January 10, 2007

ハシェクの神通力が切れてきました

まだまだ獲ります
妙に移籍市場に熱心なエドモントンが今度はオタワのウェイド・レデン選手、クリス・フィリップス選手に熱視線を送っているらしい。

ひょっとして要らないんですか?
オタワはスペッザ選手が膝の故障で離脱した後、6勝2敗と無難に乗り切っているらしい。ほほーう。

おかえりなさいませ
がん摘出手術のため戦線離脱していたフィル・ケッセル選手が、ボストンから呼び戻されたらしい。

節操ないのも芸風です
今回のメルカートの目玉ともいえるピーター・フォースバーグ選手を狙っているのは、コロラド、カルガリ、ワシントン、シカゴ、そしてやっぱりここにも芸人ズ。

お、おいしー
ちなみに、フィリーが今季フォースバーグ選手を欠いた試合の成績は0勝12敗3OT負とほぼパーフェクト(笑)。これはなんとしてでも移籍させとかないと。

はいはい、トレード成立
自称スタアズがタッカー選手に興味津々らしいが、芸人ズも芸人ズで、ヨキネン選手のSOセンスにまいっちんぐな模様。物好き同士、なかよくしてください。

スワッピング
アナハイムとボストンでゴーリー交換の話がある模様。つっても、控え同士の話です。

トスカラはやっぱり移籍なのか
サンノゼとタンパの間で、トスカラ選手とダン・ボイル選手とのトレード話が持ち上がっているらしい。

ひえー
ここまで決して悪いとはいえないサンノゼだが、ロン・ウィルソンコーチの首が飛ばされる可能性がある模様。

持ってけ泥棒
フロリダはゲイリー・ロバーツ選手を売却する決心がついた模様。

まあそういう可能性もありますわな
先日、引退セレモニーで送られた史上最大のキャプテン、スティーヴ・アイザーマン氏が次期バンクーバ五輪カナダ代表のGM候補に祭り上げられている模様。

必聴
"A Foot In The Crease"と"Sens Underground"の共同企画で収録された、The Babble of Ontarioはかなり面白いのでぜひ聞いてみてください。コムリーの話とか他にもいろいろ。

AFITC episode 2.18、42分40秒辺りから始まります。

yzerman_19 at 09:37│Comments(0)TrackBack(0)日本語・英語 / empty netters | 日本語 / NHL・ホッキー

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字