕎麦やさしみこんにゃく等、宿坊らしい料理を大変おいしく頂きました。


53宴会場の装飾

宴会場らしい大広間の天井からは今まさに大蛇が降りて来る様子が!その下には大きな書額も飾られ、申し分ない雰囲気を味わう事が出来ました。

私はこの店が大変気に入り、これからもおじゃましようと思わずにはいられません。
読者の皆様も御岳山訪問時は是非お立ち寄りください。

(つづく!)





御嶽神社とロックガーデンハイキング


前日の大雨とは打って変わって晴天となった日曜日。
奥多摩にある『御嶽神社』御岳山)にハイキングを兼ねて出かけました。

写真をたくさん撮ったので、今日から3回に分けてお届けします。


1ホリデー快速奥多摩号

朝8時19分新宿発のホリデー快速5号に乗り、出発です。


2御嶽駅

下車は青梅線の『御嶽駅』で、我が家からはここまで2時間20分ほど、新宿からは1時間半掛かります。
駅舎のデザインと看板が素敵ですね。


3

路線バスに10分乗り、滝本駅からはケーブルカーに乗り、山上を目指します。


4

ケーブルカーの下り車両とすれ違ったところ。
ここで分かったのですが、登り電車でも乗客は全員下を向いて座るのですね!


5記念乗車券

こちらは往復の記念乗車証!
ケーブルカーも『スイカやパスモ』が使えたのは驚きです。


7

ケーブルカー山上の『御岳山駅』隣の展望広場から東京の視界が開けます。



8

今日は6月というのに視程が良く『スカイツリー』が真ん中に見えます。



9

案内図の黄色部分は宿坊がある場所です。
ざっと数えても、20軒以上はあるようです。



10参道

ここから御嶽神社への参道が始まりますが、意外と遠く25分ほど歩くことになります。


11イワウチワの群生

参道の途中で見つけた『イワウチワ』の群落。
山野草で、都内23区では夏の暑さと高湿度の為、育てるのが難しいそうです。


12宿坊をぬって

宿坊の間をぬって上って行きます。



13神代ケヤキ

途中で樹齢600年と言われ天然記念物の『神代ケヤキ』の大木の脇を通り、ここで右折します。



14土産物街

みやげ物、食堂街の間を通過します。



15階段が始まる

おみやげ屋街を通過すると、いよいよ階段が始まります。


16-2

段差が少なく上りやすい階段ですが・・・・


16-3

この灯籠の寄贈者を募集していて、1基50万円だそうです。
寄贈者のお名前が掲げられるそうですが、如何ですか?



16まだまだ階段は続く

この階段、200段ぐらい有るかな?と思ったのですが、後で調べたら330段も有るそうです。



17本殿が見えて来た

ケーブル駅から約25分ほどかけて、ようやく本殿のある御岳山に到着です。


18

朱塗りに金や動物の装飾を施した派手な神社です。


19

正式名称は『武蔵御嶽神社』というそうで、神社本庁に属さない独立系の神社との事です。


20本殿の裏

今まで何度もここまで登りましたが、今日は登山の途中では無く時間が有るので、本殿の後ろの方まで見学させて頂きました。
階段最上部から本殿正面までは距離が無いのですが、その後ろは意外に大きい建物だとわかりました。



21神様が居る所

本殿の一番後ろのこの場所に降殿した神様は居られるのでしょうか?


22

本殿の更に後ろにはもう一つの社が!


23

(旧本殿)と書かれていますので、昔の本殿はこんなに小さかったのでしょうか?


24

その更に後ろに『奥宮遥拝所』と書かれている場所があります。
奥宮は神様の別荘でしょうか?



