2015年02月20日

実は、独立起業することに…

ずっと、久しくこちらのブログの更新はストップしていましたが、
皆様、お元気でしょうか?

大変ご無沙汰していますが、そして、その間いろいろありましたが、私は元気です♪

うちの怪獣くんも、小学校5年生も後半。
家族の身長や足のサイズを、次々に追い越しはじめ、まぁ、毎日のように、続々とトラブルを起こしながらも、すくすくと育っております。

私は、彼が小学校に入って以来、ずっとサラリーマンとして、通販運営のお仕事をしてきました。

化粧品・健康食品の独自ショップ、キャラクター雑貨の楽天・Yahoo!・独自サイト、老舗タオルメーカーの楽天ショップと転職をし、文章の力で物が売れたり、お客様とコミュニケーションが取れたりすることに、とっても幸せを感じてきました。

で、いろいろなきっかけがあり、このたび、独立起業しました。

今、メインで運営しているサイトは、

もう一人で悩まない集客。セラピスト、カウンセラー、コーチ、先生のための小さく始めて大きく育てるファンの集め方

http://nayamanai-syukyaku.com/


です。

もし、ご興味のある方がおられましたら、ぜひ、そちらでも、よろしくお願いしますね♪

以上、大変お久しぶりの、近況報告でした!


yyunn21 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月13日

ネスプレッソを、ついに買いました

実は、以前から、欲しかったんですよね。エスプレッソマシーン。

でも、電気屋さんでも、結構いろいろ種類があったりして、どれにしていいか選びきれなかったし、カプセルがそれなりに高価なので、ずっと迷っていたんです。

が、最近、ひょんなきっかけで、買ってしまいました。
Nespresso U(ユー) バンドルセット オレンジ D50OR-A3B」です。

というのも…

先日、近所の大きな電気屋さんへ、たまたま怪獣くん(11歳4ヶ月)を連れて行ったんですよね。

彼の現在の興味は、スマホゲーム(パズドラ、モンスト)と、ミニ四駆・ラジコン。
なので、母と家電を見ているのに飽きた彼、いつの間にやら、ふらふらと、スマホ売り場やおもちゃ売り場に、1人で行ってしまい…。

電気屋さんって、結構、広いじゃないですか?
おもちゃ売り場だって、相当広いし、棚も多くて見通し悪いし、いそうな場所はわかっていても、ちっとも見つからないわけですよ…。
しかも、そういう時に限って、携帯電話とか持っていないし、連絡手段なし。

実は、以前にも一度似たようなことがあって、何度探してもどうしても見つけられなかったので、迷子という年でもないので、「お連れ様がお待ちです」的な店内放送をかけてもらったことがあるのですが(その時は、見つけられなかっただけで、おもちゃコーナーにいたと主張していましたが…)、また今回も見つからないし(2度めだぞ!)、ちょうどお昼時でお腹はすくし…と焦っている時に、たまたま、そのおもちゃ売り場のすぐそばで、ちょうど「ネスプレッソ」の実演販売をやっていたわけです。

「試飲しませんか?」と言われたのが、まさに探し疲れて見つからなくてイライラしていた時だったので、この際、打つ手もないし、一服するのもいいかと思って、いただいたところ…
これが、予想していたよりお、かなり美味しかったのです。
「スタバのコーヒーよりも、美味しい」ぐらいの勢いで!

これまでの比較基準は、普通のコーヒーに対して「高い」からなぁ…だったのですが、いっきに基準が変わってしまい、スタバ並みの味が、10秒くらいで家で簡単に楽しめるなら、これは「安い」かなぁ…などと思い始めるわけです(高いって言っても、私、お酒を飲まないんだから、発泡酒と比べたら「安い」し…とか、買うための言い訳も考え始めます)。

しかも、外見が、オレンジ色で、かなりキュートだったので、「これいいなぁ…」と。

で、当然、他のエスプレッソメーカーと比べるわけですけれど、他の例えば、「ネスカフェ ドルチェグスト」とかの方が、よく見かけるし、カプセルなんかも、「〜ラテ」とか、いっぱい種類があって楽しそうに見えるので、これまで何度か買いかけているのですが、「ネスプレッソ」は、そもそものコーヒーの種類が恐ろしくあって、そこから自分でアレンジするような感じのコンセプト。
なので、あまりフレーバーなどはないのですが、「本当のコーヒー通は、こっちを好むとか言われ、もともとフレーバー系がそれほど好きでもない私は納得。

