やんじの書きたい放題

日々、気になったこと思ったことを書いています。 あくまで個人の感想です。

 お昼休みは家でご飯を食べているから、食べながらお昼のワイドショーはちょくちょく観ていた。
最初はTBSを観ていたが、政治的な話題があまりにも自民党を養護しすぎるのでうんざりしていた。
特になんちゃら政治解説者の発言は、ほとんど自民党より。
 そんなときにフジテレビのお昼のワイドショーで司会の坂上忍氏の突っ込み方が面白いから、これを観始めた。日大のアメフト問題はとことん追求して面白かったし、ボクシングのときもそうだった。
 歯に衣を着せないというのはこんなことなんだろうなと思わせてくれるような番組進行だった。
 宮川選手のコーチの暴力問題も「暴力は絶対許されない」といスタンスを貫き通しながらも、宮川選手のこの暴力問題での記者会見で風向きが変わっても、「暴力は許さない」としながら、笠原夫婦の追求もしていた。
 でも、あるころからそれが変わり始めた。
朝日生命体操クラブのことが取り上げられて、朝日生命に苦情や抗議の電話やメールがきはじめた。それは生命保険の外交員にもあっただろう。テレビではほとんど報道されないが、ネットではニュースになっていた。
 番組で笠原夫婦を追求しながらも、その追求を遮るように司会の坂上忍氏が「暴力」とい言葉を連発するようになった。コメンテーターが普通に問題視するような発言でも、それを遮るように「暴力」という言葉をコメンテーターの発言を遮るように繰り返し、その発言を止めさせているように感じた。
 坂上忍氏は最近はとても人気のあるMCとして、多くの番組に出ている。誰もが躊躇するようなことを面白おかしく発言するからだろう。
そして彼は子役を育成する教室のようなものをやっているとある番組で紹介していた。
その指導が番組で流れていたが、小さな子役候補に、とても強い言葉を使いその演技を否定し、鬼のような形相で睨んでいた。
それでもその子役の親は暴力でなく育ててもらっていると感じるのだろう。そして恐怖に感じる我が子を説得していたかもしれない。そして安くない授業料を支払いながら。
 暴力は、殴るとか蹴るという肉体的に傷つけることだけでなく、言葉や態度で威圧して相手の精神や心を傷つけるのも暴力だ。
 有名な演出家が、その指導で物を役者に投げつけるとか罵倒するのを、その指導を受けて役者が勉強になって自分を育ててもらったと感謝していると言っていた。
 宮原選手がコーチから暴力を受けても、同じように自分のためだと受け入れるのは危険だと、コメンテーターも彼も発言していたが、自らはやってないのだろうか?役者はそれを受け入れているのではないうだろうか。
 笠原夫婦だけが悪いイメージになるような番組作りは、テレビ局には不都合になる。
朝日生命はテレビ局のスポンサーだから。
 そのスポンサーとは何かといえば、簡単に言うとテレビに出演している人にお金を支払ってくれる人。雇用されている人ならその企業そのもの。
 つまり、お金をくれるスポンサーに不都合なことはしたくないし、テレビ局は特にできない。
笠原夫婦への悪のイメージが大きくなると、当然に朝日生命には大きな痛手となる。
テレビ局は、当然に忖度するし、出演している芸能人もそれに従うだろう。大事な収入源で大金をくれるのだから。
 だから、番組が司会の坂上忍氏が番組の中で忖度するのは仕方ない。
しかしながら、その手法があまりにも酷かったら問題だと思う。
 視聴者を誘導するような番組作りはあってはならない。洗脳するようなものだから。
 フジテレビは、独自に宮川選手のコーチの暴力に対しての告発文書と映像を入手したと。
番組でその告発文書が取り上げられて、その内容が審議された。
 司会の坂上忍氏は、ほとんど笠原サイドに立ったかのように感じるような発言をし始めて。
コメンテーターが内容に疑問があると言えば、また「暴力」を連発してそれを遮る。
弁護士がこれだけではいけない、宮川選手サイドの言い分も聞かないといけないと言えば。また「暴力」と否定するかのような発言をしていた。
 確かにあの文書の内容は、自分たちの組織に所属しているのに、自らが本人たちに聴取はしておらづ、他の人から聞いたからとしかない。中に書かれている言葉を指導者が笠原と変えても成り立つ。
 処分を望むのに、何も調査していない。
他人から聞いたからあいつは悪いやつだとする。 よくある馬鹿者の考え方だ。相手の言い分も聞かない。
 最悪なのが、あの映像。コーチが宮原選手にビンタをしている映像。
宮川選手はこの1・2年は暴力を受けていないと発言したいるのに、3年前の映像を放映したのだ。
それも写っている本人たちの断りもなく。
 暴力があったとされる時期なのだから、こんな映像はあるだろう。
それにこの頃には問題にさえなっていなかった。協会も問題にしていなかったのだから。知らなかったてのはありえない。少なくとも人聞きで協会の誰かは聞いていても不思議でない。
 そしてこの映像の放送の仕方があまりにも酷い。
頬を叩く「パチィーン」いう音だけを大きく聞こえるようにしている。
 普通にホームビデオで撮影したら、周りの雑音が入り込も。この映像は、宮川選手とコーチの音声は消すように周りの雑音も消されていた。それにこの行為にいたったと思われる宮川選手のことも映像にはない。コーチが宮川選手をきつくしかりだしたからカメラをそちらに向けたのならそんな映像はないかもしれない。
 それにあの映像は縦長だった。普通のホームビデオは横長。スマホの映像だと思う。
スマホの映像なら、少し離れた場所の音声は録音はしにくのではないだろうか。綺麗に録音されるとは考えられない。あの映像は決して近くない。
 だけど頬を叩く音はとても綺麗に録音されている。
それに、頬を叩いてあんなに綺麗な音がでるだろうか。周りの雑音もなく。
 私には、フジテレビが宮川選手とそのコーチを悪者にするために恣意的に加工された音声にしか聞こえない。 
スマホでビデオ録画した経験があれば誰でもわかること。
 しかしなが、お昼のワイドショーを観ている年配の方にはわかりにくいかもしれない。 
 でも、あの映像と音声を聞けば、テレビ業界に携わっている司会の坂上忍氏にはわかっていても不思議でないと思うし。もしわからいようでは三文役者以下でしかない。
 宮川選手の暴力問題の真実はどうなのかはわからないが。
あのフジテレビが入手した文章と映像で、事実を捻じ曲げようとしていのではないかと思う。
 それにフジテレビは、入手したのと同時に、笠原氏の主張が正しいかのような番組さえも作っている。笠原氏の対話で、終始ニコニコとした坂上忍氏が、笠原氏の主張を納得したかのような番組を制作している。
 宮川選手の暴力問題より、スポンサーに配慮することを優先して、真実は二の次になってしまったように感じる。

