疲労を解消するコツと食事

この夏は特に疲れがひどかったようにも思います。疲労困憊とでも言いましょうか?。。
例年にない暑さと、何かと騒がしい政界の動きとか、一向にはかどらない震災関連の問題などイライラする日々が多かったせいもあるのだろう。例年になく疲労困憊のこの夏でした。


疲れにくい体と心を作るには、健康な血液を維持し、新陳代謝を活発にし、免疫や腸の働きを活発にし、免疫や腸の働きを正常にし、自律神経や脳の働きや気持ちを安定させ、バランスのよい状態を保つことです。


運動性の疲労には、休養や栄養補給が大切です。精神的疲労には交感神経をリラクゼーションなどで、鎮めてみましょう。


バランスの整った食事に心がけ、朝食は1日のスタートをきる大切なエネルギー源です。
このエネルギー源が不足すると、体が省エネ対策をとるようになり、働きたくなくなり、少ないエネルギーで動くために、体に無理をさせてしまうという悪循環になります。


【疲れの原因となる食生活は・】

・ 朝食を摂らない日が多い
・ 栄養よりも食べやすさを優先する
・ お菓子類をよく食べてしまう
・ 暴飲暴食が多い
・ ながら食いが多い
・ 夜中に食べることが多い
・ 食事時間が不規則

脂質異常症(高脂血症)とはどんな病気
大腸ポリープーー病歴1
自覚症状がなくとも40歳を過ぎたら要注意
心筋梗塞退院後の運動療法
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報
三大成人病(ガン、脳卒中、心臓病)を抱えた患者からみた医療情報
狭心症の治療中で食事と酒とたばこは?
脳腫瘍の手術後の後遺症


ストレスを感じたからだは、新陳代謝をよくしようとするために、タンパク質を多く消費するようになり、この際に代謝に働きかけるビタミンB1、ビタミンCを一緒に接収するとよいでしょう。筋肉や肝臓に十分なグリコーゲンなど、エネルギー不足にならず疲れにくくなります。


yykenko at 21:36│clip!病気の予防 | 健康食

超レア物スニーカー