2006年04月02日

おばあちゃんありがとう

4月1日午前9時30分、祖母が逝去しました。
98歳と6ヶ月の、大往生でした。

危篤状態になり約一週間、苦しそうな呼吸が続いていましたが
最後は、穏やかな表情で亡くなりました。
穏やかな春のひかりがさす我が家で、子や孫、ひ孫に囲まれながら
最後を迎えられました。

お祭りが大好きだった祖母。
最後は明るく笑っておくってあげたいと思います。

おばあちゃん、素人の介護でごめんね。
30年間私を育ててくれてほんとうにありがとう。

  
Posted by yz_syk75 at 11:02Comments(4)TrackBack(0)おばあの記録

2006年03月28日

私にできることは何があるだろう

ここ数日で衰弱が激しく、点滴も入りにくくなってきた。
ただ側にいて泣いているだけの私。
私にできることはもう何もないのだろうか?
ただ弱っていく祖母を見ているだけでは、あまりにも辛い。

ねぇもう一度、うるさいほど元気な声を聞かせてよ。
もう朝まで徘徊したって、嫌な顔しないから。一緒に家の中散歩しようよ。

98年間、今までずっと頑張ってきたんだもんね。
もう頑張れなんて、言わないよ。

痛みとか、苦しみとか、感じずにいてくれたらそれで充分だから。

ねぇおばあちゃん。
最近、私おじいちゃんが側にいるような気がしてるんだ。
おばあちゃんは感じている?

あまり仲良くなかったから、おばあちゃんは知らん顔してるかな。
でも、おじいちゃんはきっと心配していると思うよ。

ねぇおばあちゃん。
胸が苦しいよ。





 



 

  
Posted by yz_syk75 at 02:35Comments(0)TrackBack(0)おばあの記録

2006年03月23日

脳梗塞から2週間

右半身の弱い麻痺と失語にはなったものの、こちらの言うことに頷いたり反応するようになった。
得にひ孫がくると、脳梗塞以前の顔つきになって笑ったり、握手したり、嬉しいようだ。

しかし、今週始め頃から少しづつ体力が落ちている様子。
座っていられる時間がだんだん短くなって、すぐに横になりたがる。

今日の点滴後、医師から胃に穴をあけて直接栄養をおくるという手もありますが、という話をされた。
でも私の独断で断った。

食べられないのは脳梗塞になる前からなのだから。
きっと祖母もそんなこと望んでいないはず。

これでよかったよね?

 

 


 

  
Posted by yz_syk75 at 12:19Comments(1)TrackBack(0)おばあの記録

2006年03月08日

脳梗塞

ショートから帰宅した際、車から降りる時の表情がかたく、全く喋ろうとしない。
明らかに様子がおかしいので病院へ。

CTの結果から脳梗塞との診断。
失語と右半身の軽い麻痺。
こちらの言葉がわかるのか、わからないのか微妙な反応。
入院も難しいため、明日から通院か往診で点滴治療に。
寝てもいられず、座ってもいられず。
今までとは全く違う徘徊。
今後のケアをどうしていくか…。
明日ケアマネと相談。  続きを読む
Posted by yz_syk75 at 22:42Comments(0)TrackBack(0)おばあの記録

2006年01月22日

ひ孫と共に…

義兄が出張のため、姉が姪を連れて泊まりにきた。 
祖母は目を輝かせて姪にすり寄っていく。

「 お名前は?」
「 どこのお子さん?」
「 いつ生まれたの?」
「 何か食べる?」

 もうすぐ5ヶ月になる姪も、矢継ぎ早な質問に目を白黒させる。
 そしてその都度女の子よ、と伝えても
オムツ替えを側で覗いていても

「可愛い男の子だねぇ〜」

男の子だと疑わない。 (笑)
まぁ誰が見ても男の子なのですが。

その夜、祖母が「私の赤ちゃんがいなくなった!」と探し出した。
別の部屋で寝ているの、と伝えても心配がますばかり。

あまり大声をだすものだから、姪が起きてしまった。
ここのところ、めったに大泣きしないという姪も
この時ばかりは、暫く泣き続けていた。

その泣き声に気付き、祖母はひとまず落ち着くが
泣き声が治まるとまた、心配になる。

姪が泣く→祖母が落ち着く→姪が泣きやむ→祖母が興奮→姪が泣く

この状態が朝までエンドレス。
それだけ祖母にとって赤ちゃんは、影響力あるんだなぁ。

姉は「楽しに来たつもりだったんだけどなぁ」とつぶやきながら帰っていった。



 

  
Posted by yz_syk75 at 10:04Comments(2)TrackBack(0)おばあの記録