 
  広島ブログ

 今日も強い雨が降り続けていて、7月6日の大災害が起きたときのような天気となっている。
どこも災害にならないでほしい。
 北海道の大地震が起きたので、その前にあった近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号のことは、大災害では少し後ろに回されたような記憶になりつつあるが、未だに大規模な停電は続いている。
停電でも、北海道のほぼ全域が停電したブラックアウトが大きく話題になり、ほぼ停電は普及したとはいえ不安定な発電で計画停電の問題もでている。
 台風21号は、大雨より記録的な高潮と暴風で大きな被害が出ている。
 高潮と暴風の大きな被害といえば、広島では平成3年の台風19号を思い出す。 
雨量はたいしたことなく、暴風で大きな被害が出て、海からの風で運ばれてきた塩風で電線に塩害被害が起きて大規模な停電になった。今は、塩害対策が行われてこれによる停電はほとんど起きないだろう。
 高潮と海からの強い風で引き起こされる高波で、沿岸地区には浸水被害が出た。今の近畿地方と同じように。
 7月6日の大雨のときに、広島市内を流れる川が氾濫しなくって良かった言う人がいたが、あれぐらいの雨では広島市内を流れる川はそう簡単には氾濫しないだろう。大芝水門と祇園水門で市内に投げ込む流量を調整しているし、太田川放水路はかなりに流量に耐えれる。
 ただし、広島市内の川により浸水災害になるには、一番の要素は海の水位だと思う。
一番水位が高くなる大潮の時期の満潮時に、とても強い雨が降り続けば雨量による水位上昇に海水面の上昇が加味されたら、河口付近では堤防を越流するかもしれない。海の水位上昇は広島市内では大芝水門や祇園水門付近の内陸まで影響するのだから、その付近までは海面上昇による堤防の越流はあり得るかもしれない。
 海面上昇は、潮の満ち引きだけでなく、低気圧である台風によるところも大きい。
大潮と大きな台風が重なれば、非常に海水面が高くなる高潮になる。
 大地震は日本中いたるところで起きるだろう。活断層なんて関係なく。しかしながら高潮の大災害は沿岸地域や河口付近で起きる。
 近畿地方の高潮被害で、どれだけの人が広島では危機感を感じているだろうか。
 平成3年の台風の被害があって27年も経てば、忘れている人もいれば、30歳くらいから下の年齢の人は記憶になければ経験さえもしていない。
あれから27年も経っているのだろうから、既に対策は済んでいると思っている人もいるだろう。
確かに対策工事が行われている。
 でも、平成3年の台風19号による高潮の被害が出る以前に既に広島市内の太田川水系では高潮対策の工事は始まっていた。今から約40年前には高潮による広島市内への浸水被害を予測して、堤防のかさ上げ工事は始まっている。
 太田川は一級河川だから国の管轄で国土交通省に管理されているが、広島市内を流れる6つの川は国土交通省が管理する川と広島県が管理する川に別れていてそれぞれが高潮対策に堤防工事をしている。
 工事が始まって約40年経過したが、未だに全ての工事は完了していない。
 平成3年の台風19号の広島港の最高潮位は296cm、今年の台風21号の329cm。
この最高潮位に押し寄せる高波が加わるのだから、高波の高さによっては堤防を越えるものもあるかもしれない。そして波に晒された堤防は崩れ始めるかもしれない。
 堤防工事がなかなか進まないのには、軟弱地盤の上に急激に盛り土をすると崩れる可能性が大きので、少しずつ盛って軟弱地盤層がゆっくると圧縮沈下して落ち着くを待たないと行けない理由もあるが、やっぱり予算というお金の問題は大きい。
 今のようにいたるところで災害が発生していると、その普及工事やその後の災害対策工事で幾らでもお金が必要になる。
 県単位やましてや市町村単位での災害対策には限界がある。全ての災害の普及工事やその後の災害対策工事は国負担ですべきだと思う。
 また、防災は防災施設では防げないと思っていないといけない。
特に広島市内の旧市街地に住んでいる人は、高潮対策の工事は終わってさえいないのだから、今後、大きな台風が広島を直撃したなら、暴風だけでなく、高潮浸水をすると思っていないといけない。

