2006年02月14日

サーブの打点を無意識に高くする方法

a5795cb8.jpgサーブを打つとき、右肘を一番高い位置に置いて打ったときが一番高い打点で打球することができます。
図は、人間の上体を模式的に描いたものです。
赤い棒が、★印を中心にくるくる回るようになっています。
緑の右肘を頭のてっぺんにもってくれば一番高い打点になります。
ところが実際にサーブを打つとき、右肘は重要な働きをします。角度を90度にしたり、プロネーションを意識したり、振りをよくしたりと大変です。
ところが、右肘を意識しなくても右肘をてっぺんにもってくる方法があります。
そうです、黄色の左肘をみぞおちの位置にもってくるのです。
左肘を抱き込むように体の中に入れてください。
無意識に高い打点でサーブを打つことができます。
驚くほど、浅い位置にもサーブが打てるようになります。

ところで、肘は最高到達点で打つのがベストですが、打点は最高到達点で打つものではありません。
「一番高い打点=最高到達点」ではないのです。
サーブもストロークと同様に振り上げて打つものだからです。
最高到達点からは、振り下ろすことしかできないのです。
肘から先の回転方向を研究しましょう。いろんな球種が打てるようになります。
面の向きは、ネットの上50cmから1mを照らしますので、ストロークとは逆の微妙に下向きになります。



ソーホーストリンガー




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yyr_co_jp/50071694