さらに発売から20年以上経っている信頼のブランドだとダメ押しされ、完全にその気になってしまったのでした(だって、本体買って、カプセルの販売が中止になって使えないとか、嫌だし…。ちなみに、ネスプレッソのカプセルは、取り扱い店舗が有名デパートなど全国数店に限られているため、ネットか電話で購入する必要があります。電話は、フリーダイヤルなのはもちろん、24時間受付ているのがすごいところです。)

ネスプレッソと言っても、種類がいくつかあって、実際、その場にも3種類用意されていましたが、何が違うかというと、ざっくり言うと、「1回ずつカプセルを取り出す必要があるか、自動で下に落ちてくれるのか、さらに自動でセットまでしてくれるのか」という違いと、「ミルクを泡立てる装置がないか、別についているか、本体に一緒になっていて一気に注げるか」という違いです。

結局、いろいろ相談しながら、私が買ったのは、使用済みは自動で下に落ちてくれるタイプ(続けて使う時は、次のものをすぐセットできて便利。会社でどんどん飲むとか言うわけでもないので、自動セットの機能は不要だった)で、ミルクを泡立てる装置が別のタイプ(実演してもらったところ、ボタンひとつで、短時間で暖めながら泡立ててくれるので、ハンドミキサーのようなタイプに比べて、すごく簡単に、とってもきれいな泡が立って、とても便利。その上、温めだけとか、泡立てだけとか、いろいろなパターンもできるし、コーヒーを飲めない家族にも、ココアの上なんかにのせたら喜ぶだろうな〜ということで、あえて別タイプを選択。お手入れも超簡単だし、実際、毎回ミルクは不要なので、この選択は、我が家にとってベストだった)の「ネスプレッソ」。
お試しのカプセルセットもついてきたので、しばらくいろいろ楽しめます。

ちなみに、私がコーヒーを欲しいタイミングは、昼過ぎの少し眠くなる頃。
さすが、エスプレッソ。
ガツンと頭が冴えるのはもちろん、なんか元気になる感じで、買ってよかったなぁと思っています。

これ飲むと、もう、普通のコーヒーに戻れないですね。
エスプレッソやカフェラテ好きには、たまらない至福の時間。

怪獣くんの迷子騒動をきっかけに、半ば衝動買いしてしまいましたが、これ、かなりオススメです。
私のように迷っている人は、この機種にして、正解だと思いますよ♪

ちなみに、購入を決めて、在庫を確認してもらっている瞬間に、怪獣くんはふらりと現れました。
うーん。買う運命だったのかもねぇ…。



P.S.

どさくさで、今年の怪獣くんの誕生日の話をアップするのを忘れていましたが、11歳の誕生日プレゼントは、野球のグローブとグローブのお手入れセットでした。
野球を習っているわけではなく、お友達と遊ぶ時に使うだけなので、スポーツ用品売り場で、オールマイティーに使えるタイプで、手に合うサイズを選んでもらいました。

革製なので、ならすために、敢えて踏んで柔らかくしたり、壁にボールを当てて取るのを繰り返したり、磨いてみたり…変化する様子も楽しんでいるようで、11歳の男の子には、ぴったりのプレゼントだったなぁと思っています。

yyunn21 at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お買い物の話 | 怪獣くんの成長

2014年08月09日

子供を歯医者に連れて行く方法

今、ちょうど歯医者さんに定期検診に来ています。

で、ちょっと珍しいくらい治療に大騒ぎの子供がいて、また、すごーくよく話ができる子なので、とってもはっきり「痛いから!もうやめてってば!!」などと、猛烈な勢いで苦情申し立てをしつつ大泣きするので、待合室は、苦笑に包まれていますが…

