キャロットクラブの一次募集の結果発表が終わり、シルクの一次募集に切り替えている方も多いと思いますが、キャロットの1.5次募集での申し込みを考えておられる方もいると思います。
1.5次募集の受付は、9月22日正午から23日正午までとなっており、現在検討中の方もいると思いますので、
残口馬の中でおすすめの馬を2頭紹介したいと思います!

まず1頭は、ウルトラブレンドの15(ディープインパクト産駒)となります!
正直1.5次募集に残るとは思っていませんでしたし、意外な印象ですね。。。
現時点の完成度は募集馬中No1と見ていますし、2歳戦から重賞戦線で活躍できると見ており、出資する価値は十分と見ますが、距離の壁を感じる点が嫌われているのでしょうか。。。
ただ、残口馬の中では断然おすすめですので、あらためて取り上げました!
(詳細は以下の記事に書いています)

ウルトラブレンドの15


もう一頭は初めて取り上げる馬ですが、トーセンホマレボシ産駒の中から、フェリスタスの15 を紹介したいと思います。
まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 トーセンホマレボシ
・母 フェリスタス
・兄姉 活躍馬なし
・厩舎 吉田直弘
・募集価格 2,000万円(1口50,000万円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面
父 トーセンホマレボシは京都新聞杯を制していますが、それ以外に目立った成績をあげておらず、産駒も活躍馬を出していません。
強調材料はあまりありません。

母 フェリスタスは勝ち鞍をあげておらず、また産駒も活躍馬は出していません。
こちらも強調材料はありません。
 
血統面では特に強調材料はありません。。。

・厩舎
リーディングを見ますと50~70位台の年が多く、特に強調できるような成績は上げていません。。。
レース選択を含め手腕には疑問が残ります。。。

・馬体
馬体については1月生まれということもあり、中々見栄えする馬体です。
馬体重が481kgありますが、管囲が21.3cmあるため故障のリスクは高くないと見ます。
動きは俊敏さはあまり感じませんが、しなやかがあり、中々の動きを披露しています。


以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統 D
・厩舎 C-
・馬体 B-
・総合 C-
・お買い得度 C+

血統面、厩舎は強調できませんが、馬体は中々の好馬体です。
芝・ダート兼用でいけそうですし、値段が安く設定されているため、回収率では期待できそうです!

キャロットクラブでの出資検討の参考にしていただければ幸いです(^∀^)


本日は最後にトーセンホマレボシが制した京都新聞杯の模様をご覧ください!↓




好位のインから直線抜け出す横綱競馬で完勝し、クラシックの舞台でも活躍を期待させました!(^∀^)



最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!!!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村