一口馬主界ではシルクホースクラブの一次募集の話題で持ちきりですが、競馬界全体ではマカヒキの凱旋門賞挑戦が大きな話題となっています!

凱旋門賞は、ディープインパクトやオルフェーブルといった名立たる名馬が挑み惜しくも敗れたレースで、日本のホースマンにとっては悲願になっています。

今年はダービー馬のマカヒキが挑むわけですが、今年のメンバーは例年と比較してもかなり手ごわいメンバーが揃っています。。。

ドゥラメンテを破ったポストポーンド、8連勝中の怪物牝馬 ラクレッソニエール、G1で5連続連対中のファウンド、英ダービー、愛ダービーを制したハーザント等豪華メンバーが集結しており、マカヒキにとっては厳しい戦いが予想されます。。。
凱旋門賞の記事は週末に書く予定ですので、宜しければごらんください(^∀^)


さてここからは本題に入り、シルクホースクラブの2016募集馬の中からおすすめの馬を紹介したいと思います!
本日はディープインパクト産駒の中から、プチノワールの15 を紹介したいと思います。
まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 ディープインパクト
・母 プチノワール
・兄姉 ローヴティサージュ
・厩舎 須貝尚介
・募集価格 10,000万円(1口200,000円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面
父 ディープインパクトは説明不要のスーパーホースです。
ディープインパクト産駒のマカヒキが凱旋門賞制覇なるかも注目されていますね。

母 プチノワールは自身は不出走ながら、産駒には2歳女王に輝いたローヴティサージュがおり、繁殖牝馬としては優秀です。
 
血統面ではかなりの良血といえそうです!

・厩舎
リーディングを見ますと10位以内の年が多く、非常に優秀な成績を残しています。
ゴールドシップの管理調教師としても有名な調教師ですね。

・馬体
馬体についてはサイズはやや小さいですがバランスのとれた好馬体です。
動きはきびきびとしており、運動神経の良さを感じますし、踏み込みには力強さもあります。
全体的に筋肉量がやや足りない印象ですが、そのあたりが今後の成長で補えれば楽しみな馬です。


以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統 A+
・厩舎 A+
・馬体 B-
・総合 B+
・お買い得度 C+

血統面ではかなりの良血ですし、厩舎も超一流で、さらに好馬体ですので、クラシックを意識できる一頭です!
距離に関してはクラシックディタンスを主戦場としそうです。

シルクの今年度の募集馬の中では最もダービーに近い馬だと思いますが、キャロットクラブやサンデー、社台、セレクトセールに出された馬達との争いに勝っていけるだけの素材かと問われると少々疑問も残ります。。。
値段に見合った活躍が出来るかは今後の成長次第でしょうね。。。

シルクホースクラブでの出資検討の参考にしていただければ幸いです(^∀^)


本日は最後にマカヒキが制したニエル賞の動画をご覧ください!↓




最後余力を残しながらも差しきり、本番に希望をつなぐ勝利をあげましたね!




最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村