2007年07月01日

女性のがんを食事と検診で予防

女性のがん体がんの予防には、過食を避け、あまり動物性脂肪をとらない事が
良いそうです。
ホルモン補充療法を受けていると体がんになりやすいといわれていますが、最近では、女性ホルモンに黄体ホルモンを加えているので体がんの心配はそれほどないそうです。でも、乳がんのリスクは少し高くなるようです。

女性のがん子宮がんで日本人女性が多いのが頸部がんです!予防は、最近特に20代の患者さんが増えているそうです。検診を受けることが一番大切だそうです。
 
女性のがん卵巣がんの予防としては、食物繊維、ベーターカロチン、
ビタミンA.B.C.Eなどを多く含む食品をとる事が必要です。
欧米化した食事をみなおしたいですね

女性のがん乳がんは、大豆の摂取量が多い日本人に少ない事から注目されています
閉経後の女性が味噌汁などの大豆製品を多く食べている人はイソフラボンの
摂取量が多く発生率が低くなっているそうです。
とはいえ、手軽にサプリメントで大量にとったりすると害になる事も
やはり毎日の食事で取りたいですね!

私は毎日おとうふ、きなこ、お味噌汁は必ず食べるように心がけています。

また、がん検診を定期的に受けることもお忘れなく!!

yygan at 17:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