27

『音楽と森の美術館』を出て、河口湖畔まで歩いて来ました。




28富士山

午後に成っても雲に隠れること無く、大きな富士山と白い河口湖大橋を望む事が出来ました。



29河口湖畔の道

静かな湖畔の道を歩きます。




30紅葉回廊
 
『河口湖紅葉まつり』が開催されている『もみじ回廊』まで歩いて来ました。
多くの屋台が建ち並び、車も人出もコロナ関係無しという位に賑わっていました。

回廊とは川の両側に植えられたモミジの通りを左岸から100m程歩き、橋を渡って右岸を戻るコースを指すのでしょう!
ここは昼間よりライトアップされたモミジを鑑賞するのが、ベストでしょうか?






31紅葉回廊

奥の方はまだ紅葉が始まったばかりの段階でした。




32久保田一竹美術館

回廊コースをエスケープして、その奥に有る『久保田一竹美術館』を訪ねました。

私は6年ぶり2回目の訪問です。




33入口

周りの景色を圧倒する緻密な彫刻がなされた門が現れます。




34回廊を進むと

門をくぐり、緑多い導入路を進むと!



35玄関

異様な光景の建物が現れます。



36

そのたたずまいはあのガウディを連想させる建物です。。




37展示室

さらに階段を上がった先に展示棟があります。
その展示棟は四角錐の形をした木造で、中に入ると縦横に巡らされている太い梁を見る事が出来ます。



38

久保田一竹の作品は富士山を題材にして『辻が花染め』という絞り染めの技法による美しい着物です。




39

ネットからお借りしたその作品の一部をご覧下さい。




40

これらの色とりどりの絞り染め作品が多数展示されています




41その他

その他、ユニークな収集品の展示もあります。



42

庭園内の紅葉も見事です。




43廻り

美術館外側の紅葉も見事でした。





45ホテルの部屋から

ホテルにチェックインすると、正面に富士山を望む部屋で喜びましたが、全ての客室から富士山が見える様に設計されているようです。




46大浴場

大浴場は普通の造りですが、掘削温泉で源泉名は『張山の湯』と言い、泉温30.8度のカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉という表示がありました。





47露天風呂

露天風呂は小さな二人用!

既に真っ暗で富士山は全く見えません。
夏ならば、山小屋の灯りが見えるのでしょうが、初冬では仕方ありません。

この他、無料の貸切風呂があったみたいですが、気づきませんでした。

明日も晴天が続くようで楽しみです。

(つづく!)