競馬界に先日大変残念なニュースが舞い込みました。
2013年のダービーを制したキズナが故障のため引退することが決定しました。
漆黒の筋肉質な馬体は非常に美しくファンの多い馬だっただけに残念でなりません。

キズナの戦績を振り返ると意外にもG1勝利は日本ダービーのみで、これだけの能力と人気がありながらもG1勝利は1勝のみなんですね。

キズナといえば強烈な末脚が武器ですので東京競馬場がベストですが、東京競馬場でのG1は日本ダービーしか走っておらず、天皇賞秋もジャパンカップも出走することはなかったので、今年の天皇賞秋、ジャパンカップでキズナを見れるのを楽しみにしていただけに非常に残念です。。。

ただ種牡馬入りは決まっているようなので、産駒にジャパンカップ制覇や凱旋門賞の夢は託すことにしましょう!

最後にもう一度キズナの日本ダービーの走りを振り返りましょう↓





武豊騎手とキズナのウィニングランに対する大歓声は今見ても感動的ですね!


さてここからは本題に入りますが、本日も昨日に引き続き、シルクホースクラブの募集馬の中から将来に可能性を感じる馬を厳選しましたのでお伝えしていきたいと思います!

その第2弾としまして、ルーラーシップ産駒の牝馬から、フサイチエアデールの14 を紹介したいと思います。

まずはフサイチエアデールの14のデータを見ていきます。

・父 ルーラーシップ
・母 フサイチエアデール
・厩舎 高野 友和
・募集価格 2,200万円(1口4.4万円)

血統面では、父は今年産駒がデヴューとなるルーラーシップですので、産駒実績はありません。
現役時代は出遅れ癖が災いし、国内のG1は勝てませんでしたが、香港のクイーンエリザベス2世カップの勝ちっぷりが示すように能力の高さは折り紙つきです。

ちなみにクイーンエリザベス2世カップの模様はこちら↓(4番の馬です)



このレースでは出遅れもなく、好位から抜け出す横綱相撲でまさに完勝と言える内容でした!


母は5勝をあげ、エリザベス女王杯2着2回等の輝かしい実績を持つ、フサイチエアデールです。
フサイチエアデール産駒の代表としては、朝日杯を制したフサイチリシャールがいますし、血統面では期待が持てる中々の良血です。

厩舎は高野 友和厩舎ですが、ショウナンパンドラで秋華賞を制したこともある厩舎で、まだキャリアは浅いですが腕は良いものがある厩舎です。

馬体についてはバランスよく筋肉をまとった好馬体で、歩様にもスムーズさがあります。
馬体重は現時点で476kgとサイズはやや大きめですが、管囲は20.1cmあり故障のリスクはさほど高くはないと見ています。

では上記をまとめた総合評価は以下のとおりです。

・血統 B+
・厩舎 B
・馬体 A-
・総合   B+
・お買い得度 A+

総合的に見ると厩舎、血統面、馬体ともに平均点以上の印象ですし、値段も2,200万円とまずまず手頃な部類ですので、中々お買い得な1頭だと思いますし、出資を検討される価値は大いにありそうです。

明日もシルクホースクラブの出資検討馬について記事にしますのでよろしければご覧ください(^∀^)



最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


 

にほんブログ村