2014年12月20日

細いガットは太いガットより打感が硬い

Tecnifibre

細いガットの方が太いガットより打感が柔らかいと勘違いしている人が多い。

◆勘違いする原因-1 〜同じテンションで比べている〜

細いガットと太いガットを同じテンションで張って比べて、細い方が柔らかいと感じてしまう。

それはガットの材質が柔らかいのではなく、面圧があまいだけなのだ。

太い方のテンションを落とし、面圧が同じになるように張り上げれば、太いガットの方が打感が柔らかいことに気づくことだろう。



◆勘違いする原因-2 〜ナイロン・モノは太さが違うと別物ガットだ〜

NylonMono
ナイロンのモノ・シンセティック・ガットは、モノと言いながら実際はモノではない。
上図で分かるように外周に細い繊維が巻かれているのだ。
言うなれば、
 
 ナイロン・モノ = ナイロン・コア+マルチ一層

構造ガットなのだ。

考えてみて欲しい。このガットを太いゲージにする場合、外周の繊維は太くなった分、二層にするわけではない。一層のままなのだ。
したがって、比率的にコアの部分の割合が増してしまうのだ。
つまり太いガットと細いガットは違う構造のガットになってしまうのだ。

コアの多い太いガットは実際硬く感じてしまうことであろう。
ナイロン・モノガットは太さが違うと全く別物のガットとして評価すべきである。

コアのみの構造であるポリエステル・ガットを同じ面圧になるように張り上げれば、明らかに太いガットの方が打感は柔らかい。


◆勘違いする原因-3 〜ガットを手で触った感覚を表現してしまう〜

張る前のガットの繊維を手で触った場合、当然太い方がコシがあって硬く感じる。
それを未熟なストリンガーが打感も同様と勘違いして表現してしまう。
「細いガットが柔らかい」というストリンガーがいたら、この人は未熟だと判断するいい材料になる。

とは言いながら、打感というものは数値で表すことのできる物理量ではないので、そのストリンガーになんの罪もない。


◆勘違いする原因-4 〜ボールの皮を擦って打球している〜

ボールをぶっつぶせず、皮を擦って打球している未熟なプレーヤの場合、細いガットの擦れる感覚を柔らかいと感じてしまうかも知れない。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー

















  

Posted by yyr_co_jp at 18:05Comments(2)TrackBack(0)

2014年12月12日

RacquetTune実用法

RacquetTuneIcon

テンション測定アプリ=RacquetTune だが、まだ一般プレーヤーへの認知度が低い。
このアプリをガット張り職人が利用する特殊なものと勘違いされているのではないだろうか?

このアプリは一般プレーヤーにこそ必要なツールなのだ!


なぜならガット張り職人はアプリが登場する前から計測器は使用していたし、
プロに至っては信用できるストリンガーがガットを張り、それを1時間使用したらもう張り替えなのだ。測定する必要など無い。

スマホアプリになって初めて最小の出費で一般プレーヤーが使用できる貴重なツールとして誕生したのだ。
普段持ち歩いているスマホにダウンロードできると言うことは、重量 0gでいつも携帯できる非常にありがたいツールなのだ。


使用法-1【依頼したショップを評価】

一般プレーヤーのガットを張るストリンガーはと言えば悲しいかな、必ずしも信用できるとは言いがたい。研修中の店員が店ばんがてら、接客しながら張ることだってあるかも知れない。ガット2本ずつ引っ張る手抜き張りかも知れない。タイオフ=ガットを留めて切る時に大量にテンションロスしているかも知れない。
だから防衛手段としてこのアプリが役立つわけだ。

まず、張り上がったラケットを受け取ったらすぐテンションを測定しよう。
依頼したテンションより低かったら、ちゃんと張れていないか、張ってから日数が経過していることが考えられる。

打球せずに翌日に測定して1ポンド以上降下していたら、張り上がりに近い状態で受け取ったと推測できる。

こちらのページのグラフを見ればわかるが、張り上がり直後は急激にテンションが降下する。

このグラフはポンドに換算してトレースさせてもらいました。
BlogPaint


使用法-2【テンション降下の推移を理解する】

先ほどのページのグラフを自分のラケットを計測して作成しよう。
iOS版のアプリの場合、こまめに測定しデータを保存すれば自動でグラフを作成してくれる。

ガットテンションが急激に降下する時期ほど、ガットは性能の良い状態なのだ。
そして打球するとその降下カーブを無視してエアポケットに落ちたように落下する。(グラフの(P)or(打)の部分)

プロ選手が試合中にガット張りを依頼するシーンを観たことがあると思うが、ラケットが足りなくなったわけではなく、張り上がり直後の最も性能の良い状態を使用したいという行動だ。(用意したラケットのテンションが合わなかった場合もある)
ただ張上直後の場合、テンションの時間変移も大きいのでそれを嫌う選手も多い。そういう選手は前日に張り上げる。


使用法-3【張り替え時期を決定する】

これが一番重要な利用法だ。
切れないからと言って、死んでしまったガットで練習し続けると、腕に無駄な力が入り、最新の脱力テニスも習得が難しくなってしまう。

私の推奨する張り替え時期の決定法は、先ほど言ったエアポケットの深さが判断基準だ。
つまり、
・練習前のテンション=T1を測定し保存
・練習時間=hを記録
・練習後のテンション=T2を測定し保存
としたとき、

(T1-T2)÷ h < 0.1ポンド

になったら張り替え時だ。
つまり練習時間内に降下したテンションが1時間につき0.1ポンドを下回ったら張り替え時期と言うことだ。
経済的余裕のない人は2時間につき0.1ポンドを基準にしても良い、
自分で張り替える人は1時間につき0.2ポンドを基準にしても良いだろう。基準を厳しくするほど脱力テニス習得に有利になる。

T1-T2=0ポンドのエアポケットの存在しない死んだガットだけは使用するのは止めよう。

この事を知らずに死んだガットで練習している人が多いのが現状だ。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ


《RacquetTune関連記事》

テンション測定器 racquetTune
racquetTune 続検証-1 ▶StringFactorとは?
racquetTune 続検証-2 ▶StringFactorを実測
RacquetTuneの薦め
RacquetTuneでうまく計測できない人へ
RacquetTune:ガットが上手く鳴らない場合
RacquetTune実用法
RaquetTune 外出用-叩き器




ソーホーストリンガー


















  
Posted by yyr_co_jp at 07:30Comments(0)TrackBack(0)