11月7日からの週末に、私が所属する『埼北温泉愛好会』のメンバー13名で塩原へ1泊のオフ会に出かけました。
(オフ会とは普段はネットで繋がっている仲間同士が回線を切(オフ)り、実際に会って一緒に行動する事を言います。)

埼北の文字の通り、埼玉県の北部を中心とするメンバーが中心となり立ち上げた同好の士の集まりですから、東京の私は入れて戴いているという立場です。
集合場所の『道の駅湯の香しおばら』には関東各地や新潟からもメンバーが駆けつけました。
集合後はここで全員が『湯めぐり手形』を購入しました。

DSC_0650
この手形持参者は1軒の宿で日帰り入浴が無料となり、その他21軒の宿では半額で入浴が可能になるからです。

01ニュー塩原温泉ホテル
最初に訪れたのは塩原一の大型施設である『ホテルニュー塩原』でした。会社の慰安旅行が無くなった今、このような大型ホテルの経営は難しく、今では『大江戸温泉物語グループ』の経営になっています。

02看板

05虹の架け橋
このホテルは箒川の両岸に大きな建物があり、それを結ぶ『虹のかけ橋』が有名です。

03岩風呂
たまたま今年の水害により、川沿いの大浴場『湯仙峡』が工事中の為、普段は入らない大岩風呂と7階に有る内湯に入る事が出来ました。

06七階風呂


08やまなみ荘
大きなホテルばかりではなく、温泉ファンはこの『やまなみ荘』のような小さい旅館も大好きです。

09やまなみ荘内湯
なぜなら、湯量が豊富で、この湯船は大量掛け流しとなっているからです。

11やまなみ荘露天
こちらは露天風呂ですが、自家源泉の為、浴槽が少し変色しているようです。

13和泉屋旅館
三軒目は、老舗の和泉屋旅館を訪ねました。

14和泉屋旧館
昔ながらの旧館とは道路の下を通る地下通路でつながっているのが驚きです。

15和泉屋新館内湯
こちらは新館の内湯です。

16和泉屋旧館露天風呂
旧館にある露天風呂は箒川に面して居ます。

17旧館内湯
こちらは旧館の昔ながらの内湯で、相当年季がはいっています。

19紅葉の駐車場
塩原は紅葉の真っ最中でしたが、曇り空が残念でした。

21彩つむぎ
次は一般では日帰りでなかなか入れない旅館を訪ねました。
今日宿泊する『明賀屋本館』の系列店の為、特別に無料で入浴させて戴きました。

22彩つむぎ
『彩つむぎ』入口です。

23彩つむぎ露天湯小屋
綺麗な旅館で、こちらが露天風呂の脱衣所になります。

24彩つむぎ露天
こんな感じの露天風呂がありました。

25箒川
露天風呂の先は紅葉の箒川が眺められます。

28彩つむぎ大岩風呂
こちらは内湯の大岩風呂です。

今日は宿泊前に4軒の立ち寄り入浴を敢行しましたが、内湯と露天風呂の両方がありますので、合計8か所の風呂に立ち寄りで入った事になり、温泉バカ丸出しですね。

入るたびに忘れないよう、全員がカメラで浴槽の写真を撮るという光景を思い浮かべると、グループ外の人達から見ると、こいつら何者か?と思う事でしょう!(笑)

29
そして、いよいよ、今日の宿泊地『明賀屋本館』に到着です。到着した時は既にあたりは暗く、写真を撮らなかったので、今回はネットからお借りしました。(^_^;)

30
暗くなって入った、川岸露天風呂です。

31
赤のれんん向こう側が女性専用浴槽で、こちら側は混浴です。

32

30川岸露天
真っ暗な写真ばかりなので、私が昨年3月に日帰りで訪問した時の写真を掲載します。
その時のブログ記事はこちらです。


36
入浴後は宴会です。

37
今回はこんな料理が並びました。 翌日に続く!