たぶん、連れて来ているお父さんは、冷や汗ものだと思います。

なので、もううちは随分前に過ぎ去ったことなのですが、小さい子供が、上手に虫歯治療や、注射を受けられる方法を。

まず、嘘はつかない。
子供にわかる言葉で、何が、どんな順番で起こるのかを、しっかり説明します。

禁句は「あまり痛くない」「すぐに終わる」など。
余計な期待を抱かせると、いざ治療の際に大騒ぎになる上、親への信頼が地に落ちます。

代わりに、「ちょっと痛いと思う」「30数えるくらいはかかるかも」と正直なところを、淡々と伝えます。

そして、放置しておくと起こりうるデメリットを、ひたすらたくさん並べます。
ついでに、親として、そんなことになったら、どんなに悲しいかも、たくさん伝えます。

で、子供にどうするか、選ばせる。

ちゃんとわかれば、ちいさな子供だって、合理的な選択ができます。
自分の子供を信じましょう。

正しい選択ができた時点で、最初のデメリットに戻って、「ちょっとは痛いと思うけど、ホントに大丈夫?」と、さらに念押し。

ここまで来てはじめて、「あっという間だと思うし、君なら頑張れると信じてる」「終わったら、〜して遊ぼう」とちょっと甘い話をしてOK!

さらっと書いてますが、正直、結構、長い時間がかかるかもしれませんが、これをするのが、親の責任だと思いますし、実際上も、ここで頑張っておくと、後がかなり楽です。
(いざ行く前に、「やっぱ、やだ」とか言い出すことがあっても、「怖いことたくさんだから、頑張ることにしたんだよね?終わったら、いいことあるんだったよね?」と言うだけですみます。)

どれだけ注意していても、虫歯になってしまったら…。
親も、正直、ショックですよね。
泣かれた日には、さらに、ショックだし、歯医者さんに対しても恐縮だし…。

なので、頑張って、説得してみてくださいね。

ちなみに、我が家の経験上では、「キャンディ・飴」が一番、虫歯になります。
やっぱ、長時間、口の中に残るものは、テキメンに、ダメですねぇ…。

そして、虫歯を防ぎたいと本気で思うなら、3ヶ月に一度、定期検診に連れて行くことです。

検診なら怖くないし、子供自身も歯医者さんに褒められて嬉しそう。
それに、実際、フッ素を塗ってもらったり、シーラント(奥歯の溝を、あらかじめ埋めておいて、虫歯になりにくくする)したり、定期的に歯磨きの指導が合ったりするのは、特に、うちみたいに、虫歯になりやすい体質&結果的に虫歯になりやすい生活習慣になってしまった子供には、大変効果的です。

それにしても、うちの怪獣くんはすっかり大きくなったなぁ…(現在、小5)。
もう、親が診察室に入ったりしませんもんねぇ。

さて、これを書いて私自身も効果的なやり方を思い出したので…
大人への階段を登り始めて、すっかり反抗的な怪獣くんにも、歯医者対策と同じ手法を取りましょうかね。
時間かかるだろうけど^^;

yyunn21 at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)怪獣くんの成長 

2014年03月27日

飛躍的に体調が良くなる食事の仕方

実は、最近、食べることに関して、ものすごくエネルギーを注いでいます。

最近の私の間食は、伊予柑やリンゴなどのフルーツか、「ローフード通販ショップLOHAS」で購入した、ナッツやドライフルーツです。

普通の店で売っているドライフルーツは、砂糖やオイルで味付けされているものが多く、ナッツも、塩が添加されていたり、ローストされていたりするのですが、ここのお店の商品は、生のナッツやドライフルーツ。

の名前に「ローフード」って入っているのですが、これは生の食品ってこと。
マクロビオティックの後に流行りはじめた食養生の方法で、簡単に言えば、食べ物は、熱を通さずに生で食べると酵素が生きていてよい、という食べ方なので、そういうお店で買うと、できるかぎり自然な無添加状態のものが手に入るので、気に入っています。

そもそも、味がぜんぜん違うんですよね。
びっくりするくらい甘くて、しっとりしていて、満足感が桁違い。

私のお気に入りは、デーツ(ナツメヤシ)やカシューナッツ、ピーカンナッツ、アーモンド、ピスタチオ、ドライいちじくなどですが、ホント、どれも美味しいですよ。
ぜひ、いちどお試ししてみてください!
超おすすめですから!!!
ローフード通販ショップLOHAS


さて、そもそも、どうして、そんなふうに食事に凝り始めたかと言うと…

先日、成功の9ステップ ライブセミナーという、4日間泊まりがけで行われる、すっごく面白いセミナーに行ってきたのですが、その9ステップのなかの1つが「無限健康」というコンテンツで。
その方法を、体験型で、習ってきたわけです。

