本日は、ルーラーシップ産駒  ミルフィオリの17に関する記事になります。

まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 ルーラーシップ
・母 ミルフィオリ
・兄姉 ミルドリーム
・性別 牝馬
・厩舎 吉田直弘
・募集価格  1,800万円(1口 45万円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面
父 ルーラーシップは2016年より産駒デビューし、2018年度はリーディングサイヤーランキングでベスト10に食い込んできています。

すでに菊花賞を制したキセキを輩出し、今年の牝馬クラシックを賑わせた、リリーノーブルもルーラーシップ産駒ですので、まずまずの結果を残していますが、非サンデーの種牡馬の層も厚みを増しており、生き残るためには更なる産駒の活躍が求められます。


母 ミルフィオリは自身は4勝をあげており、繁殖牝馬としても4勝をあげたミルドリーム、3勝をあげたサトノバリアントを輩出しています。

 血統面では価格帯にすると魅力ありとみます。


・厩舎
リーディング50位以内に入ることがしばしば という成績であり、強調材料はありません。
ダートのほうが勝ち鞍が多い傾向にありますが、クラブ馬での実績にも乏しくおすすめ要素はありません。

・馬体・動き 
馬体のバランスの悪さが目立ち、脚向きも悪いため故障のリスクも高い印象です。
動きは柔らかみに欠け、素軽さ不足、ストライドは伸びていますが、平均以下の動きです。


以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統  D
・厩舎  D
・馬体・動き  D
・総合  D
・回収率 D
・総合順位 76位
・回収率順位 42位


*総合評価の基準は以下のとおりです。(参考に頭数も併記します)
A・・・G1級 (1頭)
B・・・オープン 重賞級 (8頭)
C・・・1000万、1600万クラス(23頭)
D・・・未勝利、500万(61頭)



血統は価格帯の割りに魅力ありですが、価格が安い分、馬の出来が悪いためプラス材料がありません。
この出来では勝ちあがりも厳しいと感じますので、見送りが妥当と判断しています。


出資検討の参考にしていただければ幸いです。



尚、サンデーサラブレッドクラブ 社台サラブレッドクラブ G1サラブレッドクラブ 2018年度募集につきましては、いずれも、ブログでは高評価馬は満口になるまで取り上げません

2018年度募集馬全頭の評価一覧獲得賞金期待値順位回収率期待値順位 は、有料で提供いたします。

尚、有料情報につきましては以下の記事に詳細を記載していますので参照してください。


サンデーサラブレッドクラブ 2018年度募集馬 評価一覧表のご案内

社台サラブレットクラブ 2018年度募集馬 評価一覧表のご案内

G1サラブレットクラブ 2018年度募集馬 評価一覧表のご案内

セット販売(サンデー 社台 G1 )のご案内



出資検討の参考にしていただければ幸いです。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村



一口馬主ランキング