年を取るとだんだん出かけるのが面倒になりますが、そんな気分の中『明日の好天を逃したら、もうあの紅葉も見れなくなる!』と気持ちを奮い起こして、準備不足のまま出かける事にしました。



01特急草津31号上野駅

11月3日、上野駅9時発の『特急草津31号』に乗り、伊香保温泉を目指します。




02渋川駅着

伊香保の玄関口である上越線の『渋川駅』に10時半過ぎに到着し、ここから路線バスで伊香保温泉までは30分ほど掛かります。
今日は祝日でコロナも縮小している為、車も多く、バスも渋滞で10分程遅延しました。



03伊香保BTで下車

伊香保バスターミナル停留所に着くと、あたりは既に紅葉真っ盛りです。





04天気も最高

 天気も良く、眺めも最高です。




05古久家

最初の日帰り入浴に選んだのはこのホテル!



06本日お休み

しかしながら、玄関に無情な張り紙!残念です。





07階段街へ

気を取り直して、とりあえず伊香保階段街で、小型巡回バスを待ちます。





08紅葉橋へ

100円の『伊香保タウンバス』に乗り、伊香保温泉最上段の『紅葉橋』までやって来ました。
(伊香保は斜面に広がる温泉街のため、下から上に上がるには循環バスが便利です。)




09河鹿橋を見る

人専用の赤い欄干を備えた『河鹿橋』一帯の紅葉が最盛期を迎えています。



10河鹿橋へ

大勢の観光客が歓声を上げながらスマホ撮影に励んでいます。



11案内図

階段街の最上部から徒歩10分程の場所にあります。(クリック拡大)



12伊香保露天風呂

河鹿橋から更に先へ歩いたところにある『伊香保温泉露天風呂』は公共の日帰り温泉施設で、私は2008年と2014年にもこの露天風呂に入浴していますので、今回が3回目の訪問と成ります。




13男湯

男湯の入口です。



14男湯

一番奥から入口方面を撮って居ます。
黄土色に濁った源泉を伊香保では『黄金の湯』と言います。
湯船には落ちたモミジの葉が浮いています。



15男湯

入口方面から奥の方を撮りました。




16露天風呂HP

こちらは施設のHPから拝借した写真で、湯船はU字型をしています。



源泉湧出口

露天風呂の先に源泉が湧出するのを見物出来る窓があり、
動画で撮りましたのでこちらをご覧下さい。





17河鹿橋へ戻る道

露天風呂から河鹿橋へ戻る道は、深まる秋の景色を演じています。



18紅葉真っ最中

幽玄といえる程の紅葉を堪能しました。



20伊香保神社

階段街最上部の伊香保神社まで戻りましたが、日本人は参拝が好きですね。

(つづく)