「無限健康」っていうからには、普通ではありえないレベルの、超健康になれる方法なわけで。
大きく言って、食べることについてと、運動についてと、2つの秘密があるのですが、中でも、食べることに関して、ものすごく端折って言うと…
消化にエネルギーをとられてしまうと、他のことにエネルギーを使えない。
だから、消化しやすい食べ方をしましょう、というコンセプトなわけです。

具体的には…
午前中は、果物だけ(量の制限はなし)。
肉・魚と炭水化物は、一緒に食べない(食べ合わせに注意する)。
乳製品はNG。
添加物もNG。
水分の多い生野菜をたっぷり食べる。
食べ過ぎない。
水は一日2L以上飲む。推奨は6L。
お茶やコーヒー、お酒やタバコはNG。
週に2食連続はフリーデイで、好きなものを食べてOK。

というような、これまでに聞いたことのないような、ぶっとんだ内容の食事になるわけですが、まさか、そんなことで、エネルギーが増加したりするわけないんじゃない?と、まぁ、疑っていたわけです。

けれど、実践している人たちが、本当にもう、凄まじく元気で、内側から輝く美しさがあって、尋常じゃないパワーにみなぎっている。そんな人をいっぱい見ちゃうと、当然ながら、興味、わきますよね。

その上、セミナーの最中は、ずっとそれに沿った食事が出るのですが、実際に私自身も、あまり寝なくても、かなり元気だったりするわけです。

それで、まぁ、とりあえずは試してから考えようと、セミナーから帰ってきた後も、できるだ続けるようにしていると…
やっぱり明らかに、体調が良いわけです。

私の場合は、足はむくまなくなるし、身体が軽くて疲れないし、花粉症の症状も出なくなるし。
肌に透明感が出てきて、化粧のりはよくなるし。
カサカサになってかゆくなったりすることのあったひざ下も、全く気にならなくなったし。
寝付きが早くなって、ぐっすり眠れて、短時間の睡眠でもスッキリ起きられるし。

その上、体重だって、全く減らそうとしていないにも関わらず、無理もなく一週間で5kgほど減り、げっそりじゃなくてスッキリ体型に。その後も、全くリバウンドする気配なし。

結果的には、良いことだらけ。


けど、ねぇ…。
この結果に、実は、私自身が、かなりの衝撃、です。

だって、私、これまで、かなり健康オタクな方だったんですよ。
ベジタリアンもやったことあるし、マクロビもローフードも、つぶつぶクッキングも、他にもいろいろ、それなりにはまって試したことがあるにもかかわらず。

…ここまで露骨に、凄まじい変化を感じたことは、ほとんどなかったわけです。

なのに、私が大好きな「ご飯」が、特に「丼もの」が、食べにくくなるこの方法が(この方法を実践するには、大きい生野菜サラダをメインに、おかずに肉や野菜料理を食べ、ご飯を抜くのが、手っ取り早いので)!
朝ごはんはしっかり食べなければならないとか、生野菜は身体を冷やすからよくないとか、いろいろな定説を、完全に覆すこの方法が!
そして、私としては、あまり面白くない(果物とか生野菜をそにまま食べるのがメインなので、調理に手をかける必要がなく、工夫の余地が少ないところが若干つまらない)この方法が!

…結果が出てしまうなんて。

なんとなく、悔しいというか、残念というか…
本来なら、エネルギーが高まって大成功なんだから喜んでいいんだろうけど…
若干複雑な気持ちではあります…^^;

ちなみに、「無限健康」には、食べ物以外に、運動など他の要素も多分にあります。

ただ、食事を変えるだけでも、それなりに効果はありますので、興味のある方は、食べ合わせなどに関する底本になっている、「フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!」という本を読んでみてください。
どういう考え方で、そのような食事が良いのか、理論面でも納得でき、レシピもたくさん載っていて、実践する上で無理しすぎないヒントも散りばめられたお得な本です。



