やんじの書きたい放題

日々、気になったこと思ったことを書いています。 自分勝手な事ばかりです。

前原民進党代表が希望の党への合流を推し進めたことで、小池希望の党代表が自分と同じ考えの人以外は「排除」するとしたことで、いわゆるリベラル派といわれる民進党の立候補予定者が除外された。
また前原代表の、希望の党が受け入れない人を排除するために、民進党からの公認はしないとされたことで、衆議院議員に立候補したい民進党のリベラル派の人たちは、党という組織からの立候補ができなくなった。
個人の力で立候補できる人は、無所属として立候補した。
この無所属からの立候補者は、もともと民主党時代から党の役職をしてきた人達。
前原代表の愚行に抗うことなく、自分自身の保身のための選挙を選んだと思う。
排除された仲間を見捨てて。
国政からリベラル派を排除して、自民党寄りの二大政党制を作りたいと願望していた前原代表の野望は叶うようなったと思う。
しかしながら 、枝野民進党代表代行が、排除されたリベラル派をまとめて「立憲民主党」を立ち上げた。
小池希望の党は、自民党の対立軸ではなく、自民党政治を辞めさせたい人たちの受け皿でなく、安倍政権よりマシだろうとする自民党系の支持者の受け皿でしかない。
立憲民主党は、自民党の対立軸の受け皿となった。共産党や社民党より少し自民党に近い政党として。
民主党は社会党系と自民党系が混じり合ってできた政党で、もともとわかりにくく、内部分裂をいつも引き起こしていたように思う。民進党になっても何も変わらな買った。
今回の前原代表の反乱で生まれた立憲民主党は、すこしはわかりやすくなったのではないだろうか。

中国地方の比例区では、前の広島市長の秋葉氏の名前が記載されている。四番目の比例候補として。
このことについて、秋葉氏はブログなどで説明されている。
それを読む限りでは、ご自身が強い気持ちで衆議院議員になるのでなく、立憲民主党のために頑張ることで、安倍政権を打破するために名を連ねたようなことが書かれてるように感じた。
気になる人は、ご自身で検索して読まれたら良いと思う。あえてリンクはしないので。
あくまで私個人の感想なので。
もし、どうしても衆議院議員になって国会でご自身の信じる道を歩むと読めたなら、仕事を休んでも応援に駆けつけただろうが。

立憲民主党というリベラル派の政党ができたのはとても良いことだと思う。
ただ、民進党のバックとなっていた連合がどうするかだと思う。
民主党から民進党となっても、自民党系の国会議員と連合により、わけのわからない政党になっていた。特に連合の影響力は強かったように感じる。
連合は、働く人の代表のように見えるが、実態は、弱者を排除してるように見え、高給組合員の組織である大企業の組合のためだけに存在しているように思う。
それと春闘といっても、昔の社会党系の組合と違って、組合員のためだけにあるのでなく、経営者と談合しているような春闘に思える。
だから、給与の増加より内部留保が莫大ある結果になっているのだろう。労働者に支払われるべき利益が。
民主党からの民進党は、連合の下部組織のように思えた。
今回の選挙が終わって、連合とどのような関係を持つのかで、立憲民主党の中身が決まるように思う。
連合に加盟する組合は、そろそろ分裂して連合を解体した方が良いのではと思う。
今の連合は、経団連や経済同友会に加盟してもおかしくないような組織にも感じるから。
組合の組織を作るのなら、中小企業で働いていて、会社に組合がない労働者のことも考えるようなものであった欲しいと思う。
連合は、立憲民主党を支持するか、希望の党を支持するか、選挙の結果を見て決めるようなことを言っていたと思う。
民進党から移って希望の党から立候補した人がいたとしても、希望の党を支持することは自民党を支持することとなんら変わらない。
まあ、連合は、自民党に近ようなことをちょくちょくやっているからそれもありかもしれない。

何はともあれ、立憲民主党の躍進が今後の国会に大きな影響力となるだろう。それは希望の党ではない。

私の小選挙区には、立憲民主党の候補者はいないので、投票は批判票となる。
比例区はというと、立憲民主党ではない。
安倍政治を辞めさせたいからと言って、自分の感じること思うことに逆らって投票する気は無い。
それが、自分の投票するとい権利の行使の仕方だから。
少し前の記事にも書いたように、選挙での選び方である。

