先週はスプリンターズSと凱旋門賞というビックイベントが重なりうれしい悲鳴をあげられていた方も多いと思います。。。

凱旋門賞については昨日回顧の記事を書きましたが、マカヒキは見せ場なく敗れ去りました。。。
世界の壁の高さを感じるとともに、やはり欧州の芝やタフなコースセッティングに対応できるパワーやスタミナの必要性を改めて感じるところですね。。。

日本の現在の競馬界はディープインパクト産駒の1強状態になりつつありますが、ディープインパクト産駒のうりは、瞬発力でありスピードですので、欧州の芝やタフなコースセッティングは向いていません。
その事実は凱旋門賞制覇が日本のホースマンの悲願として掲げられている実情とマッチしていないわけですね。

凱旋門賞制覇を優先させるなら、ガリレオを代表とするサドラーズウェルズ系の血をいれるべきでしょうが、それでは日本の高速馬場に対応できないため、ここにジレンマが発生します。。。
この事実からも日本馬の凱旋門賞制覇は今後も容易には達成できそうにはありませんね。。。



さてさて凱旋門賞は終わりましたが、日本競馬はこれからがG1シーズンですので気合をいれて予想したいと思います!
では項目ごとに見ていきます!


・コース形態
毎日王冠が行われる東京芝1800Mはスタートしてすぎに緩やかなカーブに差し掛かるため、枠としては内枠有利です。
特に先行する馬は内枠を引きたいところですね。

・芝のコンディション
芝のコンディションについては今週が開幕馬場ですので当然良好です。
ただ今週末は雨模様であり、パンパンの良馬場での開催は難しそうです。。。

・展開
マイネルミラノ、ウインフルブルームあたりのハナ争いとなりそうで、そこまでスローな流れにはならずある程度しまった流れでレースは進みそうです。
瞬発力よりも長く脚を使う持久力が問われそうです。

・まとめ
コース形態、芝のコンディション、展開、頭数を総合勘案すると、内枠でかつ追い込み馬以外が狙い目となります。
枠は内の方が有利ですが、位置取りにはさほどこだわる必要はなさそうです。



上記の点を踏まえまして、予想オッズと勝率を算出し、最も期待値が高い馬を選びました!
その最も期待値が高い本命馬は。。。。。



ステファノス(2番) です!



ステファノスは昨年の天皇賞秋の2着馬で実績は十分ですし、東京1800Mもベストといえる舞台です。
距離がやや長かった宝塚記念でも5着と善戦しており、地力強化著しい状況ですので、やや苦手としている休み明けでも走れると見ています。

ステファノスはキャロットクラブ所属馬で、募集価格 7,000万円の馬だったのですが、すでに2億8千万円以上の賞金を稼いでいますので、出資者の方は感謝感謝でしょうね(^∀^)
ただこの馬はまだ伸びしろがありそうなので、天皇賞秋で悲願のG1達成も夢ではありませんし、まずはここで結果をしっかりと出したいところですね!


最後に私の予定の買い目ですが、以下のとおりです!

・単勝 2

シンプルに単勝 1点買いです!


尚人気を集めるであろう、ルージュバックは勝ち切る可能性もありますが、前走はメンバーに恵まれての圧勝でしたので、そこまで評価はあげませんでした。
ただ東京1800Mの舞台はベストであり、末脚がはじける可能性はありますし、そうなると今後が楽しみになりますね!


馬券購入の参考にしていだければ幸いです(^∀^)
尚、毎日王冠の発走は、15:45 の予定ですのでお見逃し無いようにしてくださいね(^∀^)


では最後にステファノスがG1制覇に迫った昨年の天皇賞秋をご覧ください↓




終始外を回った分届きませんでしたが最後は際立つ脚を使っており、ポテンシャルの高さを感じるレースでしたね!





最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村