こんばんわ。

今回は作業効率化のお話です。





タイトルのモバイルディスプレイとはその名の通り、
持ち運びできるディスプレイということです。



数多くの人がデュアルディスプレイの快適さを実感していると思います。



デュアルディスプレイの快適さを出先で再現出来たら
仕事効率が上がると思ったので作ることにしました。

5000円で作れるんですなこれが。
作るといっても組み立てるだけですけど。。。


研究室で修論を書かなくてはならず、研究室に自分の外部ディスプレイがなかったので作ったというのが本音です。



つくりかた

材料
・ディスプレイ
・制御基板
・フレーム
・HDMI(DSUBでもよい)ケーブル
・ACアダプタ(12V。9Vでも問題なさそう。)



まず、eBayでディスプレイと制御基板を、
AliExpressでディスプレイと制御基板をコンパクトにするためのフレームを発注します。

次に、AmazonでPCとモバイルディスプレイをつなぐためのHDMIケーブル
(PCによってはDsubケーブル)
モバイルディスプレイの電源となるACアダプタを購入します。


ここで、お店選びのコツですが、
eBayとAliExpressは購入したいものが安い方を選んで購入してます。
Amazonは手軽さと直ぐに届くところがいい。

あとは、レビューを必ず見ること。
評価は4~5ならだいたい大丈夫でしょう。
コメントも見ておく必要はあります。


作り方は簡単。取説付いてなかったけど、こうなりそう…で作りました。
一応eBayの商品ページにいくつか組み立て方の写真がありました。


出来たらこんな感じ。
















IMG_2830

IMG_2831



ディスプレイサイズは7インチですが、



出先で使うには、

うん。まあまあ良い。

という感じです。







ノートPCと接続してみると、


IMG_2822


ケーブルが絡まってるのは置いといて、

おそらく、元々はデジタルフォトフレーム用のディスプレイなので、
解像度はキレイですが、Microsoft Office系を使うには少し小さい気がします。

ただ、pptは上のタブを最小化するなど、工夫すれば参照するにはいいかも。













明るさや色は付属のリモコンで調整できるので、見やすい感じにできます。

リモコン↓

rimote con









これでマイクロマウス作りも捗りますね。

修論は捗りました!










おしまい。









来週は、「PC(windows10)を高速化したい人へ」です。


最近、自分の周りに重いパソコンで作業している人が多いように感じます。
そういう人に聞いてみても、パソコンの最適化なんて知らんって人が案外多いです。

その場合は
新しいパソコンを買わなくても簡単に速くなる可能性が大いにあります。


ということで、
記事の通りにやれば、ある程度高速化出来るようにしたいと思います。