2017年07月19日

軟式野球ボールはテニスの逆がメリット

2018年、軟式野球ボールがよく飛ぶボールに改定されるそうだ。




変形が小さいほどボールはよく飛ぶ。

逆にテニスでは変形を大きくしてボールを早く落下させコートに収める。

実際には硬い材質のガットを張りボールを潰れやすくしている。

硬い材質とはポリエステルのことで、このガットの出現によってボールはコートに収まり安くなり、ネットに出る選手はパスが抜かれ安くなり、トッププロのネットプレーヤーは激減してしまった。

世間ではラケットが進化したと騒がれるがそれは嘘。ラケットメーカーの宣伝手段だ。
実際はPrince グラファイトが登場してから、ラケットはほぼ進化していない。

進化したのはガットだ。進化と言うよりリプレースだが..

いつもココをクリック、ありがとうございます。人気blogランキングへ




ソーホーストリンガー