立憲民主党ができたことはとても良いことだとは思う。
でも、立憲民主党を選ぶつもりは、今のところない。
もしかしたら、次の選挙では選ぶかもしれないが。

立憲民主党のTwitterには「核兵器禁止条約には努力する」となっている。
辺野古移設には再検討となっているが、日米安全保障条約をどうにかしなければ無理ののだから、この条約について何も言ってない。
高校の授業料の無償化とは、多くの政党も言っているが、私立の先生の給与と公立の先生の給与がどのようかは知らないけど、無償化と教員の給与は深く関連している。
また、私立の高校を運営する学校法人が、公的な施設の命名権にお金を出しているのはどうするのか。
まあ、公約は、選挙のためにある場合が多いので、それなりで良いと思う。


立憲民主党に投票しないのは、枝野代表が、民主党の官房長官の時に福島第一原発の爆発事故があり、その時に放射能や放射線被ばくについて「ただち影響しない」と何度も語っていた。
「ただちに」とい短い期間はとうに終わった。
福島では子供達に甲状腺癌が増えていると聞く。国とそのお仲間の医師は、原爆事故の影響ではないようにいう。
枝野代表は、官房長官を辞め、政権与党で無くなったとしても、国会議員を続けてきた。
福島の子供達の甲状腺癌をどのように思っているのか。どのように関わったきたのか。
政治家は、選挙の時だけの公約には大した意味はない、政治理念と責任の継続性が大事だと思う。
福島の原発事故の時に国の最高レベルの責任者の一人として、福島の復興だけでなく、放射の汚染とその被害者の責任をもって関わってきただろうか?

代表代行の長妻氏は、ミスター年金と呼ばれながら、年金問題を決着させtだろうか?
名前だけ変えた組織は、未だにデタラメ。年金を支払うべき人に支払わず、必要のない人には支払うことをやっている。

顧問の菅氏は、福島第一原発の爆発事故の時に仲間を信じることができないから愚行をした。

民主党から、民進党となり、立憲民主党になった。
でも、党を作るのはひとり一人の政治家である。その党の幹部に疑問がある人が何人もいれば、支持できるかといえば、それはとても難しい。

選挙では、一番目が人を選び、二番目が政党を選び、三番目が公約としているのだから、私が立憲民主党を選ぶのは今じゃない。
安倍政権は存在すべきではないが。


 広島ブログ

最近の世論調査で、希望の党の支持率が低いからと「失速」とマスコミは表現している。
失速とは、ある程度のスピードで動いていてそれなりの位置があるものがスピードが遅くなり位置が下がり始めたとか、加速して急上昇していたのが加速できなくなり下降し始めてときに使う言葉ではないだろうか?
希望の党は、そもそもそのような状態ではなかったのだから、「失速 」でなく、「まともに離陸できない』だと思う。
希望の党が、今回の選挙で有力だと思ったのは、マスコミだけではないだろうか?
マスコミが「小池劇場」となる選挙になれば面白いからと、世論誘導しているように感じる。
マスコミの期待が、「失速」しただけで、有権者にはそう思わない人は多いのではないだろうか。
それと失速と思っているのは、民進党から希望の党に移った候補者と、それを策略した前原民進党代表くらいだろう。

小池都知事の人気は、元都知事がの古タヌキのやりたい放題、子タヌキの情けなさ、そして前都知事に偉そうに言っていた言葉はうわべばかりで、やっていたことは小市民以下という失望感と、それを支えていた自民党都議連に呆れたところへ、歯切れのよくわかりやすい言葉を使って、笑顔とグリーンというイメージで現れきたからではないだろうか。それも名の知れた国会議員が。
その人が引き連れた都民ファーストに自民党都議連よりはいいだろうとなった。いっ時の盛り上がり。
しかしながら 、言葉とイメージとは違って、都政はどうだっただろうか?
豊洲とオリンピックを良いものにするからと、観光案内の旗を標して皆を引き連れて行ったが、到着したのは元の位置。時間とお金を浪費しただけで、何の問題も解決できていないしやっていない。
豊洲の汚染問題も解決したとは言えないし。
多くの都民も国民も、小池都知事への期待なんて失っていると思う。

