毎年、この時期に楽しみなのが、柿の収穫です。


21.11.19の柿

綺麗に紅葉はしてきたものの、今年は実が1個も付きませんでした。



20.11.22.今年最後の収穫

去年はご覧の通り沢山成り、ご近所に配ったりしたのですが!




15.10.30
 
このように毎年たわわに実る柿が今年は1個も成りませんでした。




21.03.06.枝を切り詰

色々ネットで調べると、原因は今年の3月初旬に行った柿の木の剪定によるものと判明しました。

果樹の剪定を知らない町の植木屋さんに剪定をお願いすると、柿が成らなくなるそうです。
すなわち、柿は前年に延びた枝の先端から今年の枝が伸び、その伸びた枝に実が成り、先端以外から伸びた枝には実が付かないのだそうです。

町の植木屋さんは樹形を整えるのが仕事と思って、前年に延びた枝先を全て切りそろえてしまう為、枝の先端を失った木全体で柿が成らなくなるのだそうです。

来年に期待するしか無いですね。



00.12.06.柿01


20年前のまだ幼木の頃から大いに実を成らせて来ましたが、それにしても大きく成長したものです。

果樹農家は収穫が楽なように、上に伸びた枝は切り取り、背を低くして収穫するそうです。
自分も年を取ったので、高い梯子に登らずに収穫出来るよう、高い枝を切ってしまう事を考えています。