全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月1-7日の週に0.77となり、全国的な流行の指標となる「1.0」を下回ったことが12日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。1.0を下回ったのは昨年8月3-9日以来、約7か月ぶり。

【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数は前週より0.59ポイント減り、6週連続の減少となった。定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より3万人減の約4万人。検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった7月6-12日以降の累積は2063万人になった。ただ、最近ではA香港型やB型のウイルスも散発的に検出されているという。

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、秋田と京都を除く45都道府県で前週よりも減少した。少ないのは愛媛(0.03)、和歌山(0.08)、高知(0.17)などで、37都道府県が1.0を下回った=表=。一方、最多は佐賀(2.95)で、次いで新潟(2.35)、富山(2.08)などの順だった。

 警報レベルを超えた保健所地域は3週連続でゼロ。前週は4か所あった注意報レベルのみを超えた保健所地域も無くなった。


【関連記事】
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
インフル対策、当面は実施継続―厚労省

“贅沢”な公邸改修 平均予算179万円超(産経新聞)
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便(産経新聞)
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める(読売新聞)
<鳩山政権>09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)