今年もあと一ヶ月を切り、何かとあわただしい日々を読者の皆様を送られていると思いますが、かくいう私もその一人です。。。
寒さも本格化してきましたし、冬支度も含めて色々こまごまとしたことがありますが、あせらず一つづつ片付けるしかないのですがなんだか気ぜわしいのは毎年のことですね。。。

競馬界も残すところあとわずかとなり、残すG1は3つ、2歳チャンピオンを決める戦いと有馬記念のみとなりましたね!
牝馬の2歳チャンピオンを決める 阪神ジュベナイルフィリーズでは、フランケル産駒のソウルスターリングが一番人気になると思われますが、キャロットクラブ所有馬のリスグラシューも人気の一角を占める公算が高いですね!

リスグラシューに関してはリリサイドの2014として募集され、ハーツクライ産駒の牝馬にもかかわらず大人気となっており、×1内抽選でしたのでキャロットクラブ会員の方は目が肥えていると改めて思いますね(^∀^)
当時から動きに柔らか味があり、好馬体でしたので順調に育って何よりですし、キャロットクラブ会員の夢をのせて頑張って欲しいですね!

ではここでリスグラシューが勝利したアルテミスSの映像を振り返りましょう!↓




道中は中団で折り合い、徐々にポジションを上げて直線スパッと抜け出して最後まで伸びきる強い内容で、2歳女王候補の一角に名乗りを上げました!


ではここからは本題に入りまして、シルクホースクラブ2016募集馬で、一次募集で満口にならなかった馬の中からおすすめできる馬をピックアップしたいと思います!

本日はディープインパクト産駒の中から、メジロツボネの15 を紹介したいと思います。
再度の掲載となりますが、残口わずかとなっており、申し込みを検討されている方は早めの申し込みをお願いいたします!

まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 ディープインパクト
・母 メジロツボネ
・兄姉 活躍馬なし
・厩舎 尾関知人
・募集価格 7,000万円(1口140,000円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面
父 ディープインパクトは説明不要のスーパーホースです。
ディープインパクト産駒のマカヒキが凱旋門賞制覇なりませんでしたが、日本競馬界においてディープインパクトは絶対的な存在となっています。

母 メジロツボネは自身は4勝をあげていますが、産駒は目だった活躍を見せていません。
 
血統面では中々の良血といえそうです!

・厩舎
リーディングを見ますと20位以内の年が多く、中々優秀な成績を残しています。
特に短距離で好成績をあげる傾向にあり、スプリンターズSを制したレッドファルクスの管理調教師としても有名です。

・馬体
馬体についてはサイズはやや小さいですがバランスのとれた好馬体です。
動きには、運動神経の良さを感じますし、皮膚感も良いですね。
踏み込みには力強さがやや足りない印象ですが、そのあたりが今後の成長で補えれば楽しみな馬です。
動画が更新されていますが、動きは柔らか味があって良いですね。今後も順調にいってほしいものです。


以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統 A+
・厩舎 B-
・馬体 B-
・総合 B-
・お買い得度 C+

血統面では中々の良血ですし、厩舎も短距離なら結果を残せる厩舎で、馬体もまとまっていて好馬体です。
距離に関してはマイル前後を主戦場としそうで、クラシックには不向きと思われます。

ディープ産駒の牡馬としては手頃な価格ですが、距離に限界を感じるためか意外なほどに人気がないですね。。。

残口のある馬の中ではかなりおすすめできる馬ですし、追加で出資を考えられている方には検討いただき馬です!


シルクホースクラブでの出資検討の参考にしていただければ幸いです(^∀^)




最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村