2008年12月12日

在るべきもので創られる社会

今まで「在るべきもの」が現実に創られてきませんでした。

わたしたちは、此処に在るべきものが現実に創られてこなかったために、幸せを、多くの人が感じることができませんでした。


この地球上を見回してください。
この地球上に「在るといいもの」を考えたとき、あなたは何を思い浮かべますか。



お金でしょうか。
お金は幸せも作り出しますが、争いや競争や貧しさという不幸も作り出します。

水でしょうか。
水は、地球上の生きとし生けるものに、欠かせないものでしょう。しかし大雨や洪水は不幸を作り出すでしょう。

 

人間が作り出したもの、自然界にあるもの。
そのどちらも、バランスが大事だとわかります。一所に集まりすぎたり、不足しては幸せになれないのでしょう。

バランス、あるいは調和させるためには、「循環すること」が大事なのでしょう。

循環しない物は、廃棄物やゴミとなっていきます。
人の身体の中で循環が滞ると、病気を作っていきます。身体の中でバランスが保たれていれば、わたしたちは健康に暮らせます。

此処に在るものをバランスさせること、調和を創ることが、幸せになることと関係が深いと分かります。
在るものをバランスさせること、調和させることについて、考えてみましょう。

 

自然界を操作することは私たちにはできませんが、私たちの創っているものについて、バランス・調和させることならできるはずですね。

お金が一所に集中して集まるような状況は、幸せを感じる人がいる一方で、不幸な人々を作っていきます。

まとまったお金があると、後はうまく運用することによって、ますます資産が増えるというシステムがこの社会には出来上がっています。
そのため、ある一定以上の資産になると、後は他からお金をどんどん集めてくるというシステムになっています。

お金をたくさん所有して幸せと感じる人は、誰かの不幸の上に立つ幸せのまがい物に、酔いしれているのだと分かります。

では、お金を一所に集中させないで、循環させたらどうなるでしょうか。

お金の循環しないところができると、争い、飢蛾、戦争、覇権争い、貧しさ・・・などが、起きるのでしょう。

お金をうまく循環させるにはどうしたらいいでしょうか。

「いつの時代も格差というものはあった」といいますが、本当にそうなのでしょうか。
そして格差は在るべきものなのでしょうか。

私たちが、進歩発展をする生き物ならば、格差は誰も望むものではないですし、
私たちは、本当に望む世界を創るべきだと思います。

 

もう一度考えてみましょう。
此処に『在るべきもの』はなんでしょう。

在るべきもので、この地球の現実が創られていったなら、わたしたちは幸せになれるのです。

誰の不幸の上にも立たない、循環し、バランスする社会。

みんなで幸せになれる、そういう社会を創りませんか。

 



yyyyohko at 00:00│Comments(22)TrackBack(0)clip!未来 | 創造

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by remains   2006年06月12日 20:14
 小泣でチュー!
 おいらも自然循環社会を目指す為
 日夜修行に励んでおりまチュー!
 で、紫陽花にはでんでん虫がいっぱいでおいらも毎日楽しいでチュー!
 それじゃ、またチュー!!
2. Posted by nob   2006年06月13日 00:46
5 yohkoさん、初めまして。北海道のnobです。

 「誰の不幸の上にも立たない、循環し、バランスする社会」
 とても共感しました。
 時々立ち寄らせていただきます。よろしくお願いします。 
3. Posted by yohko   2006年06月13日 11:19
remainsさんのペットさんも、
この地球上の全ての存在さんが、
調和する社会を作りたいです。
これから、ご一緒に考えていきましょう!
4. Posted by yohko   2006年06月13日 11:25
nobさん、ようこそおいでくださいました。
「誰の不幸の上にも立たない、循環し、バランスする社会」
 共感していただけて、とても嬉しいです。

nobさんのように共感する人が増えてくださるといいなぁと思っておます。
そしてそれぞれの分野で、知恵を出し合って、循環しバランスする社会。誰の不幸の上にも立たない社会を創っていきたいと思います。
現実化するまで、続けていくつもりです。

またお越しくださって、知恵をお貸しくださいね。
ありがとうございました。
5. Posted by 新聞批評です。   2006年08月01日 16:39
5 日本の貧困率は世界第2位とOECDが発表しました。