マスコミだけが小池人気を煽っているだけ。
小池都知事が希望の党を立ち上げても、誰が期待しただろうか?
小池劇場になれば、面白いと思ったマスコミだけだろう。
いやいた、マスコミの取り上げられ褒められたら、その人は政治家としての実力があると勘違いする政党の人達が。
マスコミ人気がありさえすればその政党の要人になれる政党。それは民進党(民主党)。

その民進党の前原代表は、政治理念の中身より、自分がやりたい二大政党制のためだけにマスコミが作っただけの小池人気にあやかりたいと、民進党を破壊した。
もともとこの人は、自民党とほとんど同じ政治思想なのだから、自民党派の小池都知事にすり寄っても不思議でないが。
民進党内のリベラル派をなんとかしたかった言われてもいるから、希望の党への合流話は渡りに船だったのかも知れない。
細野を民進党から離党させ、小池新党への合流を模索させたのではないだろうか。
小池都知事のやり方は、どうみても独裁政治。自分ファースト政治としか思えない。
小池都知事をいち早く支持した都議が、都民ファーストがあまりにもダークだからと離脱したのでもわかるように、自民党都議連よりもっと情報公開をしなように感じる。
その小池都知事がつくる新党が、より縛りの強い政党になるのは明らかだっただろう。
自分の考え方に少しでも反するものは受け付けないことは。
つまり、安倍自民党よりより右だと言われる小池都知事がリベラル派を受け付けるわけはない。
民進党の前原代表は、強引に希望の党へ合流を進めた。リベラル派が排除されるとを認識したままで。
民進党の立候補予定者には、民進党としての公認はしなと立候補予定者の退路を絶って、希望の党に移るか勝手に無所属で立候補するかを選べと。ろくな奴でない。
民進党のためでなく、自分の政治ゲームのために民進党を崩壊させた。そこには国民が不在の政治で。

この希望の党と民進党の合流は、意味不明だ。
民進党には、国会議員経験者が多くいて、地方も含めて組織がある昔からの支持者もいる、選挙資金も豊富にあるし、支持してくれる連合という組織もある。
希望の党には、組織もまともにないし地方組織なんて皆無。国会議員経験者なんてほとんどいない、選挙資金も無い、支持してくれる組織もない。
なのに、どうして民進党が、希望の党の一方的な条件を全て受け入れて吸収されなければいけなかったのか。普通では考えられないやり方だ。つまりこれは前原代表のクーデターだと思う。
政治理念なんて関係なく国民不在の。それを小池都知事が利用しただけ。

ほとんど自民党を変わらない政党に、自分の政治理念を持たずに、国会議員になるのが最終目標の人たちがこの政党に移っても政治家としても何もできなしやらないと思う。
というより、個人の考えなんて反映されない政党で何をするつもりなのだろうか?

希望の党の12の公約がなんとも言えない。
経済を活性化させるのだから、なぜに失業者ゼロがないのか?低所得者ゼロも。
一番???は花粉症ゼロ
花粉症対策のための医療研究費をいくらでも注ぎ込むということか?
アレルギー対策なら、一時期の症状の花粉症より、命に大きく影響する食物アレルギー対策の方が急務ではないだろうか?
花粉症ゼロでなく、アレルギーゼロになぜしない?

この政党は、とても貧相な政治思想であり、まともキャッチコピーも考えられない人材しかいないということなのか?
ネット検索して、検索上位を事柄を選んで公約にしているようにも感じる。

希望の党の支持率が高くないのは、自民党に牛耳られ、何も抵抗できないマスコミのフェイクニュースのような小池劇場には、国民は何の関心もなく相手にしていなということだろう。

小池希望の党に来たする国民は、もともと多くなかったといことだろう。

希望の党の役目は、野党票を分散させ、民進党票を奪い、野党連合を破壊して国民の期待を裏切らすことで、自民党を圧勝に導くことだと思う。
今まさに、それは成功しつつある。

自民党が勝つことは、小池都知事の国政への希望はになんら問題はないだろうし。

希望の党の希望とは、安倍政治が望む形となり、海外で戦争できる軍隊の創設もあるだろう。
民進党の前原代表も望むことだろうし。




                                      続く予定?