25奥社がある所

奥に見える尖った山の山頂に奥宮が祭ってあります。



03御岳神社奥の院03

私は今からちょうど20年前の1999年2月、大岳山登山の途中でこの『奥の院』を通過した事があります。その時撮った写真がこれです。奥宮と奥の院はたぶん同じ場所でしょう!
神様の別荘は意外とみすぼらしい?(笑)


28雅楽の演奏

神楽殿では今日のイベントとして『雅楽の演奏』が行われていて、無料という事もあり沢山の聴衆が集まっていました。
私も15分位聞いていましたが、やはり飽きました!(笑)


29宝物殿

本殿の隣には『宝物殿』があります。


30宝物殿チケット半券

私も500円払って館内ご宝物を見学。これはチケットの半券です。
刀剣、甲冑、馬具などの他、絵画、写真などが展示されていました。



31宝物殿

この宝物殿は2階建てで、下から見ると思った以上に立派な建物です。

次回は昼食に訪れた宿坊を記します。

ひさしぶりの映画『ねことじいちゃん』


今日、土曜日は朝から雨。
こういう日は映画を観るのが一番という事で、地元の映画館で上映中の『ねことじいちゃん』を観ました。


70461f9ef6ab8b22

原作は漫画ですが、それを映像化したのは、ネコの写真で有名な動物写真家『岩合光昭』です。


cast_pt_1

主演の大吉じいちゃんを演じたのは落語家の『立川志の輔』で、ロケは愛知県の三河湾に浮かぶ『佐久島』という小さな島で行われたそうです。

その島に多く住み着くネコ達と、人間模様を描いた作品です。


cast_pt_2

島に移住してきて、カフェの経営を始めた美智子を演じるのは『柴崎コウ』です。


story_head

こんな自然豊かな漁港を抱える島でネコの『タマ』と一緒に暮らす妻を亡くした大吉に、息子が『東京で一緒に暮らそう』と言って来ます。

ネコ好きにはたまらない映画だと思いますが、そうでない人ものんびりとした島の風景を眺めて心を癒やすのも良いかな~!と思います。

(写真は映画サイトから借用)





飯山温泉と観音様



朝はどんよりとした曇り空の土曜日。
こういう天気の時は、丹沢山麓の温泉が近くて、つい出かけたくなります。
なぜなら東名高速が渋滞しないから!


0飯山1白山公園への入り口

という事で、今回はマイカーで丹沢は大山の麓にある『飯山温泉』を訪ねました。
飯山温泉の奥には標高283mの白山という山があり、この辺は『飯山白山森林公園』と呼ぶらしいです。


02小鮎川

朱塗りの橋の下を流れるのは『小鮎川』。なんと素晴らしい名前でしょうか!


03


川のほとりに神社を発見!

04

なかなか勇ましい名前の神社でした。


05

今日の日帰り温泉訪問先は『ふるさとの宿』という温泉旅館です。


06

立ち寄り入浴歓迎の旗も上がっています。


07サツキ

玄関へのアプローチが素晴らしい!



08

いきなり赤い橋が出てきて、これを渡って玄関へ進みます。


09

橋の上からは手入れが行き届いた日本庭園が眺められます!
この水車、実際に回っているのが素晴らしい!


10

ようやく玄関に到着です。
館内ロビーの写真を撮り忘れました。(-"-)


12

女将が浴室まで案内してくれました。


13

脱衣室&洗面はシンプルですが、新しくて綺麗です。


14

内湯は10人は入れる大きな浴槽で適温でした。
飯山温泉は冷鉱泉で、源泉は17.4度しか在りません。
循環浴槽とはいえ、これだけ大きな浴槽の温度を保つのは大変だと思います。


15

反対側には洗い場が並んでいます。


16

湯口からはアルカリ度の高い湯が注がれているはずなのですが、お湯の感触はアルカリ温泉の特徴である『ぬるぬる感』が少なく感じます。


17

湯口の黄色い文字は『飯山花音頭』の歌詞が彫り込まれていました。



20

露天風呂は岩風呂となっています。
こちらはぬるく湯温は37度位しかなく、夏向きで長湯が出来ます。


21

高い塀の向こう側は女湯の様です。


24坂東三十三観音霊場第六番札所

宿を出て坂を上がって奥に進むと『飯山観音』があります。


25飯山観音長谷寺

坂東三十三観音霊場の第六番札所だそうです。
寺の名前は『長谷寺』(ちょうこくじ)と読むそうです。


26

寺は高台にあり、厚木方面を眺めることが出来ます。


27

駐車場の脇の斜面に『ほたるぶくろ』の群落がありました。


28

そろそろアジサイが色づく季節になって来ましたね。


所沢の航空公園へ!(その2)