右サイドバーにリンクさせていただきました。↓
http://blog.livedoor.jp/budo1/
サイトです。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokai/index.htm
6. Posted by yohko   2006年08月02日 16:27
新聞批評さん
☆5個ありがとうございます。
「在るべきもの」という概念が、広くみなさまと共有されますことを。
これからもよろしくお願いします。
7. Posted by ランデルマン   2006年08月12日 15:46
5 どうも、初めまして。
欲をあおり、扇動させないと皆、働かなくなるのでは?車でも本来皆「軽」でいいのに種族保存の本能でモテたいがため、大きいのに乗りたがる。メーカーも利益率の為にそれを煽る。人間は生来「不適格」なのでは?
8. Posted by yohko   2006年08月12日 20:29
ランデルマンさん
人は不適格な面を持ち合わせているところはあるでしょう。
しかしその一面だけが人間ではないと思っています。
欲に埋もれているだけの人生ではつまらないと思いませんか。
誰の中にも、暖かい部分、自分の良心と共鳴する部分、そして新たな可能性がある・・と思います。
自分の中のそんな肯定的側面を発見する人生を歩きませんか。
まったく新しい価値観と可能性が拓かれる真の喜びに満ちた道です。
自分をよく観ることでしょう。
9. Posted by 月光浴   2006年08月19日 17:50
5 確かに何でも一箇所に集中することは、バランスを崩します。ライオンもその日に必要な分だけしか獲物をとりません。人間だけが明日の分まで蓄えようとします。そこで何かがバラsんすが壊れてしまいます。
10. Posted by yohko   2006年08月20日 16:32
月光浴さん
お読みいただいてありがとうございます。
>人間だけが明日の分まで蓄えようとします。そこで何かがバランスが壊れてしまいます。

人間のバランスを崩してしまう様な行動が、何故生まれ、それを解消するにはどうしたらいいかを、これからも考えて記事にしていきたいと思っています。
一緒に探していきましょう。
またお立ち寄りください。
11. Posted by kokemomo   2006年09月12日 13:27
5 全てに感謝して・・・こちらにもコメントしたのでうすが、良かった!まだおつき合いしていただけるのですね。
作家のミヒャエル・エンデが目減りする通貨というものを提唱していました。ある一定以上の期間を過ぎるとお金の価値が下がっていくというシステムです。こんな社会だったいいですね。
私も物を生産する仕事をしています。畑では自分たちが食べる野菜も作っています。人が一日にひとりで作れる量は決まっています。けれども,現代のお金の社会・錬金術はお金がお金を生み、莫大な富を得ることができる社会を作ってしまいました。こつこつと物を作ることがばからしくさえなってしまう社会です。でもどんなに社会が変わっても人がこつこつと生産する物で社会は成り立っています。多くの人がそれを忘れてしまったようですね。
今回は私の仕事のHPをリンクさせていただきます。よかったらのぞいてみてください。
12. Posted by yohko   2006年09月15日 11:48
kokemomoさん
>「人が一日にひとりで作れる量は決まっています。けれども,現代のお金の社会・錬金術はお金がお金を生み、莫大な富を得ることができる社会を作ってしまいました。こつこつと物を作ることがばからしくさえなってしまう社会です。」

おっしゃるようなことを、ぜひ子供たちに伝えていきたいです。
人一人が物を生み出すことの大切さ、そこから離れてしまった私たちは、およそ幻想のお金の錬金術師か、権力を握ることに興味を奪われてしまったのかもしれません。
大切なことをありがとうございます。

エンデの考え方や彼のアプローチについては、もっとわたしたちも学ぶ必要がありますね。
13. Posted by 小萩   2006年11月20日 00:04
本当に必要なモノ。案外そんなにないでしょうね。
人間はどうしても欲があるのか、お金でもモノでも持てば持つほど『もっと欲しい!』と思ってしまうようです。
いったん手に入れた地位や富を失いたくないから『いつだって格差はあった』なんていいわけをするんでしょうね。
でも、そんなの死んだらどうにもならないものばっかり。 どうせならみんなでニコニコ生きる方が『あるべき形』とおもうんですけどね・・・
14. Posted by yohko   2006年11月20日 10:52
小萩さん、ご賛同くださってありがとうございます。