 広島ブログ

安倍首相の当然と思えるような衆議院の解散から選挙となった。
森友加計隠し解散と言われていたが、私は「改憲」解散だと思う。
安倍首相は、後で訂正はしたが秋の国会で「憲法第9条に自衛隊を明記する」ことを審議すると言っていた。
前の衆議院選挙や参議院選挙での今の国会では、 憲法第9条に自衛隊を明記という具体的なことはほとんど公約としていなかったと思うのでこのままの国会では審議は難しいと思っていた。

そして、北朝鮮を危機と煽って国民に不安を広げた。
国民に、自衛隊で北朝鮮を叩いて欲しいとも考える人も増えているのではないだろうか。
この煽られて北朝鮮危機で安倍内閣の支持率が少し上がった。
消費増税と使い道なんてものは、改憲だけではインパクトが強いかもしれないと付け加えただけだし、選挙演説でもこれで誤魔化すことができる。

森友加計問題は、安倍首相は丁寧に説明するとは言いながら、野党の質疑には答える気は全くなく、議論する気もない。それにどんなに追求しようが安倍首相がこれで退任や議員辞職するようなことにはならないと確信しているだろうし。
この両方のことは、政治家の口利きやそれに対しての官僚の忖度は、いままで普通にあったこととなんら変わらない。

森友問題は、国有地の安売りが大問題だ。加計問題は、規制緩和をして獣医学部の新設の許可について、多くの学校にや他の組織等に詳細を知らせて、獣医学部の新設希望を出せるだけに期間を儲けたかが重要であり、加計以外が立候補できるだけの期間の余裕があっただろうか。認可もされていないの建設していることも問題だし、あまり取り上げられていないが、正式ではないとしても締切日時をなぜとうとつに決めたかも大問題なのに、他者が立候補できないような究極の鉄板規制をしたのに。


世論調査では、安倍は嫌いという人は多いが、自民党を支持する人も多いようだ。
国会での質疑応答でとても横柄に見えるし、民主主義を無視するかのように物事決めていることも森友加計問題のことも、安倍は嫌いとなるのだろう。
でも、今の生活を考えると自民党しかないと考える人は多いだろう。

改憲して、近い将来自衛隊が軍隊となり、他国で戦争して殺し殺されるとうことがあるだろうが、今じゃない。
そうならないように誰かがなんとかしてくれるだろうと自分では責任を負いたくないから他者に責任を押し付けた気持ちもあるだろう。だから、深く考えない。 

消費増税で、教育が無償化したら嬉しい。でもそのために財政再建はできなくなる。
財政再建のためと、また増税になるかもしれないが、今じゃない。 
財政再建は、自分たちの生活に直接今すぐに影響していると感じないから、目先のことが良ければいい。

野党連合が崩壊して、やっぱり野党には期待できないと考える人はも少なくないだろう。 
国民のことは考えずに、身勝手に崩壊したのだから。

一番大きのは、共産党や民主党以外は、選挙では色々と言ってはいるが、ほとんど同じような方向性の政党なのだから、自民党でもいいんじゃないかと思う人もいるだろう。 

世論調査では好き嫌いは言えても、投票して自分の考えを示さない人も多いだろうし。

選挙で投票しても、世論調査をみると自分の投票なんて何の役にも立たないと考える人も少なくないだろうし。どうせ当選なんてしないだろう。

確かに当選が難しい人に投票しても意味がないのかもしれない。
でも、当選しないだろうからと投票に行かない票は、死に票になる。
投票しても、当選しなかったとしても、その票は次に繋がる票となる。
なぜなら、候補者の力になるし、当選した人との票差が少なければ、当選しなかった人の考えを簡単には無視できなくなるだろう。次はヤバイと思わせることができるかもしれない。

自分の考えや思いと違う人に他者からの投票依頼があって投票した票は、死に票になると思う。
意思のない投票だから。

選挙で候補者を選ぶときに、一番目は人、二番目は政党、三番目は公約。

三番目の公約は、一番信頼できないから、公約を守らないからといってやらなかったとしても次の選挙にはほとんど影響しないから。選挙のためのその場限りのものが多いから。

二番目の政党は、過去に何をやってきたか、国会でどのような質疑応答をして、どのような法案を選んできたかで、公約の信憑しがわかるから。

一番目の人は、自分の考えと少し違っていても信頼できるか。所属する政党には支持できない部分が少しあったとひても、この人なら任せられると思う人。

どうにもならないなら、批判票となる。

選挙の投票は、他者のためにするものではない、自分と選挙権を持たない家族のためにすること。

                                      続く予定?


 広島ブログ

このページのトップヘ