米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として政府が検討している勝連半島(同県うるま市)沖の埋め立て案に反対するため、同市の市民団体代表が首相官邸や外務省を訪れ、「海の埋め立ては沖縄の誇りや支えを奪うようなものだ」として、撤回を申し入れた。
 申し入れを行ったのは「与勝海上基地建設に反対するうるま市民協議会」の兼城賢次共同代表。うるま市議会や地元漁協も反対していることを説明し、「(移設案は)漁民・住民の生存権の剥奪(はくだつ)だ」とする決議文を手渡した。
 これに対し、首相官邸では滝野欣弥官房副長官が「市民の声も検討し、進めたい」と回答。外務省では武正公一副大臣が「いろいろな意見を参考にしながら検討していく」と応じた。 

【関連ニュース】
琉歌で首相を激励=国民新・下地氏
普天間「あくまで5月末に結論」=官房長官
米総領事と頻繁に連絡=沖縄知事
普天間機能、徳之島に移転を=関係閣僚に調整指示
政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も

<東京都>五輪招致委の名称変更 7月から「スポーツ委」に(毎日新聞)
北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)
【衝撃事件の核心】校長室、踊り場…校内をラブホ代わりに突っ走った“W不倫”の顛末(産経新聞)
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
後発品使用促進に「著しく水を差す行為」―日薬が大洋薬品に要望書(医療介護CBニュース)