社民党の福島瑞穂党首は27日、横浜市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「この内閣で、(米領)グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアンに移すべきだという主張を、もっと発信力を高めて果敢にやっていく。鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官もきちんと説得したい」と述べ、国外への移設を求める考えを重ねて示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告-人事院(時事通信)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
セクハラ「気持ち悪かった」…裁判で女性警官証言(読売新聞)
水俣病 29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)