2015年01月31日

何事も脱力で上達

テニスで身につけた脱力テクニックによって、生活上のあらゆることにその応用が利くようになった。

例えばギターのピッキング。26
脱力を意識するだけでこれほど技術が向上することに驚きを隠せない。
とにかく右手の力を極力0に近づけることによって、ミスタッチが少なくなるのみならず、音の強弱が絶妙になり、音楽的表現力が向上した。
おまけにプロになるというプレッシャーがないので、リラックスして音楽が楽しめる。言うなれば心の脱力だ。
学生時代プロを目指して練習していた頃、この事に気がついていれば今頃プロとして活動できていたかも知れない(笑)


包丁の扱い。Houchou
脱力していればまず指を切ることはない。野菜も以前よりスピーディーかつ綺麗に切れるようになった。
また切れ味の悪さが敏感に感じられるようになり、研ぐ頻度が増えた。これはテニスで言うとへたったガットが許せないのと同様の感覚だ。
へたったガットは脱力を阻害し、逆に無駄な力が入っているとへたったガットが平気になってしまう、という相互関係がある。


歯磨きが上手になった。Haburashi
これも右手の力を極力0に近づけると、歯ブラシが歯に上手く当たっているか感じることができるようになる。また力が入ると繊維1本1本が曲がってしまうため、かえって洗浄効果がなくなることに気づく。


Handle車の運転も楽。
腕1本の重さは体重の約6%、体重67Kgの人で2リットルのペットボトル2本分もある。これが認知できていれば、例えば右折したい時は右腕を脱力した状態から最小の力で引き下ろしてやればハンドリングは相当楽になる。左腕は添えているつもりでよいのだ。
左腕の力を利用してしまうとハンドルの重さ+ペットボトル2本分の力を出して持ち上げなければならないのだ。
上記のことからハンドルの持ち手は教習所で教える10時10分ではなく、9時15分がベストと考える。


肩はこらないKatakori
意識的に入れた力を抜く脱力は簡単だが、脱力テクニックの難しいところは、無意識に入ってしまっている力を抜くところにある。
肩こりというのは正にこれ。無意識のうちに肩や首筋に力が入ってしまうから起こるのだ。
腕の重さや頭の重さを認知する重量認知テクニックでそれは解消できる。2Lペットボトル2本分の重量を意識して腕をだらーんと垂らす、ボウリングのボールの重量を意識して首筋を前後左右にストレッチするとよい。
脱力と重量認知には密接な関係がある。

上記のみならず、脱力テクニックは生活のあらゆる事に役立つ人生の必須テクニックだ。
おそらくストレスの減少とともにトータル的に寿命も延びることだろう(笑)


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー



















  

Posted by yyr_co_jp at 16:48Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月11日

RaquetTune 外出用-叩き器

RacquetTuneIcon

テンション測定アプリRacquetTune、家で測定する時は目打ちの柄などで軽く叩けば容易に音が鳴ってよいが、いざ外出先のテニスコートで鳴らそうとしても意外に叩く道具がなくて困る。

そこで思いついたのがこれ。

5yen

ガットの切れ端にこぶを作って5円玉を通しただけ。

これを勢いよく振りかざすと、意外に大きな音が鳴る。
躊躇無くたたきつけないと上手く鳴らない。
プロネーションの練習のつもりで叩くも良い(笑)

持ち手側にもこぶを作った方が脱力しやすい。

ガットへのダメージも心配したが、影響ないようだ。

ガットが無くても、衣類からほつれた糸でも良いだろう。


ちなみにスマホのUSB充電ケーブルがあると、同様の方法で5円玉無しで音が出せた。
USB

金属部がガットにあたらないように注意しよう。
ケーブルに断線等ダメージが出る恐れがあるので、あまりお勧めできない。


実はテニスのテクニックにおいても、腕をこの紐のように脱力し、ラケットがこの5円玉のつもりで加速すると、しなって高速スイングが可能になる。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ


《RacquetTune関連記事》

テンション測定器 racquetTune
racquetTune 続検証-1 ▶StringFactorとは?
racquetTune 続検証-2 ▶StringFactorを実測
RacquetTuneの薦め
RacquetTuneでうまく計測できない人へ
RacquetTune:ガットが上手く鳴らない場合
RacquetTune実用法
RaquetTune 外出用-叩き器



ソーホーストリンガー



  
Posted by yyr_co_jp at 13:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月09日

アクシス・シフト打法

Tokei1


ラケットの回転運動を時計の短針に例えて、12時方向に打球したい場合、フォアハンドストロークなら3時でインパクトした時、正しい方向に飛ぶ。
インパクトが
2時側にずれれば左に跳び、(巻きミス)
4時側にずれれば右に飛ぶ。(振り遅れ)

インパクトが前後にずれても12方向に正確に飛ばしたい場合どうすればよいだろう?
そう、時計の中心軸を前後にシフトしてやればよいのだ。

ここで重要なのは、軸はどこか? と言うことだ。
フィギュアスケートのスピンのような体幹が軸ではない。高速スイング中に体幹を打球方向にシフトしては、スイングの減速につながってしまう。

シフトすべき軸は肘!

肘がシフトすれば同様にグリップもシフトする。
グリップがシフトすれば同様にラケットフェースもシフトする。
運動連鎖は根元の小さな運動が、突端の大きな運動に増幅される。

この軸は、体幹より前にあることは言うまでもない。

インサイド・アウト打法は、アクシス(軸)・シフト打法でもある。

肘に時計の文字盤がついているとイメージして打球してみよう!

コントロールが悪い人は肘が体幹に巻き付く運動のみで打球してしまっているのだ。
体に巻き付く左方向へのミスが多発してしまうのだ。
これを『巻きミス』と呼ぶ。

アクシス・シフト無しでコントロールできてしまう勘の良い人がいるが、実はこれが上達の足かせになってしまっている。いわゆる器用貧乏だ。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー

















  
Posted by yyr_co_jp at 14:54Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月07日

錦織の偉大さ

Nishikori


世界ランク5位もすごい...
全米準優勝もすごい...

が、私が評したい錦織の偉大さはそんなところではない。

ほんとの偉大さは、

子供が憧れるスポーツ選手

に成ったことだ。

野球で、王、長嶋が子供の憧れだった頃、日本人テニス選手の名前を言える子供が何人いたであろうか?
松岡がそこそこ活躍してくれた頃、子供の憧れと言えたであろうか?

最近ちまたでは、ジュニア用ラケットの売上が急上昇した言う。
子供達が錦織を通してテニスに憧れを抱いた、れっきとした証拠と言えよう。

悲しいかな、憧れる選手のいないスポーツは、学校では運動劣等生スポーツに成り下がってしまうのだ。
かつて運動神経の良い子供は野球部、サッカー部に入るのが当たり前だった。

近い将来、錦織に憧れてテニスを始めた子供達が、世界ランクを賑わしてくれることであろう。

今、大人達ができることは正しいテニスを無償で子供達に教えることだ。
正しいテニスとはトッププロが行っているテニスのことだ。ただその真似をするだけでよいのだ。
どうすればその真似ができるようになるのか、近道を教えるのがテニスコーチであるべき..

子供達へ、
将来、錦織選手のようになりたかったら、間違っても軟式テニス部に入ってはいけません。



いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー

















  
Posted by yyr_co_jp at 21:36Comments(0)TrackBack(0)