  広島ブログ

 医科大学の合格者は、女性差別が行われていて女性の合格数が不正に少なくされていると問題になっている。
文科省が発表したのがこちら。
 スクリーンショット 2018-09-07 14.56.31

 この合格率がどのように算出されたのか、私は見つけることができなかった。
なぜ、算出方法にこだわるかというと、率を出しているのだから分母にどの数字を使うかで数値が違ってくるし、その数値の意味も全く違ってくるからだ。
 例えば、入学定員が30人として総受験者数が1500人だとすると、合格率は2%になる。
合格者が男性20人、女性10人なら、総受験者数に対する合格率は男性が1.33%、女性は0.66%となる。
この数字で文科省が出している男女比を計算すると(男性÷女性)格差は2.01となる。
 しかしながら、受験者数のうち男性が1000人、 女性が500人で、これを男性女性のそれぞれの受験者数と合格者数の合格率は、男性は2%、女性は2%となり、文科省の男女の格差は1となる。
 受験する男性数と女性数によっては、合格率の分母に何を使うかで大きく変わってくると思う。
男性と女性の学力が同じような分布なら、この例題のような数字になる。 
 もし合格判定に不正があり、合格者が男性が24人女性が6人なら、総受験者数なら男性は1.6%女性は0.4%となり格差は4となる。男女別なら男性は2.4%女性は1.2%となり格差は2となる。
 この格差は男性の多さを示すもので、これを男性に対して女性はどうかと考えるなら、女性÷男性としたほうがいい。
不正がないと思える最初の数字を使えば、総受験者数は0.49、男女別なら1だから男女は能力差のない同じ割合となる。
不正したとされる数字なら、総受験者数なら0.25で男女別なら0.5で。
 医科大学の合格者に男女差別があるかどうかは、合格率の計算で分母は男女それぞれの受験者数を用いたほうがより正確になるのではないだろうか。
 そして、文科省の集計とは期間が違うので、正確には比較はできないが、面白いものを見つけた。
公的な機関が出した数字ではないが、 それがハフポスト日本版の記事でこちら→https://www.huffingtonpost.jp/2018/08/10/igakubu-data_a_23499881/
詳しいことは記事を参照してください。
この記事の中に男女別の合格率を出しているグラフがこちら。(二枚に別れてブサイクだけど)

スクリーンショット 2018-09-07 14.52.04
スクリーンショット 2018-09-07 14.54.06

 このグラフでわかることは、数字は男女の学力だ同等なら1に近い数字になると思う。
他の学部の合格者数で男女の比率は同じくらいなのを考えると、男女の学力差はほとんどない。というよりむしろ女性の方が高いように思える。 
 1を大きく下回る大学は、何らかの男女差別があると思えてしまう。

文科省の調査結果とこのハフポスト日本版の数字を同等に評価するのは正しくないと思う。
でも、この中で、聖マリアンナ医科大学は、文科省では男女がほぼ同じ合格率で同等になっているが、ハフポスト日本版では0.39で女性の合格率は半分にも満たない。
反対に、文科省では1以下でも、1を大きく上回っている大学もある。
 医科大学の男女差別は、文科省の出した数字だけではわかりにくように思う。
男女それぞれの受験者数と合格者数からの合格率で、男女差が大きい大学がより男女差別の入学不正をしているのではないだろうか。


 広島ブログ

 このハフポスト日本版の記事の中に診療科別医師の男女比のグラフもある。
スクリーンショット 2018-09-07 16.43.05

 これを見ると、外科と名がつく診療科の女性の医師数が極端にすくない。
男性優位の診療科目なんだろうが、外科は手先の器用な人が良いと思う。
はたして、男性と女性では手先の器用な人の比率はどちらが大きのだろうか。
きっと、女性だと思う。 

このページのトップヘ