2016年06月27日

ゴルフのアドレスを取り入れて脱力強化

Adress
ゴルフのアドレスというテクニックを取り入れると脱力を強化できる。
ゴルフではアドレスのできによってショットのできが、まるで違ってくると言う。

ゴルフのアドレスとは、打球する前に止まって構えること。

常に動いているテニスで止まって構えることができるのはサーブかリーターンを打つ前だけだ。
しかしこれは取り入れたいアドレスには当たらない。
リーターンを待つ時間も止まってはいけない。

テニスでアドレスに当たる動作は、インパクト直前の

 一瞬のタメ

だ。

実際の動作は静止していないが脳内に、静止しているような一瞬を意識するのだ。
言い換えるとこれは、

 バーチャル静止

だ。

プレーに余裕があるチャンスボールなどは実際に動作を静止させることもできる。

このバーチャル静止期間に必須のこと、それが

 脱力

だ。

アドレスという言葉に置き換えて脱力を実行することによって、脱力の精度を上げることができるのだ。

サーブに於いては美しいトロフィーポーズを作ることが、良いアドレスを作れるコツだ。



さて、このアドレスがなぜ重要なのか考察してみよう。
重量計に例えればわかりやすい。
DSCN0478

アドレスで脱力した状態が、重量計の0点調整なのだ。
この時点で
数字がずれていたり、
土台が揺れていたり、
傾いていたり、
ゴミが乗った状態
では結果、正確な重量測定はできないのだ。

テニスでは多くのアマチュアプレーヤーが0点調整しないで打球しているのだ。
0点が狂った状態で打球しても、結果狙った打球が正確に出ないのである。
例えばアドレスで1Kgの無駄な力が入っていたとすると、10Kgの打球を打ったつもりが、実際には9Kgの重さしか出ていないのだ。

0点調整を行うと『相手に読まれにくい』というビッグな副産物ももらえるのだ。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー






  

Posted by yyr_co_jp at 13:06Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

単調ワークはゲーム化して楽しむ

CIMG1918

中学校の部活で、
「グランド5周走ってこい!」
と言われて、楽しかった経験は?

あるとしたらかなりのM体質か、脳内に楽しむテクニックを持った人だ。
そんな人は100人に一人しかいないだろう。

残りの99人のために、単調でつまらないランニングを、楽しく笑ってこなせるようにするのはコーチのテクニックだ。

スポーツコーチングの素人である顧問教師がそんなテクニックを出せないのは無理もない。

現役の中学生なら、顧問教師にコーチングテクニックを勉強してくれと頼むのも良いだろうが、おそらく生返事しか返ってこないだろう。
ぜひ中学生の柔らかい頭で楽しむテクニックを考えて欲しい。

単調ワークを楽しむ最も簡単で最も有効な方法は、それを

 ゲーム化

することだ。

例えばグランド5周を大勢で走るなら、タイムの近い選手を2人ずつペアにし、4周時点で勝ってる方はそこでやめて良いとか。

一人で走るなら、毎周腕時計でラップタイムを計り、全周回、前周よりラップタイムを上げられたら、帰りのコンビニで好きなスイーツを買ってもよいとか。

こんな些細なゲームを考えるだけで、ただやらされるより数十倍楽しくなる。

日本には、いまだに笑いながらスポーツすることを不謹慎と考える時代遅れなコーチが多いかもしれないが、筋肉は、顔がこわばった状態より笑顔の状態の方が機能がアップすることは、まぎれもない事実である。


いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー





  
Posted by yyr_co_jp at 18:05Comments(0)TrackBack(0)