本日ブログでとりあげるのは レイデオロ産駒 レッドエルザの21に関する記事になります。
(ブログでは、高評価馬を除く一部の馬のみとりあげます。全馬の評価は評価一覧表で確認いただく形になり、その案内ページへは以下リンクよりとんで確認いただけます。)


東京サラブレッドクラブ 2022年度募集馬 評価一覧表について



では本題に戻ります。まず血統面を含む詳細情報は以下のとおりです。

・父 レイデオロ
・母  レッドエルザ
・兄姉 レッドレオン レッドアステル
・性別 牝馬
・厩舎 鹿戸雄一
・募集価格  2,800万円(1口 7万円)

次に項目ごとの検討結果です。

・血統面

父 レイデオロは豪快な末脚で日本ダービーを制し、さらに天皇賞秋も制した上で種牡馬入りを果たしました。まだ産駒がデビューしておらず未知な面が大きいですがその力強い末脚がどう受け継がれるのか注目しています。

母 レッドエルザは現役時代未勝利に終わりましたが、繁殖牝馬としては4勝をあげた レッドレオン レッドアステルを輩出しています。

血統面で強調材料は少ない状況です。

・厩舎   
2008年に開業した中堅どころの調教師で勝ち星という点ではリーディング30位前後の成績をおさめています。一方大舞台での経験という点では エフフォーリア と共に複数のG1を制しています。

・馬体・動き 
馬体バランスはやや悪く筋肉量も足りていません。一方 歩様、脚向きを見ると故障リスクは高めです。動きは硬さがあり力強さもありません。適正は芝中距離でしょう。トータルでは平均以下の出来です。



以上を踏まえました、まとめの評価は以下のとおりとなります。

・血統  D
・厩舎  C
・馬体・動き  D
・総合  D
・回収率  D
・総合順位  39位
・回収率順位  49位


*総合評価の基準は以下のとおりです。(参考に頭数も併記します)
A・・・G1級 (0頭)
B・・・オープン 重賞級 (1頭)
C・・・2勝・3勝クラス(16頭)
D・・・未勝利、1勝クラス(36頭)



馬体・動きの質は平均以下で総合的にみても勝ち上がりは厳しいとみています。出資は見送りをおすすめします。



尚、東京サラブレッドクラブ 2022年度募集馬につき、ブログにおいて高評価馬は満口になるまで取り上げません。2022年度募集馬全頭の評価一覧獲得賞金期待値順位回収率期待値順位 は、有料で提供いたします。

その有料情報につきましては以下の記事に詳細を記載していますので参照してください。
(過去に高評価した馬の実績も以下の記事でまとめています)


東京サラブレッドクラブ 2022年度募集馬 評価一覧表について