さらに、運動を含めた「無限健康」の方法を知りたい方は、「成功の9ステップ」のエッセンスがまとまった本も出ています。

こちらは、一番安価な文庫本。
ちなみに、文庫本でも、ハードカバーでも、内容は同じです。


読むのが苦手な方は、図解バージョンをどうぞ。


ただ、私のおすすめは、成功の9ステップ・オーディオコース
すっごく聴きやすくて、頭に入りやすくて、手軽で便利。
携帯音楽プレーヤーに入れて、何度も何度も聴いています。
人生をもっと加速させたいと思っている人、人生を変えたいと思っている人には、特に、おすすめ。


もちろん、一番のおすすめは、成功の9ステップ ライブセミナーに行くことです。
私の場合は、ある意味、ひょんなきっかけから行くことになったのですが、本当に行ってよかったと思います。
子供を預け、仕事を休み、万難を排して行くだけの価値があります。
本気で、人生、変えられます!
詳細は、こちらから⇒成功の9ステップ ライブセミナー
(ちなみに、リアルでのお友達の方は、割引の方法ありますから、ご一報下さいw)

あ、そうそう。
私がドライフルーツやナッツをリピート買いしているおすすめのお店も、もう一回紹介しておきますね。

ローフード通販ショップLOHAS

このお店は、いろいろなお試しセットを出しているので、まずはそれから頼んでみるのが、おすすめです!

あれだけ、甘いものが大好きで、チョコレートフリークだった私が…
人間って、変わるものですねぇ。

yyunn21 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月03日

自分の気持ちを上手く処理できるように助ける

久しぶりに、ぜひともブログで紹介したい!という本に出会いました。

子育て系ではあるのですが、傾聴のテクニックやコミュニケーションスキル
という意味でも、なかなか興味深い本です。
子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方 大全」という、
軽薄で安易な印象を与えかねない題名なのが残念ですが、
内容は、どんな人でも学んで損はない、すばらしく実践的なものでした。

怪獣くん(10歳4ヶ月)も、そろそろ自立への階段を登りはじめたかなぁ…という
年頃になってきました。
つまり、もはや、細かいことを言っても、親や家族の言うことなんて、聞く気がない。
それどころか、逆に、鬱陶しいと思いはじめているわけです。

もちろん、まだまだ子供っぽかったり、赤ちゃんみたいだったりする部分も
たくさんあるのですが、「彼独自の考え」が形作られてきており、それが、
大人から見れば、どんなに浅はかなものであっても、もはや、頭ごなしに言われて、
改める気など、さらさらなくなっている今日このごろ。

判断力がないため、それほど悪気もなく、親の目を盗んで、もしくは自覚なく、
とんでもないことをしでかすこともあるし、
子供ならではの狭い視野と近視眼的発想で、支離滅裂な論理を展開し、
自己正当化する上、こちらの言うことを理解する力は弱い…。
要するに、話が通じなくなってきているわけです

思えば、赤ちゃん時代も、喋れないために、意思疎通ができず苦労しましたが、
今度は、お互いの価値観や常識が大きくずれる年代に入ったために、
互いの意思疎通が、思いの外、難しくなってきている模様。

…って、私自身も、冷静な頭では、わかっているのですが、
毎日の生活の中では、当然、ある程度までは親の言うことを
聞いてもらう必要があるわけで。
何も考えないでいくと、これまでどおり、思わず、ガミガミ言ってしまう。

効果がないどころか、逆効果なことをしている自覚はありつつ…
でも、とっさに、ほかに手段って、思いつかないわけです。

それに、自分の子供が可愛いあまり、親がついつい甘かったり、
弱かったりする部分は、しっかり子供に見ぬかれて、つけ入られる羽目に
なるわけですが、とはいえ、できるだけ目を背けて、誤魔化しながらきたものが、
シビアな関係がそびえたつここにきて、ついに、はっきり顕在化され、
自分の子育ての一番甘い部分から、避けて通れなくもなってきます。

で。
そんな、傷心な心で、本屋さんを歩いていて出会ったのが、この本でした。

実は、先日参加した全く別分野のセミナー(アメリカのカウンセラーの
ケン・矢吹先生の講演)
で、共感的に他の人の話を聞くことができれば、
大変な癒し効果があるという話を聞き、話を聞く時に使えるスキルとして、
OARS(オアーズ)という方法の紹介がありました。