みんなでニコニコ生きる喜びを、知りたいですね。小萩さんのように考える人なら、そんな暮らしはすぐ手の届くところにあるでしょう。

地位や名誉にかじりついて安穏とするために人を苦しめることに平気になってしまった鈍感な人達は、かわいそうな人達かもしれませんね。

在るべき形を、実現していきましょう!
15. Posted by ココロ   2006年12月09日 23:03
こんばんは。津久井さんのとこから来ました。
世の中、ばらんすがすべてだと思っているので嬉しく拝見しました。それから循環しないと水も腐ります。今の政府も腐っています。在るべきもの‥まったくがない。なんとかしたいですね。
これからもよろしくお願いします!^^
16. Posted by yohko   2006年12月11日 08:34
ココロさん
こんにちは。ようこそおいでくださいました。
同じ感覚を共有していただいているのですね。嬉しいです!

おっしゃるように循環しない水は、腐りますね。
全てのものは、循環することによって、生きたものとなるのですね。

『循環』という意識を持つ人が臨界数に達したら、社会は変わると思います。
循環する社会を目指して、いろいろな人が発言していくことが大事と思います。
これからもよろしくお願いします。
17. Posted by 小萩   2006年12月20日 23:43
どうも、お久しぶりです。

>地位や名誉にかじりついて安穏とするために人を苦しめることに平気になってしまった鈍感な人達は、かわいそうな人達かもしれませんね

その通りだと思います。
『自分だけの利益しか追わない。そのためになら他人を蹴散らしてもよい』というのでは、精神的にまだ子供だと言われても仕方ないでしょうね。勿論、人間である以上は欲望を持ってるのですが、それをどれだけコントロールしていくかというのは大切かな?と思います。
地位やお金というのは、多分持たざる人に手を差し伸べてこそ価値があるんじゃないかな?
・・・イザ手に入れたら困難ですが(^^;

追伸。
IDを忘れちゃったので、ブログを立ち上げなおしたことをあわせて報告します。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
18. Posted by yohko   2006年12月21日 10:17
小萩さんが書いた文章を読むと、自分で書いたのかと思うくらいにぴったり重なります。
同じ思いを共有できる方なんだと感謝です。

>地位やお金というのは、多分持たざる人に手を差し伸べてこそ価値があるんじゃないかな?

なるほどそうです。そんな風に思いつく小萩さんは、確かな人ですね。


IDを忘れたのは、新月の所為かもしれないですよ。新月から『新しい始まり』を踏み出すのは、なんか良いことの始まりのような気がします。
おめでとう!
19. Posted by あずさ   2007年03月19日 20:36
はじめまして

>みんなで幸せになれる、そういう社会を創りませんか。

大賛成です!
実は私達日本人は
そんな社会を持っていたのですよ。
共生と循環・調和の社会を。
江戸時代は多様性が尊重される社会であったようです。

「逝きし世の面影」という本でその事を知り、私達のご先祖様が経験した心豊かな時代を取り戻せないものか!と切に思いました。
20. Posted by yohko   2007年03月21日 12:22
あずささん、こんにちは!

大賛成ありがとうございます。
昔と今では、今のほうが進んでいると言うのは思い込みですね。
発展の方向を間違えたために、行き詰まりが起きたのですね。
昔の知恵を掘り起こしましょう。そして生きた知恵にしていきましょう。
私は最近電気掃除機を止めて、ほうきをつかうようにしています。かえって手軽で便利ですよ。

できることがいろいろあるはずなので、これからもご一緒に探していきましょう。

ありがとうございます。
21. Posted by sino   2007年07月01日 23:36
「世界中みんな幸せになる」の
ZAKIさんも、動き出しています。

形は違えど、色んな人が色んな所で
たった1つの目標に向かって動いている気がします。

世界中みんな幸せになる。

良かったら見てやってください。

http://zaki.seesaa.net/
22. Posted by SanDisk Cruzer Switch 32Gb   2012年01月11日 20:58
旅行代理店イズリントン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ほっとけない 世界のまずしさ
Amazonライブリンク