本日も引き続きまして、シルクホースクラブの追加募集馬について記事を書きたいと思います。

最近常々思うのですが、シルクホースクラブの大舞台での弱さは積年の課題ですし、中々解消されるきざしがありません。。。
久々にG1タイトルを目指せるかと思われた、グランツェントはフェブラリーSを謎の回避をして、次走で大敗、2017年のクラシックは出走すらなしですので、会員の方はかなりストレスを感じておられると思います。。。

一方の王者キャロットは、2017年のクラシックにも、牡馬ではレイデオロ、牝馬ではリスグラシューを送り込み、いずれも、ダービー、オークスの有力候補ですので、その差は歴然です。

単純に勝ち星だけならシルクもノーザンファームから馬を仕入れるようになったからはずいぶんと勝ち星をのばしていますが、大舞台での弱さは依然残っており、ここが解消されないようでは、会員の方が離れてしまうのではと懸念しています。。。
一朝一夕に何とかなる話ではないですが、育成施設、スタッフ含めて強化を図ってほしいですね。。。



さてここからは本題ですが本日はヘニーヒューズ産駒の中から、プロミストスパークの15を紹介したいと思います!
まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 ヘニーヒューズ
・母 プロミストスパーク
・性別 牝馬
・兄姉 活躍馬なし
・厩舎 和田正一郎
・募集価格 1,400万円(1口28,000円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面
父 ヘニーヒューズは日本で走っている馬は少ないにもかかわらず、モーニン、アジアエクスプレスといった大物を輩出しており、ポテンシャルは高い種牡馬です。
馬格に恵まれた馬が多いのも特徴ですね。

母 プロミストスパークは自身は5勝をあげましたが、繁殖牝馬としては自身を超える馬を輩出できておらず、繁殖牝馬としての実績は不十分です。 
 
血統面ではまずまずの血統といえそうです。

・厩舎
リーディングでは100位以下の成績が多く、加点要素はないですが、障害界のNo1ホース オジョウチョウサンの管理調教師として有名な調教師です。

・馬体
馬体についてはつくべきところに筋肉がついておらず、見栄えしません。脚の向きも故障のリスクを感じますね。。。
動きはそれほど悪くなく、力強さが適度にあり悪くはありません。
調教の動きははっきりいって悪いですね。。もうちょっと動けている映像なかったんでしょうかね。。



以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統 C
・厩舎 C-
・馬体 C-
・総合 C-
・お買い得度 C-

血統面では貴重なヘニーヒューズ産駒ですが、厩舎は実績不足、調教の動きの悪さを考慮するとわざわざ出資する価値はないでしょうね。。。
検討しても読者の皆様に出資をおすすめできる馬がいませんので、残念です。。。
もう少し出来の良い馬を募集してほしいですね。。。


シルクホースクラブでの出資検討の参考にしていただければ幸いです(^∀^)





最後まで読んでいただき誠にありがとうございます (^∀^)
ポチしていただけるとこの上なく幸せでございます!!!
皆様の清きポチをよろしくお願いいたしますm(_ _)m 



一口馬主 ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村