他の人の話を聞くときには、以下の様な相づちを入れて聞くと、
相手は、「伝わった!」と感じるそうです。
(1) Open-ended questions(会話が続く質問をする)
(2) Affirmations(聞いたことを確認し、積極的に受け入れる)
(3) Reflective listening(他の言葉で言いあらわす)
(4) Summaries(短くまとめる)

そして、ただこのように共感的に聞くだけで、アドバイスは一切しない
というのが、重要なポイントです。
心がいっぱいいっぱいの時には、まだ、論理的な忠告を受け入れる準備が
できていないため、情緒的なやり方で、吐き出してしまうことがまず必要だから。

とにかく聞くだけで、後日、その後どうなったか、声をかけてあげる
ようにする方が、その人のためになるという話でした。

自分自身が辛い時、どんなふうにしてもらう体験が、一番役に立ったか
を考えれば、ごもっともな話なのですが、これって、子供が間違ったことを
言っているような場合にも、そのまま適用していいのか、つまり、
間違った方向に行こうとしているのに、何も忠告をしなくていいの?
って、思いますよね?

気になって、質問したところ、答えは、「子供でも、同じことです」でした。
自分自身の体験から、自分はこう思うけどね、と短くいうことはできるが、
それ以上は、大きく逆の効果をもたらすと。

この本が提唱している方法は、このやり方に、かなり近いものがあります。

一番はじめの章が、「自分の気持ちを上手く処理できるように助ける」で、
ものすごく端折って言えば、共感的に聞くことが、子供が感情を処理して、
さらに一歩を踏み出すための支えになる、という内容。

子供が何を言いだしても、その子の気持ちを代弁してあげるような
相づちをうちながら、ひたすら共感してあげると…

自分自身の気持ちをわかってもらいたい一心で、何度も自己主張したり、
自己防衛する必要がなくなり、自分で問題解決に向かう、というそのプロセスの
具体例が豊富で、非常に参考になります。

ただ、これって、口先だけのことじゃないんですよね。
さっそくやってみて、さっそく失敗しました。
(ばかにして、笑っている!と怒られました…が、リベンジで成功。
 本気で心をひらいて共感しようとしていなかったら、当たり前ですが、ばれます)

「インスタントに『事態をよくしたい』誘惑に、抵抗して下さい。
アドバイスしないで、子供の気持ちをそのまま受け入れて、返して下さい。」
という一文が、心に刺さります。

かなりステップの細かいワーク形式で進んでいくので、理解しやすく
実践しやすいのが、この本の良さ。
理屈としては、知らなかったわけではないけれど、毎日の生活に
活かせていなかったことが、ひとつひとつはまっていく感じです。

なので、本自体は、ざっと全部読んだのですが、実践は、著者のおすすめ通りに
ゆっくり1章ずつ1週間かけて、進めていくつもりです。

ちなみに、2章以降も、すごく興味深いテーマが続くんですよ。

2章:子供の協力を引き出す方法
3章:罰の代わりに解決策を考えよう
4章:子供の自立を養う方法
5章:子供が自分で自分をほめる効果的なほめ方
6章:子供を役割から解放する
7章:すべてを考え合わせると

Before→Afterのイラストページや、ワークのページが多く、
ページ数や内容の割に、とても読みやすい本です。

かなりオススメなので、ぜひ、一度読んでみて下さい。
きっと、目からウロコが落ちて、前向きに子育てを楽しめるようになると思います。

最近、思うのですが、ホント、子供って、うまく与えられているものだなぁと。
怪獣くんがいなければ、この本を読むことは、やっぱりなかったと思うのです。
彼のお陰で、強制的に成長させられるというか…

そもそも、人の話を共感的に聞くことは、子育てを抜きにしても、私に与えられた
チャレンジであると感じているので、引き続き取り組みたいと思っています。

ちなみに、これも偶然最近読んだD・カーネギーの古典的名著「人を動かす」にも
全く同じようなことが書かれていました。
この本も、この原則が大変理解しやすいと思います。
(すっごく装丁のきれいな文庫版の三冊箱入りセットが、お値段も安く、
場所も取らず、どこでも荷物にならず読めるので、オススメです。
新版 ハンディーカーネギー・ベスト(3冊セット):
「人を動かす」「道は開ける」「カーネギー名言集」





yyunn21 at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)