『所沢航空記念公園』はさいたま県営ですから、航空機展示館だけではなく、公園という名の通り航空ファンで無くても楽しめる広~い公園となっています。


27

園内には整備された森が続き。



28芝生広場


大きな芝生広場が幾つもあります。

29バラ園

季節柄、バラ園もありました。


30モニュメント

サツキに囲まれたモニュメントもあります。


31カーチスC-46輸送機

公園広場の一角にある銀色の大きな尾輪式の機体はアメリカの『カーチス・ライト社製C-46コマンドー』で、DC-3に対抗して造られた輸送機だそうです。


32

近寄るとさすがに大きいです。
尾輪式の機体は離着陸時に操縦席が上を向いていて見にくく、操縦が難しいと言われています。


33日本庭園

公園内には日本庭園もありました。


34





35

庭園内には池や東屋が配置されています。


36所沢航空交通管制部のアンテナ

公園の背後に見える赤いアンテナ塔が建つ場所には、国土交通省の『東京航空交通管制部』があります。
ここでは、東北から中国地方迄の空の交通管制を行って居て、ここから管制官が旅客機等に対し高度、進路等の指示や監視、情報の提供を行い、航路の安全を守っているのです。



40

ここに日本初の飛行場が出来たのは1911年(明治44年)の事でした。


41滑走路跡地

この場所、この方向に長さ400mの滑走路があった様です。



26日本初の飛行場が設置された

航空発祥の地と言われる由縁は?



45

航空公園を出て、再び駅前のYS11を見て帰路に就きました。
(おわり)



所沢の航空公園へ(その1)


所沢の航空公園に航空機の展示館があるというので、日曜日に出かけました。


01西武新宿線航空公園駅

西武新宿線で所沢駅の次の駅が『航空公園駅』です。


02駅前にYS11月

駅を出ると正面に『YS11』が展示されています。


03

本機は平成9年(1997年)に全日空及びエアーニッポンより埼玉県に寄贈されたそうです。


04ここは所沢市

所沢もこのあたりは緑が多いですね。


05公園の入り口

5分ほど歩くと『所沢航空記念公園』入口に着きます。


06案内図

公園は元飛行場という事もあり広大な敷地です。


07航空発祥記念館

その1角に『航空発祥記念館』があります。


08入口

館内ロビー天井には日本初飛行の機体の複製が展示されています。


09

入館料510円を払って展示館に入ると、たくさんの機体が所狭しと展示されています。


10

各機には解説板が設置されています。


11シコルスキー

ヘリコプターも展示されています。


12




13-2

実物をカットして階段を設置して、操縦席に座りやすくなっています。



13パイパー

パイパーでしょうか? いや、L-5 センチネルという機体でした。


14



15

2階には『霧ヶ峰式はと14』プライマリーグライダーも展示されていました。



16

ウルトラライトやハンググライダーの展示もあります。


17

2階から下の展示機を見下ろすことが出来ます。


18

大型の双回転翼のヘリコプターは『バートルV-44』という輸送機です。







20航空の発祥を学ぶコーナー

2階には日本の航空発祥に関する展示コーナーがあります。


20-1

ライト兄弟から遅れる事7年後の1910年、代々木の練兵場で行われた動力機の日本初飛行を再現したジオラマ展示は徳川大尉の乗ったフランス製のアンリ・ファルマン機。


21

空港の管制風景の展示!


22

操縦のフライトシュミレーターもあります。
私も楽しませて頂きました。


23大型映像館

大型映像コーナーもあります。


24カレー

レストランも有り、テラス席から目の前の芝生広場で模型飛行機などを飛ばしている景色を見ながら食事ができます。

つづく!


記事検索
月別アーカイブ
ディスカスの掲示板↑
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ディスカス

生まれも育ちも城南住まい。ハイキングや日帰り温泉なども良く行きますが、時々グライダーで空も飛びます!あと、POPSのコンサートに出かけるのも大好きです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